MOX燃料:輸送船が静岡・御前崎の中電ふ頭に着岸(毎日新聞2009年5月18日夕刊)


 フランスで製造された「プルサーマル発電」用のMOX(ウランとプルトニウムの混合酸化物)燃料を積んだ輸送船が18日午前、静岡県御前崎市の御前崎港中部電力専用ふ頭に着いた。約5キロ離れた同市内の浜岡原発に運び入れる準備が始まり、横断幕を掲げた地元の市民団体のメンバー数十人が「プルサーマルやめろ」と陸揚げに抗議した。市民団体によると、輸送船は午前6時過ぎに港内に入り、同6時半ごろ着岸したという。

 輸送船は英国籍で今年3月5日、日本に向けて仏北部シェルブール港を出港していた。御前崎港が最初の陸揚げ港で、この後、九州電力玄海原発(佐賀県玄海町)、四国電力伊方原発(愛媛県伊方町)向けのMOX燃料をそれぞれの施設に陸揚げする予定。MOX燃料を一般の原子力発電所で燃やすプルサーマル発電は、今秋にも玄海原発で通常運転が始まる見通しにある。【舟津進】

 ◇核燃料サイクル技術未完成、安全性に課題も


 プルトニウムを原子力発電所で燃やす「プルサーマル発電」用の核燃料を積んだ輸送船が到着した。プルサーマル実施について、国や電力業界は「60年代から欧米で行われている方法」として10年度までに16〜18基の原発で導入を目指している。しかし、核燃料サイクル技術がまだ未完成で、安全性確認を含め課題は山積している。

 プルサーマルは、使用済み燃料に含まれ、まだエネルギーが出せるプルトニウムを取り出してMOX(ウラン・プルトニウム混合酸化物)燃料に加工して使う方法だ。プルトニウムは本来、高速増殖炉用の燃料と想定されたが、原型炉「もんじゅ」の開発が難航。国の「兵器転用可能なプルトニウムは使い切る」との政策を受け、代替策として計画された。

 しかし、使用後のMOX燃料の処理は解決していない。国の計画では、高速増殖炉用の「第2再処理工場」が45年ごろに稼働するまで、各原発の敷地内に長期間貯蔵される計画だが、通常の使用済み燃料より高温で、寿命の長い核分裂物質を含む。大地震などの災害リスク分析も必要だ。

 核燃料の扱いは、海外でも技術的・政治的にさまざまな変遷がある。日本の政策に柔軟性を持たせることも大切だ。【山田大輔】

MOX燃料:使用不許可求め要望書 420市民団体が提出(毎日新聞2009年5月19日)


 プルサーマル発電用のMOX(ウランとプルトニウムの混合酸化物)燃料が18日、中部電力浜岡原発(静岡県御前崎市)に搬入されたのを受け、47都道府県の420市民団体が同日、MOX燃料の使用不許可を求める要望書を二階俊博経済産業相に提出した。

 要望書は、今の国の政策では使用済みMOX燃料の処分方法が未定で、核燃料サイクル技術の開発も遅れている現状を指摘。「危険度が高く、搬出先もない使用済み燃料が生み出される」とし、今回輸送された浜岡など3原発分の使用不許可やプルサーマル計画の凍結を求めた。受け取った経産省資源エネルギー庁の担当者は「安全性確保を大前提に計画を進めたい」と答えた。【山田大輔】


ニュース見出し