北朝鮮:使用済み核燃料棒を搬出か 偵察衛星が撮影と米紙(毎日新聞2003年1月31日)

 米紙ニューヨーク・タイムズは31日、米偵察衛星が北朝鮮・寧辺の核施設の貯蔵庫から使用済み核燃料棒を運び出しているとみられるトラックの動きを探知、北朝鮮が核兵器製造準備を始めたのではないかとの懸念が米政府内に出ていると報じた。米当局者が同紙に明らかにした。

 北朝鮮は昨年末、国際原子力機関(IAEA)による使用済み核燃料棒貯蔵庫の封印を撤去。核燃料棒は約8000本あり、原爆4、5個分のプルトニウムを抽出できる。

 同紙によると、衛星の写真ではトラックの積み荷を正確に判別できないが、情報専門家らは、核燃料棒を別の場所に隠すか、あるいは核兵器に転用可能なプルトニウムを製造する再処理施設に搬入するための移動と判定。寧辺での他の動きも総合して、北朝鮮は3月末までにプルトニウムの製造を開始できそうだと非公式に結論したという。しかし、米政府を交渉に引き込むための手の込んだ脅しとの見方も残っている。(ニューヨーク共同)

北朝鮮、施設再稼働なら核兵器6〜8発分入手 米が強調(朝日新聞2003年2月9日)

 ラムズフェルド米国防長官は8日、ミュンヘンで開かれた国際安全保障会議で「北朝鮮が核燃料再処理施設を再稼働させれば、5月か6月ごろまでに新たに核兵器6〜8発分の核物質を手に入れる可能性がある」と述べ、同国を脅威とみる米政府の立場を強調した。

 長官は国際テロとの戦いをテーマにした講演後の質疑の中で語った。長官は「いま新たな問題がある。北朝鮮だ。核開発に問題があり、テロ国家の一つだ。再処理施設を再び動かす意図があるとみられる」と述べた。

 長官はさらに、北朝鮮が核不拡散条約(NPT)の枠組みから離脱する動きに出ていることに憂慮を表明。他国から北朝鮮へ核物質が流入したり、同国から核やミサイルの技術が流出したりしないよう監視する必要性を強調した。

 長官は、北朝鮮が90年代に核兵器1、2個分のプルトニウムを抽出したとする米中央情報局(CIA)の調査報告をもとに、すでに核兵器を保有しているとの認識を昨年から示している。今回の発言は、北朝鮮が核施設の再稼働により、さらに核保有を拡大する恐れがあると指摘したものだ。


ニュース見出し