北朝鮮、5度目の核実験 爆発、過去最大級か(朝日新聞2016年9月10)


 北朝鮮は9日午前9時(日本時間午前9時30分)、咸鏡北道吉州郡豊渓里(ハムギョンプクトキルジュグンプンゲリ)の実験場で5回目となる核実験を実施した。朝鮮中央テレビは同日午後1時(同午後1時30分)、「核弾頭の威力を判定する核爆発実験を行った」と発表した。「計算通りの結果が出た」とし、実験の成功を主張した。北朝鮮の核実験は今年1月6日以来。9日は北朝鮮の68回目の建国記念日にあたる。

 3月に新たな国連制裁を決議したばかりの国際社会が強く反発するのは必至。朝鮮半島情勢は極度に緊張し、重大な局面を迎えた。

 韓国気象庁は9日午前9時30分、豊渓里でマグニチュード(M)5・0の人工地震を観測した。「水爆実験に成功した」とする前回実験では、M4・8を観測していた。韓国国防省は今回の爆発規模は、過去の核実験では最大規模の、TNT火薬換算10キロトン程度とみている。韓国気象庁は爆発地点は前回から西に9キロほど離れ、爆発エネルギーは前回の2倍程度としている。

 朝鮮中央通信は3月15日、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が「早い時期に核弾頭の爆発実験と核弾頭搭載が可能な各種弾道ミサイル発射実験を行う」と明らかにし、関係機関に準備を指示したと伝えていた。5月に開いた党大会では、核開発と経済再生を同時に進める「並進路線」を改めて確認。北朝鮮は今年、20発以上の弾道ミサイルを発射している。

 同通信によれば、北朝鮮外務省報道官は8日、「米国の敵視政策に対処し、核攻撃能力を倍加する措置を多段階で講じていく」と改めて強調していた。

 北朝鮮はプルトニウム型と濃縮ウラン型の両方で核実験が可能とされる。日米韓は北朝鮮がすでに十数個の核爆弾を保有していると分析。ヘッカー米スタンフォード大教授によれば、2020年までに計50個の核爆弾を保有する可能性もある。

 日米韓は、北朝鮮が水爆を保有するとはみていないが、通常原爆より大きさを4分の1程度にできるブースト型核分裂爆弾(強化原爆)の開発に成功した可能性も否定できないとしている。北朝鮮の寧辺(ヨンビョン)核施設群には、水爆や強化原爆に必要な核融合反応に使う三重水素の製造用とみられる施設も確認されている。

 北朝鮮は06年10月以降、核爆弾の小型化を目指して計4度の核実験を行ってきた。実験データを検証する必要性から、従来はほぼ3年周期で実験を実施。今回、核実験をしたとすれば、データ収集といった開発面の理由よりも、金正恩政権を強く非難する国際社会に政治的な反発をぶつける狙いとみられる。

 北朝鮮メディアは3月9日、小型化に成功した「核弾頭」を公開。ミサイルに搭載が可能だと主張していた。米東海岸を含む射程1万2千キロに達する長距離弾道ミサイルのテポドン2改良型は1トン以下、日本の大半を射程に収める中距離のノドンは700キロ以下で搭載が可能になる。実用には、大気圏への再突入技術も必要になる。

 韓国政府は、北朝鮮が公開した「核弾頭」は本物ではないものの、小型化の技術は相当な水準に達しているとみている。

 国連安全保障理事会は3月2日、北朝鮮による1月の4度目の核実験と、「人工衛星の打ち上げ」と称した2月7日の長距離弾道ミサイル発射実験を受けて、新たな制裁決議を採択した。北朝鮮による鉱物資源輸出の原則禁止や全貨物の検査義務などを定めていた。(ソウル=牧野愛博)


北朝鮮、核搭載型ミサイル実戦配備も視野 現実味は?(朝日新聞2016年9月10日)



 北朝鮮による核ミサイル攻撃が、現実の脅威となりつつある。5度目の核実験で、軍事能力はどこまで高まったのか。金正恩(キムジョンウン)委員長の思惑はどこにあるのか。南シナ海などの問題で米国や周辺国に余裕のないなか、挑発はエスカレートしている。

 北朝鮮は、今回の実験が「核弾頭の威力判定のための核爆発実験」だったと主張。小型化、軽量化して弾道ミサイルに装着できる核弾頭の生産が可能になったとした。根拠となるデータや写真は公開していない。3月9日には、小型化に成功した「核弾頭」を公開し、ミサイル搭載が可能だと主張していた。

 航空機による核爆撃に比べ、核弾頭ミサイルは迎撃が難しい。北朝鮮が核搭載型ミサイルを開発する目的は、米本土や在日米軍基地を核の脅威下に置くことだ。韓国は、米国の核の傘で北朝鮮が核兵器を使えないよう牽制(けんせい)するとともに、有事の際に海外からの米兵力の増援を前提にして作戦を立てている。米韓同盟が十分機能しなくなれば、韓国への北朝鮮の軍事的脅威は飛躍的に高まる。

