北朝鮮が「初の水爆実験に成功」と発表 特別重大報道で (朝日新聞 2016年1月6日)

ソウル=東岡徹、牧野愛博

北朝鮮は6日午後、「6日午前10時(日本時間10時30分)、朝鮮で初の水素爆弾実験を成功させた」と発表した。」と発表した。朝鮮中央通信が伝えた。北朝鮮による核実験は2013年2月以来、4回目。韓国政府は同日正午に国家安全保障会議(NSC)を招集した。北朝鮮の核実験により、朝鮮半島での緊張が高まるのは必至の情勢だ。日本政府もNSCを開き、情報収集と分析を始めた。

 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)政権は経済改革と核開発を同時に進める「並進路線」を主張。日米韓は、北朝鮮が弾道ミサイルに搭載できる核爆弾の小型化を目指し、実験を更に続けるだろうとみていた。ただ、北朝鮮が水爆を開発する技術力は保有していないとしている。北朝鮮は最近、国際的な孤立を深めており、「水爆」による核実験という最も強硬な対応に踏み切った。

 朝鮮中央通信は、金正恩第1書記は昨年12月15日に水爆実験を実施する命令を出し、今月3日に最終命令書に署名したと伝えた。

 韓国気象庁によれば、北朝鮮北部、咸鏡北道吉州(ハムギョンブクトキルジュ)郡の北方約50キロの地点(北緯41・30度、東経129・09度)で6日午前10時半ごろ、マグニチュード(M)4・8の人工地震を感知した。吉州郡豊渓里(プンゲリ)には北朝鮮の核実験場がある。

 北朝鮮は過去、2006年10月、09年5月、13年2月の計3度にわたって核実験を実施。最近も同実験場で4本目の新たな実験用トンネルの掘削が確認されていた。韓国国防省関係者は「北朝鮮はいつでも核実験を実施できる準備を整えている」と指摘した。

 同庁の観測では、06年の実験の際はM3・9、09年はM4・5、13年はM4・9程度。北朝鮮は爆発力の強い水爆を使ったと発表したが、爆発は過去と同規模だった。

 韓国メディアによれば、欧州地中海地震学センターや、米国地質調査所、中国地震センターなども地震発生を確認した。震源は北朝鮮北部の両江道(リャンガンド)白岩(ペクアム)郡の可能性もあるという。

 北朝鮮は09年の実験の際、「小型化、軽量化した原子爆弾を使った」と説明したが、日米韓は北朝鮮が弾道ミサイルに搭載できる核爆弾の開発には成功していないとみていた。

 北朝鮮には水爆を開発する技術力はないとみられるが、今回、核融合技術を一部使って爆発力を飛躍的に高めた「ブースト型核分裂爆弾」(強化原爆)を使った可能性は残されている。

 北朝鮮は現在、ウラン型とプルトニウム型の核爆弾十数個を保有しているとみられる。ヘッカー米スタンフォード大教授によれば、20年までに計50個の核爆弾を保有する可能性もあるという。

 韓国政府によれば、北朝鮮は今回、中国に対して実験を事前に通報しなかった。過去3回の核実験では、実験直前に中国に通報してきた。中国の習近平(シーチンピン)政権は北朝鮮の核開発を厳しく批判。冷え込んだ中朝関係が背景にあるとみられる。

 今後、国連安全保障理事会が新たな制裁決議の採択を目指すとみられるが、中国の対応次第では、国際社会がより強硬な制裁に踏み切る可能性が高い。(ソウル=東岡徹、牧野愛博)

北朝鮮 深さ0キロM4地震波 核実験強行か 毎日新聞(2016年1月6日)


 【北京・西岡省二、ソウル大貫智子】韓国の聯合ニュースは韓国気象庁が6日午前10時半(日本時間同)ごろ、北朝鮮北東部の咸鏡北道(ハムギョンプクド)吉州(キルジュ)郡付近でマグニチュード(M)4.2前後の地震波を観測したと速報した。韓国気象庁は「人工地震であることは確実だ」としているという。吉州郡には豊渓里(プンゲリ)核実験場があり、北朝鮮が4回目の核実験を実施した可能性がある。中国の地震観測当局は震源の深さは0キロで、人工的な爆発と推定していると伝えた。韓国政府は北朝鮮が核実験に踏み切った可能性を念頭に確認を急いでいる。

