南北朝鮮同席の非核化会議
ハーグでNGO準備 来月開催(朝日新聞、1999年4月27日)


 朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)、韓国、日本の三国の核問題・平和運動の専門家が一つのテーブルについて「朝鮮半島と日本に非核地帯をつくろう」という国際会議が5月14日、オランダのハーグで開かれる。

第一回ハーグ平和会議の百周年を記念し、同月17日から始まる政府間会議に先立つ非政府組織(NGO)行事「ハーグ平和アピール1999(HAP99)」の目玉として、日本の平和市民団体が企画、26日までに関係者が平壌で北朝鮮からの出席者の最終確認をし、実現が決まった。南北朝鮮の専門家が、東北アジアの非核化構想にテーマを絞つた国際会議に同席するのは初めてという。
 国際反核法律家協会などのよびかけによるHAP99は5月11日から15日まで、ハーグのオランダ会議センターで開かれる。
 企画は、「ピースボート」(東京・新宿)の櫛淵万里さん(31)らが新しい日米防衛協力のための指針(ガイドライン)のような軍事による安全保障の代案として、平和憲法をもつ日本から何か発信できないか」と取り組んできた。
 北朝鮮からは朝鮮反核平和委員会のジョン・ソンイル上席研究員(37)ら二人が、韓国からは米軍基地反対全国協議会の金容漢・代表(43)が参加する。日本からは軍縮国際コーディネーターの梅林宏道さんが、日本の非核三原則や朝鮮半島非核宣言(1992年)、米朝核合意などをもとに東北アジアの非核化を提言する。


ニュース見出し