 米東海岸も射程に収める長距離弾道ミサイル・テポドン2改良型は重さ1トン以下、日本の大半を射程に収める中距離・ノドンは700キロ以下で搭載が可能と言われる。

 韓国国防省は9日の国会報告で、前回の核実験が、広島や長崎で使われた原爆に比べて大きさを4分の1程度にできるブースト型核分裂爆弾(強化原爆)だったと推定していると明らかにした。北朝鮮が既に小型化と軽量化を相当進展させていた可能性を示唆した。

 核搭載型ミサイルの実戦配備には、どれほどの現実味があるのか。

 韓国政府によれば、北朝鮮は1千発以上の弾道ミサイルを保有。うち85%が韓国に脅威となる短距離のスカッドなどだが、約200発を保有するノドンは日本と在日米軍を、6月に試射に成功し、約40発を保有する中距離のムスダン(射程3千キロ以上)は米領グアムをそれぞれ攻撃するために開発されたとみられる。

 8月24日には、射程約2千キロで発射の兆候が確認しにくい潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の試射にも成功している。搭載する潜水艦の能力は不完全とみられるものの、年内にも実戦配備されるという見方もある。

 弾道ミサイルによる攻撃には、大気圏への再突入時に高熱や衝撃、振動などから核弾頭を保護する技術も必要だ。朝鮮労働党機関紙の労働新聞(電子版)は3月15日付で、金正恩(キムジョンウン)委員長が弾道ミサイルの大気圏突入実験を指導したと実験の写真付きで報道。「実験は成功した」と主張した。

 韓国は写真などから、北朝鮮の大気圏突入実験の温度が1600度程度だったと分析。弾道ミサイルの再突入時には7千度前後の高温や強い振動が伴うため、まだ北朝鮮が再突入技術を持っていないとしている。

 また、軍事関係筋は「米ソが冷戦期に開発した大陸間弾道ミサイル(ICBM)の命中精度は誤差10〜30メートルで、地下サイロからいつでも発射が可能。核爆弾の爆発可能性は100%だ。北朝鮮がその水準に達するには10年単位の長い期間が必要だ」と語る。

 しかし、北朝鮮にはそれほど高性能なICBMは必要ない。韓国軍元将校は「米国が核による報復攻撃をためらい、核の傘が無力化されれば、北はそれで目標を達成する」と語る。

 短距離・スカッドは、ICBMに比べて飛行高度が低い上、北朝鮮が1980年代にエジプトから実物を入手しており、信頼性は高い。パキスタンも1998年、5回の核実験で核兵器を実戦配備。インドを射程に収めるミサイルへの搭載技術も持つとされる。軍事関係筋は「スーパーコンピューターが発達した現在、パキスタン程度の技術はあるはずだ」と語る。

 北朝鮮は5日、ノドン3発をほぼ同時に発射し、すべて日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下させた。再突入後、100%核弾頭が爆発する確証はないが、核物質を載せた弾頭を着弾させる技術はありそうだ。核弾頭を爆発させられなくても、放射性物質を含んだ「ダーティーボム(汚い爆弾)」として実戦での脅威になる。

北朝鮮による核ミサイル攻撃が、現実の脅威となりつつある。5度目の核実験で、軍事能力はどこまで高まったのか。金正恩(キムジョンウン)委員長の思惑はどこにあるのか。南シナ海などの問題で米国や周辺国に余裕のないなか、挑発はエスカレートしている。

 北朝鮮は、今回の実験が「核弾頭の威力判定のための核爆発実験」だったと主張。小型化、軽量化して弾道ミサイルに装着できる核弾頭の生産が可能になったとした。根拠となるデータや写真は公開していない。3月9日には、小型化に成功した「核弾頭」を公開し、ミサイル搭載が可能だと主張していた。

 航空機による核爆撃に比べ、核弾頭ミサイルは迎撃が難しい。北朝鮮が核搭載型ミサイルを開発する目的は、米本土や在日米軍基地を核の脅威下に置くことだ。韓国は、米国の核の傘で北朝鮮が核兵器を使えないよう牽制(けんせい)するとともに、有事の際に海外からの米兵力の増援を前提にして作戦を立てている。米韓同盟が十分機能しなくなれば、韓国への北朝鮮の軍事的脅威は飛躍的に高まる。

 米東海岸も射程に収める長距離弾道ミサイル・テポドン2改良型は重さ1トン以下、日本の大半を射程に収める中距離・ノドンは700キロ以下で搭載が可能と言われる。

 韓国国防省は9日の国会報告で、前回の核実験が、広島や長崎で使われた原爆に比べて大きさを4分の1程度にできるブースト型核分裂爆弾(強化原爆)だったと推定していると明らかにした。北朝鮮が既に小型化と軽量化を相当進展させていた可能性を示唆した。

 核搭載型ミサイルの実戦配備には、どれほどの現実味があるのか。

 韓国政府によれば、北朝鮮は1千発以上の弾道ミサイルを保有。うち85%が韓国に脅威となる短距離のスカッドなどだが、約200発を保有するノドンは日本と在日米軍を、6月に試射に成功し、約40発を保有する中距離のムスダン(射程3千キロ以上)は米領グアムをそれぞれ攻撃するために開発されたとみられる。