 北朝鮮の核実験は2013年2月12日以来。金正恩(キム・ジョンウン)第1書記による新指導体制に移行して以降、2回目。北朝鮮は、米国を攻撃の射程に収める長距離弾道ミサイルに核兵器を搭載するため、兵器の小型化を目指しているとされる。

 過去の核実験の爆発規模は▽1回目がトリニトロトルエン(TNT)火薬換算で1キロトン未満▽2回目が数キロトン▽3回目が6〜7キロトン−−と推定されている。北朝鮮の核兵器は実験のたびに能力の向上がみられる。

 金正恩第1書記は1日の「新年の辞」で核開発に触れず、5月の党大会を前に周辺国との関係改善に乗り出す姿勢を示していた。


「水爆にしては小規模」 北朝鮮発表、韓国は懐疑的
(朝日新聞 2016年1月7日)

ソウル=牧野愛博

北朝鮮は6日、政府声明で「小型化された水爆の威力を科学的に証明した」と強調した。だが、日米韓は従来、北朝鮮に水爆を保有する技術はないと分析してきた。韓国軍や情報当局も、水爆実験としては規模が小さすぎ、実験が失敗したか、水爆を使っていない可能性が高いとみている。

 韓国気象庁によれば、6日の地震の規模はマグニチュード(M)4・8。前回実験のM4・9と同規模だ。米国の研究者は前回実験の規模をTNT(高性能火薬)換算で、広島に投下された原爆の推定約15キロトンに及ばない7・3キロトンとしていた。韓国の専門家は「水爆は原爆の100倍、千倍の威力がある。そもそも、水爆を地下で実験するのは危険で考えにくい」と語る。

 北朝鮮は水爆開発で、三重水素(トリチウム)を燃料にした核融合反応をめざしているとみられる。韓国軍化生放防護司令部によれば、北朝鮮は寧辺(ヨンビョン)原子炉で発生する中性子線を使って三重水素を生産している可能性がある。同司令部は寧辺の核施設群に、生産施設とみられる建物の存在も確認している。北朝鮮は10年5月、核融合反応に成功したと発表している。

 同司令部は、北朝鮮は現時点で十分な三重水素を確保できておらず、水爆開発には至っていないとみる。ただ、核融合反応を一部取り入れて、効率的な核分裂を起こすことで原爆の数倍の爆発力を持つ「ブースト型核分裂爆弾(強化原爆)」を開発した可能性はあるとしている。強化原爆は、通常原爆よりも爆薬やほかの材料を大幅に減らすことで、大きさを原爆の4分の1程度にできる。米国は1956年にはこの技術を保有していたとされる。

 核兵器開発の脅威は、弾道ミサイルへの搭載と一体で語られる。日米韓は北朝鮮が依然、長距離弾道ミサイルに搭載できるほどの核爆弾の小型化には成功していないとみている。

 北朝鮮が開発に成功したとみられる長崎型原爆の場合、重量は5トン近い。今後、これを1トン以下にすれば長距離弾道ミサイル「テポドン2改良型」に、0・8トン以下なら日本の大半を射程に収める中距離弾道ミサイル「ノドン」に搭載可能になる。潜水艦発射型弾道ミサイル(SLBM)の開発も続けている。

 北朝鮮は08年、計38キロの兵器用プルトニウムを生産し、2キロを06年の核実験で使い、2キロを廃棄したと6者協議に報告した。寧辺の原子炉では年間、核爆弾1個程度にあたる約6キロのプルトニウムが生産可能とみられている。

 ヘッカー米スタンフォード大教授は14年末の段階で、北朝鮮が24~42キロの兵器用プルトニウムを保有していると計算している。また、寧辺のウラン濃縮施設には4千基の遠心分離機があり、年間で核爆弾約3個分の高濃縮ウラン約80キロを生産可能という。こうしたことから、2020年までに北朝鮮が核爆弾50個を保有することも現実的に可能だとしている。(ソウル=牧野愛博)




