MOX燃料ねじ混入 新たなねつ造 不正96年から組織的に(朝日新聞 2000年2月19日)


 関西電力高浜原発(福井県高浜町)でのプルサーマル計画で使う予定だったプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料の検査データねつ造問題で、燃料を製造した英核燃料会社(BNFL)の社員が核燃料の中にねじやコンクリートとみられるかけらを意図的に混入させていたことが、関電が18日公表しだBNFLの内部調査報告書によって明らかになった。関電はねじなどの混入について「前代未聞の事態」とし、BNFLにくわしい報告を求める方針だ。
 

 BNFLによる内部調査報告書は、同社のジョン・テイラー社長が18日午後、関電本店(大阪市)を訪れた際、関電側に手渡した。
 

 調査報告書や関電の説明によると、ねじは金属製の小さなもので、複数のコンクリートとみられるかけらと共に、高浜3号機で使う予定で製造中だったMOX燃料集合体の、円筒形の被覆管2本の中に入れられていた。その分、MOX燃料を円筒形に焼き固めたペレツトの数が、通常より少なかった。混入は製造後のX線照射試験でわかり、すぐ使用中止が決まったという。もし、異物が入った燃料が原発で使われていたら、燃料棒損傷による事故を引き起こしかねない。

 
 混入はMOX燃料の製造に直接携わっていたBNFL社員が故意に行っていた。混入に携わっていた社員の数や、混入の理由については不明だという。関電の桑原茂・原子燃料部長は「BNFLは細かい事情は説明しなかった。あらためて説明を求める」とした。
 

 関電は混入について、昨年9月末にBNFL側から口頭で説明を受けていたが、データねつ造問題の調査に追われ、確認していなかった。これまで、高浜原発3号機用のMOX燃料のうち22ロットで(1ロットは3000ペレット)、同4号機の1ロットにねつ造があったとされていたが、新たに3号機用の6ロット、4号機用の2ロットにもねつ造があつだことも明らかになった。


不正、96年から組織的に
 

【ロンドン18日=沢村亙】BNFLが日本向けに製造したMOX燃料の検査データがねつ造されていた問題で、英原子力施設検査局(NII)は18日、ねつ造の実態や原因に関する調査報告を発表した。報告書は4年前から不正が続いていたことを指摘、「現場の従業員がねつ造し、管狸職はチエツクを怠った」として同社の安全管理の不備を厳しく批判している。


 報告書によると、イングランド北部セーワワィールドにある同社のMOX燃料工場では1996年から組織的、意図的に検査データのねつ造が行われていた。


 検査チームは5つあり、そのうち4チームがねつ造に関与していた。検査を直接実施する従業員だけでなく、チームの勤務体制を管理する管理職も不正を見逃していた可能性がある。


 報告書は「BNFLにはねつ造を許す管理体質があった」と指摘。「原子炉内の安全を損なうものではない」としつつも、「(これらの問題を)改善しないかぎり、日本向けのMOX燃料を製造した施設の操業再開は認められない」と結論づけた。
 

今月、英貿易産業省の幹部らが訪日し関電などに謝罪、調査結果と再発防止策を報告。BNFLはねつ泣に関与した疑いのある従業員5人を解雇していた。


ニュース見出し