「核兵器のない世界へ 新たな課題(アジェンダ)の必要」決議案国連へ(しんぶん赤旗 1999年10月27日)

[ニューヨーク25日西尾正哉記者]ニュージーランド、アイルランド、南アフリカ共和国など7カ国からなる三ューアジェンダ連合」が中心となって、現在ニ一ューヨークの国連本部で開かれている第54四回国連総会第一委員会に提出した「核兵器のない世界へ 新たな課題(アジェンダ)の必要」と題する決議案が15五日、明らかになりました。昨年は決議の採択時(12月)で34カ国だった共同提案国は、今年は提出時ですでに52カ国に広がっています。決議案は26日、ニュージーランド代表によって提案されます。
 

 決議案は、「核兵器の存在は人類の生存にとって脅威である」と指摘し、「唯一の完全な防衛は、核兵器の廃絶であり、ふたたび製造されないという確証である」とのべています。そのうえで、核兵器保有国にたいし「迅速で完全な核兵器廃絶を達成するためにきっぱりとした誓約をおこなうよう」に呼びかけ、核兵器保有国の責任を明確にしています。
  

 二ユージーランドのクリーブ・ピアーソン軍縮大使は本紙のインタビューに応じ、決議案について、「決議案の目標は簡潔で、目に見えるものーベ核軍縮にむけて国際社会を刺激し、現実的かつ達成てきるやりかたで前にすすめようというものです」とのべました。
  

 また、大使は「これまでに北大西洋条約機構(NAT息加盟の諸国とも建設的な対話をおこなってきました。これらの国が賛成できるように決議のテキストを改善しましたどれらの国々は、自国の軍縮政策と照らして棄権を表明するのは困難なものになっていると思います」とのべて、昨年棄権したNATO加盟国の多くが決議案の支持に回ることへの期待を表明しました。

 日本については、「日本政府の代表とも決議案のテキストを議論しました。東京において検討するということでした。昨年は棄権しましたが、今年は決議案に賛成することを期待しています」とのべました。
  

 新アジェンダ連合の決議は昨年、114カ国が賛成しました。またNΛTO加盟16カ国(当時)のうち12カ国が棄権しました。国連総会第一委員会には、新アジェンダ連合の決議案のほかに、マレーシアが提案した「国際司法裁判所の勧告的意見の後追い」決議案、インドが提案した「核の危険の削減」決議案などが提案されています。


ニュース見出し