北朝鮮「初の水爆実験」 安保理、制裁強化へ 「爆発力弱い」懐疑論も(毎日新聞2016年1月7日)


 【ニューヨーク草野和彦、ソウル大貫智子】北朝鮮が「水爆実験の成功」を発表したことを受け、国連安全保障理事会は6日午前11時(日本時間7日午前1時)から緊急会合を開き、対応を協議した。今月から11回目の非常任理事国になった日本が常任理事国の米国と共に、議長国ウルグアイに開催を要請した。会合では核実験を非難する声明をまとめ、今後、北朝鮮への制裁強化に向けた協議が本格化する。

 安保理はこれまで4度、対北朝鮮制裁決議を採択してきた。最近では2013年3月、3度目の核実験に関する決議を全会一致で採択。北朝鮮の新たな核実験やミサイル発射には、安保理として「更なる重大な措置を取る決意」を表明した。

 6日の会合では北朝鮮の4度目の核実験について、これまでの安保理決議に違反するとして非難し、「重大な措置」に取り組む姿勢を確認するとみられる。

 新たな制裁は、核・ミサイル開発に関連する「カネ・モノ・ヒト」の流れを規制する方向で議論される見通し。安保理はこれまで、北朝鮮が挑発行為をすれば対抗措置を取ると繰り返し警告してきた。中国が制裁強化の方向に反対するのは難しいとみられる。

 日本は13年の制裁決議を強化する新決議案の採択を求める方針。米国と連携し、決議の文言調整などに直接関わる構えだ。岸田文雄外相は6日夜、外務省で記者団に「強い内容の決議を目指すことが北朝鮮に対する強いメッセージになる」と強調した。

 北朝鮮は6日、「最初の水爆実験が成功裏に実施された」との政府声明を発表した。ただ、爆発力が弱かったとして「水爆」との主張に懐疑的な見方も出ている。

 中国外務省の華春瑩副報道局長は「国際社会の反対を顧みず核実験をしたことに断固反対する」との声明を発表。韓国の朴槿恵(パククネ)大統領も「北朝鮮が必ず相応の代価を払うようにしなければならない」と述べた。

 北朝鮮の核実験は13年2月12日以来。金正恩(キムジョンウン)第1書記による新指導体制に移行して以降、2回目。朝鮮中央通信によると、金第1書記が昨年12月15日に水爆実験の実施を命令し、今月3日に「最終命令書」にサインした。

 ただ、韓国の情報機関「国家情報院」(国情院)は、今回の爆発規模はトリニトロトルエン(TNT)火薬換算で6・0キロトンと推定され、3回目の核実験の7・9キロトンより小さいと国会議員に報告。韓国の軍事専門家は「本物の水爆なら原爆の100倍から1000倍の爆発力があり、北朝鮮内で実験はできないはずだ」と言う。聯合ニュースは、過去3回の核実験では北朝鮮は米国と中国に事前通報していたが、今回は事前通報がなかったとの国情院関係者の話を伝えた。

 日本の気象庁によると、今回観測された地震波は過去3回の核実験時の地震と震源が近く、地震の波形も似ている。防衛省は6日、放射性物質の大気中への飛散状況を調べるため、航空自衛隊のT4練習機計3機で大気中のちりを集めた。

「核融合」で強力に 起爆装置に原爆使用


 原子爆弾がウランやプルトニウムの核が分裂するときに生じるエネルギーを利用するのに対し、水素爆弾は水素の同位体(重水素や三重水素)などの核をくっつける「核融合反応」を起こさせ、原爆よりもはるかに大きなエネルギーを発生させる。

 1954年に米国が太平洋のビキニ環礁で実験した水爆の破壊力は、広島型原爆の約1000倍だった。太陽でも同じような核融合が起きている。人工的に核融合を持続させるには、1億度近い高温と高い圧力が必要なため、起爆装置として原爆が使われる。【千葉紀和】

ニュース見出し