六ケ所再処理工場の試運転に青森県知事が同意(朝日新聞2006年3月29日)

 青森県の三村申吾知事は28日、日本原燃が六ケ所再処理工場で計画する試運転(アクティブ試験)へ同意することを表明した。安全性や地域振興について政府の確約が得られたと判断したためで、県と六ケ所村は29日、原燃と安全協定を結ぶ。これによって原燃は、原子力発電所から出た本物の使用済み核燃料を使う試運転を、31日にも始める見通しだ。

 再処理工場は国が推進する核燃料サイクル政策の中核施設。使用済み核燃料を年間最大800トン処理し、5〜6トンのプルトニウムを抽出できる。当面、このプルトニウムをウランとの混合酸化物(MOX)燃料に加工して再び原発で燃やすプルサーマルに使う計画だ。

 建設費は2兆1900億円。国に事業申請した89年の時点では97年の操業開始を見込んでいたが、水漏れ事故などが相次いで延期を繰り返し、現在は07年夏の正式な操業を目指している。プルサーマルは、電気事業連合会が10年度までに全国の原発16〜18基での実施を目標に掲げている。

 試運転が始まると、放射性物質が工場内の配管に広がり、一部は大気や海の中に放出される。原燃は、極めて低レベルで人体には影響ないと説明するが、日本弁護士連合会や環境保護団体などが試運転に反対している。

 三村知事は記者会見し、「六ケ所再処理工場は地球温暖化の防止など、我が国のエネルギー政策に大きく貢献すると考える」と述べた。

六ケ所村のMOX燃料工場、青森県が容認へ(朝日新聞2005年4月6日夕刊)

 青森県は、日本原燃が同県六ケ所村に建設を計画しているウラン・プルトニウム混合酸化物(MOX)燃料加工工場の立地を容認する。今月中旬にも三村申吾知事が表明し、下旬に原燃と安全性の確保を盛り込んだ立地協定を結ぶ。MOX加工工場は国内で初めての施設となり、MOX燃料を普通の原子力発電所(軽水炉)で燃料として使うプルサーマル計画の柱。この判断を受けて、国などはプルサーマル計画を前進させたい考えだ。

 MOX加工工場をめぐって青森県は01年、原燃から立地協力要請を受けたが、東京電力の原発損傷隠しや原燃の使用済み核燃料再処理工場での貯蔵プール水漏れ問題が起きて検討を中断。昨年12月から県はMOX工場立地受け入れに向けた検討に再着手していた。日本原燃は操業の安全性を高める体制を強化したと、県に報告していた。

 青森県の工場立地に関する検討会は今年2月、知事に「安全性は確保できる」と報告したほか、原子力の産業界は今月13日に安全性を高める業界団体も設立する予定だ。これを受けて県はMOX工場の受け入れを表明することになった。

 原燃の01年段階での計画では、MOX加工工場の建設費は約1200億円。09年4月の操業を予定していた。原燃では県の容認を受けて国に事業許可申請を提出して着工時期などを調整する。

 電気事業連合会は10年度までに全国16〜18基の原発でプルサーマルを実施すると表明しているが、トラブル隠しなどで原発への不信が高まり、柏崎刈羽(新潟県)、福島第一(福島県)での計画が白紙に戻されるなど、各地で反発が強い。

 MOX加工工場はもともと、84年に電気事業連合会が青森県に立地協力要請した一連の核燃料サイクル施設に入っていなかった。核燃料サイクルは使用済み燃料を再処理してプルトニウムを取り出し、高速増殖炉で使う路線だったからだ。

 高速増殖炉開発は原型炉「もんじゅ」(福井県)が事故を起こして止まり、MOX燃料を軽水炉で燃やすプルサーマル計画が核燃料サイクル政策の柱となった。      


ニュース見出し