米が未臨界核実験実施 半年ぶり、23回目(朝日新聞2006年8月31日)

 米エネルギー省国家核安全保障局は30日、ネバダ州の地下実験場で未臨界核実験を実施した、と発表した。実験は今年2月以来で半年ぶり。通算では23回目。同局は「実験は成功した」としている。

 「ユニコーン」と名付けられた実験は、米ロスアラモス国立研究所が担当し、深さ約300メートルの縦穴の底で実施された。

 未臨界核実験に対しては、96年の国連総会で採択された包括的核実験禁止条約(CTBT)に違反するなどとして国際的な批判も強い。米国はすべての核実験を禁じた同条約に署名しながら、いまだに批准していない。

 米国は97年7月に最初の未臨界核実験を実施した。ブッシュ政権下では今回が10回目だ。

米が臨界前核実験 23回目、半年ぶり(中国新聞2006年8月31日)

 【ワシントン30日共同】米エネルギー省は三十日、通算二十三回目となる核爆発を伴わない臨界前核実験を同日午後二時(日本時間三十一日午前三時)にネバダ州の地下実験場で行ったと発表した。前回二月の実験から半年ぶり。

 北朝鮮の核実験やイランの核問題が懸念されている時期に実施したことで、核軍縮を求める市民団体などからの反発は必至だ。

 「ユニコーン(一角獣)」と名付けられた今回の実験は従来の横坑とは異なり、初めて立て坑で行われた。同省ネバダ事務所は「特段の理由はない」としているが、偵察衛星で上空から見た場合、準備作業が本物の地下核実験と見分けが付きにくい。

 同省によると、臨界前核実験は化学爆発による衝撃を核兵器の材料であるプルトニウムに当てて科学的データを得るのが目的で、核爆発させることなしに核兵器の信頼性を検証できるとしている。


ニュース見出し