北朝鮮NPT脱退宣言 南北閣僚級、21日会談韓国北の開催案受け入れ 説得役中国も苦境 各国から非難声明(朝日新聞2003年1月11日)


 北朝鮮の核不拡散条約(NPT)脱退宣言は、朝鮮半島の安定を探る関係国に一層の緊張と困惑をもたらした。強硬策の手を緩めない北朝鮮をどう説き伏せるか。新旧の政権交代を間近に控えた韓国は脱退宣言に反発を示す一方、南北を軸に対話を通じて解決策を探る姿勢を確認。中国は説得に手詰まり感を強めながらも外交努力を続ける姿勢を示した。                             
 
 【北京=栗原健太郎】北朝鮮のNPT脱退について、中国の江沢民国家主席は10日、ブッシュ米大統領との電話協議で「賛成しない」と明言。表向きは北朝鮮に気を使ってきた中国が、不快感をあらわに見せ始めた。各国から期待される説得役には手詰まり感が漂ううえ、核不拡散体制を重視する中国にとつて、脱退宣言は十分過ぎるほど刺激的だつたとみられる。とはいえ、地域の安定を保つうえでは「兄貴分」としての役割も放棄できない苦しい立場だ。

 核開発問題の表面化以来、中国は日米韓など関係国から北朝鮮への影響力発揮を要請されてきた。これ応対し中国側は「北朝鮮とは密接に接触し協議し続けている」(章啓月・外務省副報道局長)としている。

 しかし中国筋は10日、「北朝鮮は中国の説得にも耳を貸さなくなつている。経済支援をしているとはいえ、すべて面倒を見ているわけではない。影響力は限られる」と説得の難しさを語つた。

「トップが全部決める国家なので、その下のレベルと協議しても役に立たない」とも指摘する。

 こうした状況を反映してか、中国政府は従来の「対話による平和解決」という主張を一歩進め、米朝2国間による努力の必要性をより強調し始めた。唐家セン外相は9日のドビルパン仏外相との会談で「北朝鮮の核問題を解決する最良の方法は米朝が直接対話し、双方が94年の枠組み合意を守り続けることだ」と指摘。米朝が膠着状態から抜け出すことが「事態の悪化を防ぐ鍵だ」と述べた。

 ただ中国にとっても、朝鮮半島の不安定化で北朝鮮から難民が流出する事態となれば、自国の経済発展や治安にも大きな障害になる。「辛抱強く対応するしかない」(中国社会科学院世界経済政治研究所の王逸舟・副所長)という姿勢は今後も崩せない。

展開の早さに驚き 国連外交筋

 【ニューヨーク=五十嵐浩司】国連安全保障理事会は北朝鮮の核問題について、国際原子力機関(IAEA)か理事国の米国が持ち込むまでは静観の構えだ。しかし、93〜94年の核危機の記憶はなお鮮明で、「再び同じ道」への懸念は強い。

 国連外交筋は今回の事態に関し、脱退は予想されたものであるとはいえ、「その動きが予想外に早い」ことに驚きを示した。米国と安保理がともにイラク問題に力の大方を割いている詩期に「新たな危機」を作り、危機の威力を高める狙いと同外交筋は見る。

 北朝鮮に詳しいジヨージ・ワシントン大学のY・C・キム名誉教授も、今回の動きは安保理付託の動きをにらんだものという見方で、「北朝鮮はIAEAの要求をのむつもりはない。数週間後に付託されるよりは、イラクで身動きがとれない今が良いタイミングとみた」という見解だ。しかし、別の国連外交筋は、この動きの早さに「前回のような交渉しようという意思が感じられない」といい、より「危険な兆候」をかぎ取つている。

各国から非難声明

【パリ=国末憲人】フランスのドビルパン外相は、訪問先の上海で記者団に対し、北朝鮮を非難するとともに「日本と協議をしたい」とも述べた。
 上海からの報道では、外相は「国際社会が即刻行動しなければならない。2国間、地域、多国間の各レベルで関与を強める必要がある」と語った。

【ベルリン=古山順一】ドイツのフィッシャー外相は、脱退宣言の即時撤回を求める声明を発表。外相は「外交的な解決に向けたあらゆる措潰をとることが肝心だ」とし、ドイツが今年から非常任理事国を務める「国連安保理で協議しなければならないだろう」と述べた。

【ブリユツセル=脇阪 紀行】欧州連合(EU)のソラナ外交代表は、「NPTは国際社会の安定の要であり、重大な関心を払わざるをえない」と強く批判、「北朝鮮は対決ではなく、対話の道を選ぶべきだ」とする声明を発表した。

 【マニラ=秦忠弘】フィリピンのオプレ外相は、脱退宣言を取り消すよう求める、との声明文を発表した。フィリピンはIAEAの理事会メンバー国。


ニュース見出し