 8月24日には、射程約2千キロで発射の兆候が確認しにくい潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の試射にも成功している。搭載する潜水艦の能力は不完全とみられるものの、年内にも実戦配備されるという見方もある。

 弾道ミサイルによる攻撃には、大気圏への再突入時に高熱や衝撃、振動などから核弾頭を保護する技術も必要だ。朝鮮労働党機関紙の労働新聞(電子版)は3月15日付で、金正恩(キムジョンウン)委員長が弾道ミサイルの大気圏突入実験を指導したと実験の写真付きで報道。「実験は成功した」と主張した。

 韓国は写真などから、北朝鮮の大気圏突入実験の温度が1600度程度だったと分析。弾道ミサイルの再突入時には7千度前後の高温や強い振動が伴うため、まだ北朝鮮が再突入技術を持っていないとしている。

 また、軍事関係筋は「米ソが冷戦期に開発した大陸間弾道ミサイル(ICBM)の命中精度は誤差10〜30メートルで、地下サイロからいつでも発射が可能。核爆弾の爆発可能性は100%だ。北朝鮮がその水準に達するには10年単位の長い期間が必要だ」と語る。

 しかし、北朝鮮にはそれほど高性能なICBMは必要ない。韓国軍元将校は「米国が核による報復攻撃をためらい、核の傘が無力化されれば、北はそれで目標を達成する」と語る。

 短距離・スカッドは、ICBMに比べて飛行高度が低い上、北朝鮮が1980年代にエジプトから実物を入手しており、信頼性は高い。パキスタンも1998年、5回の核実験で核兵器を実戦配備。インドを射程に収めるミサイルへの搭載技術も持つとされる。軍事関係筋は「スーパーコンピューターが発達した現在、パキスタン程度の技術はあるはずだ」と語る。

 北朝鮮は5日、ノドン3発をほぼ同時に発射し、すべて日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下させた。再突入後、100%核弾頭が爆発する確証はないが、核物質を載せた弾頭を着弾させる技術はありそうだ。核弾頭を爆発させられなくても、放射性物質を含んだ「ダーティーボム(汚い爆弾)」として実戦での脅威になる。

権力維持の思惑も

 北朝鮮が核実験を行ったのは、68回目の建国記念日にあたる9月9日午前9時(日本時間同9時半)。韓国国防省は9日の国会報告で「対内的に金正恩のリーダーシップを宣伝。対外的には核保有国の地位の既成事実化を狙っている」と説明した。

 北朝鮮は2006年10月の初の核実験以降、ほぼ3年周期で実験を続けてきた。今回は、前回から8カ月で実験に踏み切った。

 複数の外交・軍事関係筋には、核実験を重ねた場合、実験を準備する期間を短くできるとの見方もある。重大な欠陥が見つからない限り、マイナーチェンジで済む上、共通した手順を踏む動きが速くなる。

 一方で、建国記念日に核実験を行ったことには政治的な思惑もありそうだ。正恩氏は前回の核実験から2カ月後の3月の時点で、「早期の核弾頭爆発実験の実施」を指示していた。

 背景には、経験不足もあって世界情勢を理解しようとせず、権力の維持に常に不安を抱える正恩氏の思惑があると指摘される。

 かつて北朝鮮との交渉にあたったヒル元米国務次官補は「金正日(キムジョンイル)は核兵器を放棄しなかったが、外交交渉で自らを安全にすることに関心があった。金正恩にはその関心がない」と語る。

 朴槿恵(パククネ)大統領は9日、外遊からソウルに戻り、「金正恩の精神状態は統制不能だ」と述べた。

 11年末に権力を継承した正恩氏は、「先軍政治」を唱えた金正日総書記の路線を継承し、軍を頼ってきた。同時に軍の強大化も警戒し、軍幹部を何度も更迭したほか、14年春には玄永哲(ヒョンヨンチョル)人民武力部長(国防相)を処刑したとされる。

 今年は1月に核実験、2月に長距離弾道ミサイル発射、5月に36年ぶりの朝鮮労働党大会を実施。国民に労働強化を求める運動「70日戦闘」「200日戦闘」を相次ぎ展開している。北朝鮮関係筋は正恩氏の心情について「常に動いて体制を引き締めないと気が済まない」と説明する。

 アジア地域の安全保障情勢では今、南シナ海問題で対立が深まり、尖閣諸島をめぐる緊張も続く。中国は朝鮮半島に手が回らず、米国も11月に大統領選を控える。軍事関係筋は「核実験をしても、米中が北朝鮮に軍事介入する余裕はないと計算したはずだ」と語る。

 また、韓国軍元将校は「挑発は常にエスカレートしないと効果がない」とも語る。日米韓の間では、北朝鮮によるさらに過激な軍事挑発や、北朝鮮内部で正恩氏を排除する突発事態の発生を憂慮する声も上がり始めている。(ソウル=牧野愛博)

ニュース見出し