もんじゅで3トンの装置落下 停止中の原子炉容器内(朝日新聞2010年8月27日)


 高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)で26日、燃料交換に使う「炉内中継装置」(3.3トン)が原子炉容器内で落下したとみられるトラブルが発生した。運営主体の日本原子力研究開発機構が発表した。もんじゅは新たな試験運転の準備のため原子炉を停止しており、今のところ、放射能漏れなどの安全性に絡む異常は確認されていない。

 炉内中継装置は長さ約12メートルの棒状で、直径約55センチ。原子炉容器内の核燃料を交換する際、一時的に燃料を格納するため、容器の上部から容器内に入れて使用する。17日までに燃料交換作業を終えたため、装置をクレーンでつり上げて容器の外に搬出する途中だったという。

 原子力機構によると、警報などでトラブル発生を確認したものの、現時点で原因は不明という。今後、原子炉内の状況や他の設備が破損したかどうかについて調査するが、今後の試験運転などの日程に影響が出る可能性もある。


ニュース見出し