ウラン濃縮問題は平行線か 米朝協議が終了(朝日新聞2011年7月30日)

 ニューヨークで開かれていた北朝鮮の核問題を巡る米朝協議が29日、終わった。両国代表は終了後、それぞれ「建設的」と評価したが具体的内容は明らかにしなかった。北朝鮮側は協議継続に意欲を示したが、米側は、日韓や6者協議の議長国・中国と対応を協議するとの姿勢にとどめた。

 最大の焦点だった北朝鮮によるウラン濃縮活動について、中止を求める米国と、平和利用の権利を主張する北朝鮮との間で、意見の一致は得られなかった模様だ。米朝が再び対話する可能性は小さくないが、6者協議の早期再開に結びつくかどうかは不透明だ。

 北朝鮮の金桂寛(キム・ゲグァン)第1外務次官と、米のボズワース北朝鮮政策特別代表らはこの日、約3時間半協議した。


ニュース見出し