米八回目の臨界前核実験(共同通信ニュース速報 1999年11月10日)

米エネルギー省は、米国として8回目の臨界前核実験を米東部時間9日午後5時19分(日本時間10日午前7時19分)ネバダ州の地下実験場で実施した。        
 米国の臨界前核実験は、米上院がすべての核実験を禁止した包括的核実験禁止条約(CTBT)の批准を10月13日に否決して以来、初めて。                         
 米国は従来、核爆発を伴わない臨界前核実験はCTBTに違反しないとの立場だが、今回の実験の発表文ではCTBTとの整合性には触れていない。                      
 同省は、実験は成功し、核分裂の連鎖反応である核爆発は起きていない、と説明している。                  
 同省によると、オーボエ2と名付けられた実験は、核兵器の信頼性確認が目的。高圧に耐える鉄製容器の中で、高性能火薬を使い少量のプルトニウムを圧縮した。核兵器を起爆する時に飛び散るプルトニウムの破片が、核爆発力にどう影響するかを分析するとみられる。                            
 米国は、7回目の実験を9月30日に実施したばかり。前回の実験から、鉄製容器を用いて実験施設への影響を少なくし、短い準備期間で次の実験ができるようになった。    


ニュース見出し