六ケ所村にMOX工場(朝日新聞 2000年11月11日)
 

電気事業連合会は10日、原子力発電所の使用済み核燃料を再処理した後でプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料に成型加工するための工場を、再処理工場と同じ青森県六ケ所村に建設すると発表した。電力各社などでつくる日本原燃(本社・青森市)が事業主体となり、約1200億円をかけて2008−09年の完成を目指す。
 

 商業用のMOX工場は現在、イギリス、フランス、ベルギーだけにあり、日本では初。使用済み核燃料からプルトニウムとウランを分ける再処理工場とともに、核燃料を再利用するサイクルの中心となる。年間の処理能力は最大130トン、通常運転では90トンを予定する。従業員は270−280人で、このうち約200人はウラン燃料加工会社の原子燃料工業(本社・東京)から受け入れる考えだ。


 MOX燃料を燃やす「プルサーマル計画」は、海外で再処理した燃料のデータ改さん事件が昨秋発覚し、開始が凍結されていたが、来春には乗京電力が福島第一、柏崎刈羽(新潟)両原発で始める予定だ。


ニュース見出し