北朝鮮・核問題:米朝、ウラン濃縮で溝 協議終了、次回日程決まらず(毎日新聞2012年2月25日)

 【北京・米村耕一】北朝鮮の核問題をめぐる米朝協議は24日、北京で2日目の会談が開かれた。終了後、米国のデービース北朝鮮担当特別代表は記者団に「若干の進展はあったが(核問題の6カ国協議再開につながる)突破口を見いだしたというにはほど遠い」と述べ、北朝鮮のウラン濃縮問題で合意できなかったことを示唆した。具体的な協議内容は明らかにせず、次回の協議日程は決めなかったとした。

 一方、デービース特別代表は今回の協議で、日本人拉致問題についても提起したことも明らかにした。

 デービース特別代表は24日午前から、北朝鮮の金桂冠(キムゲグァン)第1外務次官と会談。終了後は中国の武大偉朝鮮半島問題特別代表と昼食をともにしながら意見交換した。

 金正恩(キムジョンウン)氏による新体制となった北朝鮮について、デービース特別代表は「交渉スタイルも議論の中身も大きな変化は見られなかった」と語った。

 デービース特別代表は今後、韓国、日本を訪れ、両国の6カ国協議首席代表に今回の協議結果を説明する。その後、ワシントンに戻り、クリントン米国務長官らに会談結果を報告する。

米朝協議:デービース米特別代表 韓国に協議内容を報告(毎日新聞 2012年2月26日)

 【ソウル澤田克己】米国のデービース北朝鮮担当特別代表は25日、ソウルの韓国外交通商省で林聖男(イム・ソンナム)平和交渉本部長と会談し、北朝鮮の核問題を巡って北京で23、24両日行われた米朝高官協議の内容を報告した。

 林本部長は核問題に関する6カ国協議の韓国首席代表。林本部長は会談後の共同記者会見で、今回の米朝協議について「対話を通じた平和的な核問題の解決に向けて意味あるものだった」と評価した。

 一方、デービース特別代表は「米朝関係の根本的な進展のためには、南北関係の根本的な進展がなければならないと北朝鮮側に強調した」と語った。韓国側からの対話の呼びかけに北朝鮮が冷淡な態度を取っているため、韓国内に「南北関係が置き去りにされかねない」との懸念が出ていることを意識した発言とみられる。

北朝鮮・核問題:米朝「真剣」さ強調 協議、きょうも続行(毎日新聞 2012年2月24日)

 北朝鮮の核問題をめぐる米朝協議は23日午後も継続され、米国側がウラン濃縮活動の即時停止を求めたのに対し、北朝鮮側は見返りに食糧支援などを要求した模様だ。米国はデービース北朝鮮担当特別代表、北朝鮮は金桂冠(キムゲグァン)第1外務次官が出席。協議後、両氏とも記者団に真剣な話し合いだったことを強調した。協議は24日も継続される。【北京・米村耕一、ワシントン白戸圭一】

 米朝は金正日(キムジョンイル)総書記死去(昨年12月)の直前、米国が栄養補助食品24万トンを支援する代わりに、北朝鮮がウラン濃縮活動の一時停止と国際原子力機関(IAEA)の査察を受け入れる方向で合意しつつあった。23日の協議でも双方は同様の主張を繰り返したとみられる。

 北朝鮮にとって今回の協議は、いったん途切れた対話路線の継続を、米国を含む周辺国に明確に示す意義がある。北京の外交関係者によると、北朝鮮の出方は日米韓だけでなく、中国の外交当局も事前に予測できておらず、協議の行方に大きな関心を持っているからだという。

 4月15日に北朝鮮は故金日成(キムイルソン)国家主席の誕生100周年の行事を控え、現時点では国際関係の安定を望んでいる。この前後には「強盛国家の門が開く」との国民への宣伝を実感させるため、コメなどの特別配給を実施するとみられる。必要な食糧の調達には各国からの支援が不可欠。こうした事情も米国との対話路線の継続を後押ししているようだ。

 一方、米国は今協議を「(北朝鮮の出方を)探るための対話」(22日・トナー国務省副報道官)と位置づけ、北朝鮮側の発言を日韓などと慎重に検討した上で、食糧支援と6カ国協議再開の可否を判断する方針だ。新体制発足から約2カ月で北朝鮮が協議に応じたことを米側は「前向きな兆候」(デービース氏)と評価しており、北朝鮮が金総書記の方針を踏襲してウラン濃縮停止を約束し、6カ国協議再開の環境が整うことを期待している。

 だが、北朝鮮が現在の政治体制のまま核開発を放棄するとの見方は、米国にはほとんどない。国防総省のバージェス国防情報局長は16日の上院軍事委員会の公聴会で「北朝鮮は米国との関係改善のために核計画を部分的に破棄するかもしれないが、核兵器の放棄は見込めない」と証言した。政権高官が議会で悲観的見通しを明言するほど「北朝鮮の核兵器との共存」は既成事実化している。


北朝鮮、6者再開への事前措置に前向き (朝日新聞2012年2月24日)


 
24日まで北京で行われた北朝鮮の核問題を巡る米朝協議で、米国などが6者協議再開に向けて求めているウラン濃縮停止を柱とする「事前措置」に北朝鮮がこれまでより前向きな回答をし、米国が食糧支援の増量で応じる考えを示していたことが分かった。関係筋が明らかにした。

 米韓日は6者協議再開に向けた事前措置として、北朝鮮に(1)ウラン濃縮活動の即時停止(2)国際原子力機関(IAEA)監視要員の復帰(3)北朝鮮の核放棄を盛り込んだ2005年9月の6者協議共同声明の順守――など五つを求めてきた。

 北朝鮮は昨年、金正日(キム・ジョンイル)総書記の時代に米国が最重視するウラン濃縮の中断を示唆。その上で臨む予定だった昨年12月の協議は、金総書記死去で棚上げになっていた。関係筋によると北朝鮮は今回、12月時点よりもさらに踏み込んだ対応を提案したという。ウラン濃縮中断や監視要員の受け入れを巡る条件面などでの進展か、別の措置にも応じる姿勢を見せた可能性がある。

米朝協議:ウラン濃縮、合意できず 米代表示唆(毎日新聞2012年2月25日)

 【北京・米村耕一】北朝鮮の核問題をめぐる米朝協議は24日、北京で2日目の会談が開かれた。終了後、米国のデービース北朝鮮担当特別代表は記者団に「若干の進展はあったが(核問題の6カ国協議再開につながる)突破口を見いだしたというにはほど遠い」と述べ、北朝鮮のウラン濃縮問題で合意できなかったことを示唆した。具体的な協議内容は明らかにせず、次回の協議日程は決めなかったとした。

 一方、デービース特別代表は今回の協議で、日本人拉致問題についても提起したことも明らかにした。

 デービース特別代表は24日午前から、北朝鮮の金桂冠(キム・ゲグァン)第1外務次官と会談。終了後は中国の武大偉朝鮮半島問題特別代表と昼食をともにしながら意見交換した。

 金正恩(キム・ジョンウン)氏による新体制となった北朝鮮について、デービース特別代表は「交渉スタイルも議論の中身も大きな変化は見られなかった」と語った。

 デービース特別代表は今後、韓国、日本を訪れ、両国の6カ国協議首席代表に今回の協議結果を説明する。その後、ワシントンに戻り、クリントン米国務長官らに会談結果を報告する。


ニュース見出し