米が未臨界核実験を実施 通算15回目(朝日新聞 2001年12月14日)

 米エネルギー省は米太平洋時間13日午後1時(日本時間14日午前6時)、ネバダ州の実 験場で、地下での未臨界核実験を実施したと発表した。ブッシュ政権下では9月末に続いて2回目、97年7月以来の通算では15回になった。「実験は成功で、核分裂の連鎖反応がない未臨界実験だったことが観測データから確認された」としている。

ローレンス・リバモア国立研究所が計画した「オーボエ」シリーズと呼ばれる8回の実験の
締めくくりだ。地下約300メートルの縦穴の底に実験室を設け、金属製容器の中で超高速で
プルトニウムの塊をぶつけて核爆発を模擬。プルトニウムの飛び散る様子やプルトニウム内
部に伝わる衝撃波などを調べた。

原爆や水爆などに使われているプルトニウムは、年月がたつと放射線を出しながら別の物質に変わっていく。このため、爆弾や核弾頭が保管中に爆発するようなことがないか、さらに実戦に使った場合に計画通りの破壊力を示すかを調べておくことが核戦力維持のために必要というのが、米国や、やはり未臨界核実験を繰り返しているロシアの言い分だ。


ニュース見出し