米、通算17回目の未臨界核実験実施(朝日新聞 2002年6月8日)

 米エネルギー省は、米太平洋時間7日午後2時46分(日本時間8日午前6時46分)、ネ バダ州の地下実験場で今年2月以来の未臨界核実験を実施し、成功したと発表した。ブッシュ政権下で4回目、97年7月の初回以来、通算17回(うち1回は英国と共同)になった。

「オーボエ」シリーズと呼ばれる一連の実験で、今回は、地下約300メートルの縦穴の底の金属製容器内で、プルトニウムの塊同士を火薬の力でぶつけ、プルトニウムが飛び散る様子や、内部に伝わる衝撃波などのデータをとった。

原爆や水爆などに使われるプルトニウムは、放射線を出しながら徐々に別の物質に変わっていく。核戦力の維持には、製造から年月がたった爆弾や核弾頭が保管中に爆発するような恐れがないか、実戦で計画通りの破壊力を示すかを、未臨界実験で調べておく必要があると、米国やロシア、英国は主張している。

包括的核実験禁止条約(CTBT)に署名したクリントン前政権は、核分裂の連鎖反応がない未臨界実験を核爆発を伴う地下核実験の代替と位置づけた。だが、CTBTの死文化方針を公言するブッシュ政権は、地下核実験再開までの準備期間の短縮を検討中とされている。


ニュース見出し