米、22回目の臨界前核実験 1年9カ月ぶり(中国新聞2006年2月24日夕刊)


 【ワシントン23日共同】米エネルギー省は、核爆発を伴わない通算22回目の臨界前核実験を、米東部時間の23日午後3時(日本時間24日午前5時)に西部ネバダ州の地下核実験場で、英国と共同で実施したと発表した。

 米国による臨界前核実験は2004年5月以来約1年9カ月ぶり。英国との共同実験は02年2月以来2回目。反核団体は「核開発を進めたいイランや北朝鮮に口実を与える」と反発している。

 同省は実験の目的について「保有核兵器の安全性と信頼性を確保するため」と説明。ただデータは新たな核兵器開発に利用可能なことから専門家は懸念を示している。

  同省によると、19世紀に大噴火したインドネシアの火山の名と同じ「クラカタウ」と名付けられた実験は、地下約290メートルの水平坑道内に設けた実験室で行われた。高性能爆薬でプルトニウムに強い衝撃を与え、飛び散り方など反応を調べたとみられる。

核実験に抗議 平和時計リセット(中国新聞2006年2月24日夕刊)

 ▽被爆者らに怒りと反発

 米英両国が二十四日早朝(日本時間)に実施した臨界前核実験に対し、被爆地広島に怒りと反発が広がった。広島市中区の原爆資料館では、前回の核実験からの日数を示す「地球平和監視時計」がリセットされた。

 資料館の畑口実館長が監視時計を操作し、表示は「0」に。畑口館長は「精神的、肉体的に苦しみ続ける被爆者の心情をないがしろにした行為」と憤った。リセットは、米国が臨界前核実験を実施した二〇〇四年五月二十六日以来で、六百三十九日ぶり。〇一年八月の時計設置後九回目で、間隔は最も長かった。

 広島市の秋葉忠利市長は米英両国首脳あてに、「新たな核兵器開発につながる実験実施は断じて許せない。核拡散防止条約(NPT)体制を崩壊させ、新たな核拡散を引き起こすことを強く危惧(きぐ)する」との抗議文を各在日大使館に送った。

 資料館近くの原爆慰霊碑前で二十三日夕に実験中止を求める座り込みに加わった広島県被団協の坪井直理事長(80)は「いても立ってもいられない腹立たしさを感じる。米国政府には『人類全体のことを考えろ』と言いたい」と語気を強めていた。(石川昌義)

米、未臨界核実験「成功」と発表 英と共同実施(朝日新聞2006年2月24日夕刊)

 米エネルギー省国家核安全保障局は、核爆発を伴わない未臨界核実験を米太平洋時間の23日正午(日本時間24日午前5時)にネバダ州の地下実験場で実施した、と発表した。英国との2回目の共同実験で、米国にとっては1年9カ月ぶり、通算22回目となる。

 実験は、英核兵器機関と米ロスアラモス国立研究所が担当。02年2月の前回の共同実験の「後続実験」としている。

 未臨界核実験は、核分裂連鎖反応が起きない量のプルトニウムを高性能火薬で急激に圧縮、衝撃波でプルトニウムが飛び散る様子などを調べる。

 核兵器が保管中に爆発したりしない「安全性」や、実際に使った際に設計通りの破壊力が出るかといった「信頼性」の確認が目的とされる。

 米国は97年7月に最初の未臨界核実験を実施した。ブッシュ政権下では今回が9回目だ。



ニュース見出し