長崎市長射殺「深くお悔やみを」 国連事務総長が声明(朝日新聞2007年4月19日)

 国連の潘基文(パン・ギムン)事務総長は18日、長崎の伊藤一長市長の殺害について「ショックを受け、遺憾に思う」との声明を発表した。声明では、伊藤市長を「平和な世界の唱道者で、核兵器の廃絶を求める平和市長会議のキャンペーンのリーダーでもあった」とたたえ、「彼の家族と長崎市民、日本国民に深くお悔やみを申し上げたい」と述べた。

長崎市長銃撃 発砲、背後1メートルから 支持者装って接近(朝日新聞2007年4月20日)

 長崎市の伊藤一長(いっちょう)市長(61)が射殺された事件で、逮捕された指定暴力団山口組系「水心会」会長代行、城尾哲弥容疑者(59)は約1メートルの至近距離から市長の背中に向けて1発目を撃っていたことが18日、わかった。さらに、うつぶせに倒れた背中へ2発目を放ち、銃弾はいずれも心臓を貫通していた。市長が選挙カーを降りた直後の犯行で、待ち伏せていたとみられる。こうした状況や本人の「殺すつもりだった」などの供述から、長崎県警は威嚇などの意図はなく、城尾容疑者が当初から明確な殺意を抱いていたとの見方を強めている。

 調べでは、殺害に使われたのは米国スミス&ウエッソン社製の38口径回転式拳銃で、城尾容疑者は犯行当時、銃弾約20発を所持していたことも新たに判明した。

 現場はJR長崎駅近くにある伊藤市長の選挙事務所前。17日午後7時50分ごろ、市長が車道に止めた選挙カーを降り、近くの事務所へ歩いて向かうまでのわずかな間の犯行だった。

 付近の歩道に買い物客らが行き交うなかで、同容疑者は、支持者のようなそぶりで近くにいた陣営関係者らとあいさつを交わした後、選挙カーから姿を現した市長に近づき、背後から発砲。直後に、陣営関係者らに取り押さえられた。

 城尾容疑者は調べに対し、市発注の歩道工事の現場にあったくぼみに自分の車が転落した事故や、知人の会社への公的融資などをめぐって市への不満を募らせていたと供述。県警は、暴力団の組織とは関係なく、市や市長に対する恨みなど個人的な動機による単独犯行とみている。

 一方、城尾容疑者が所属する水心会は事件を受け、18日付で県警に解散届を出した。捜査関係者によると、水心会は県内では結成時期の古い組から分裂して生まれ、山口組内では「直参(じきさん)」と呼ばれる格上の扱いをされている。ただ、現在の構成員は数十人と少なく、資金確保に苦しんでいたという。

 県警による司法解剖と入院先の長崎大付属病院によると、伊藤市長の死亡は18日午前2時28分。背中から撃ち込まれた銃弾2発が心臓に達しており、銃創による大量出血が死因だった。銃弾は背骨の右側から左上方に向かって撃ち込まれ、心臓を損傷。胸の骨で止まっていた。

長崎市長射殺、試し撃ちした形跡 容疑者の服に空薬莢(朝日新聞2007年4月21日)

 長崎市の伊藤一長(いっちょう)市長(61)が射殺された事件で、指定暴力団山口組系の組幹部、城尾哲弥容疑者(59)が犯行直後に逮捕された際、上着のポケットに銃弾の空薬莢(やっきょう)1個を所持していたことが19日、わかった。市長に向けて撃った2発の空薬莢は拳銃の弾倉内に残っていた。長崎県警は、城尾容疑者が事前に試し撃ちをし、その空薬莢をポケットに入れていたのではないかとみて調べている。

 これまでの調べでは、犯行に使われた拳銃は米国スミス・アンド・ウエッソン社製の38口径「M49ボディーガード」。捜査関係者によると、暴発などが少ないため暴力団員らが好んで使うタイプで、最近は抗争事件の減少傾向を受け、1丁10万〜15万円程度の安値で売買されているという。

 この銃は回転式弾倉に最大5発の弾を込めることができる。城尾容疑者が犯行に使った銃の弾倉には空薬莢2発と未使用の3発が残っており、伊藤市長に向けて撃ったのは2発と裏付けられた。

 城尾容疑者は他にも実弾22発を所持していたことがすでに判明していたが、さらに空薬莢が1個あったこともわかった。自宅など関係先の家宅捜索では、他に銃弾などは見つかっていない。

 こうしたことから県警は、犯行を考えた城尾容疑者が事前に1発を試射、その空薬莢を抜いたうえで弾倉に弾を満たし、伊藤市長を撃ったとみている。

 県警は19日、城尾容疑者を殺人、銃刀法違反(銃の所持・使用)、火薬類取締法違反(銃弾所持)の容疑で長崎地検に送検した。警備上の理由から実際に身柄は移さず、勾留(こうりゅう)中の長崎署に検事が出向いて手続きした。

長崎市長射殺 見張り役の男逮捕 組関係者ほう助容疑(朝日新聞2007年5月1日)

 長崎市の伊藤一長・前市長が射殺された事件で、指定暴力団山口組系の組幹部、城尾哲弥容疑者(59)=殺人容疑で送検=に指示されて前市長の後援会事務所を見張るなどしたとして、県警は1日、同組関係者で、同市坂本1丁目の無職山下正樹容疑者(29)を殺人幇助(ほうじょ)容疑で逮捕した。

 県警は、城尾容疑者を現場近くまで車で送り届けたとして、すでに知人の建設会社長小川弘美容疑者(60)を同容疑で逮捕しており、ほかにも協力者がいなかったかどうか、慎重に捜査を進めている。

 調べでは、山下容疑者は事件があった4月17日夜、銃撃現場となった伊藤前市長の選挙事務所とは別の場所にある後援会事務所近くで、前市長の出入りを見張っていた疑い。

 山下容疑者は、伊藤前市長を見張っていたことは認めているが、事件の一端を担うことになるとは思っていなかった、との趣旨の供述をしているという。

 山下容疑者は城尾容疑者の運転手で、普段から行動をともにしていたが、県警の事情聴取には事件への関与を否定。数日前から行方が分からなくなり、県警が29日に同容疑で全国に指名手配した。同容疑者は1日未明に知人に付き添われて、長崎署に出頭してきたという。

 また、城尾容疑者が事件前、テレビ朝日(東京)に市を批判する文書を送った際、封筒のあて名は山下容疑者が書き、文書は小川容疑者が代筆した疑いがあることも分かっている。

 この封筒には事件2日前の4月15日の消印があり、城尾容疑者は銃撃する日を、「文書がそろそろ到着するころだと思って決めた」と供述しているという。

 一方、小川容疑者が経営していた建設会社が城尾容疑者の資金源になっていた疑いが強いことが、これまでの捜査でわかってきた。市の公共事業を受注した利益などの一部が、城尾容疑者に流れた疑いが浮上しているという。

 市などによると、この会社は01年度には市発注の公共工事を約2940万円受注していたが、02年度は約1330万円、03年度は約600万円に落ち込み、04年には事実上の倒産に追い込まれていた。市が談合防止のため入札制度を改正し、一般競争入札を増やしたことが原因とみられ、県警は、城尾容疑者が事件を起こした背景には、こうした経緯への不満もあったとみている。

 ただ、城尾容疑者が所属していた暴力団で、事件翌日に県警に解散届を出した「水心会」の組織的関与を疑わせる具体的な供述は今のところないといい、県警は、背後関係については慎重に捜査を進めている。


ニュース見出し