臨界前核実験:米、8カ月ぶり実施 現政権下で8回目(毎日新聞 2004年5月26日)

  【ワシントン和田浩明】米エネルギー省国家核安全保障局は25日、通算21回目の臨界前核実験を同日の米太平洋夏時間正午(日本時間26日午前4時)にネバダ州の地下核実験場で実施したと発表した。前回の昨年9月19日以来約8カ月ぶりで、ブッシュ政権下では8回目。目的は「保有核兵器の安全性と信頼性の維持に使われる科学的、技術的データの入手」だという。

 実験は従来と同様「U1a」と呼ばれる地下約290メートルの水平型施設で行われた。同局は「実験は核爆発を伴わず、施設も環境への影響がないよう設計されている」と説明している。

 米国は92年に地下核実験モラトリアム(一時休止)を宣言したが、臨界前核実験は継続。地下核実験に使われたものと同型の垂直型施設「U6」で臨界前核実験「ユニコーン(一角獣)」を今年中に行う計画も発表している。


ニュース見出し