北朝鮮核問題を安保理に付託 IAEA緊急理事会で採択(朝日新聞2003年2月13日)

 国際原子力機関(IAEA)は12日、北朝鮮の核問題を協議する緊急理事会をウィーンのIAEA本部で開いた。理事会は、北朝鮮の行動が核不拡散条約(NPT)体制に対する「深刻な懸念だ」として、国連安全保障理事会に報告する決議を賛成多数で採択した。決議は、「平和的解決を強く望む」とも表明し、外交努力による解決も訴えたが、付託に反発してきた北朝鮮は対抗措置に出る可能性が強い。

 理事会(35カ国)の投票結果は、賛成31、棄権2、不参加2。ロシアは「全会一致で採択することには賛同できない」とし、キューバとともに棄権した。直前まで態度を保留していた中国は賛成に回ったが、日本などが求めた全会一致での採択は実現しなかった。韓国は理事国ではないため、投票権がない。

 決議は、IAEA理事会が1月の決議で核施設再凍結と核兵器開発放棄を求めたにもかかわらず、北朝鮮は「即時、完全な協力を示さなかった」として「深刻な懸念」を表明。査察官による監視ができないままの事態を問題視し、前回の決議以降、「さらなる保障措置(核査察)協定違反状態にある」と宣言。エルバラダイIAEA事務局長が安保理に問題を報告するよう求めている。

 一方で決議は「問題の平和的解決を強く望み、外交的な手段による解決を支持することを強調する」とも表明した。北朝鮮との対話重視を求めているロシア、中国などへの配慮を示したものだ。

 エルバラダイ氏は12日の理事会の冒頭で、「北朝鮮の今日の状況は、核不拡散体制にとって危険な前例となっていることは明白だ」と述べた。

 安保理に協議の場が移っても、北朝鮮は核をめぐる問題は「米朝の2国間問題」として、多国間協議には応じない姿勢だ。米国との直接対話を求めているが、米国が応じない場合、ミサイル発射実験や兵器級プルトニウムの抽出が可能な再処理施設の再稼働など、さらに危機を演出してくる可能性が大きい。

 北朝鮮は昨年10月、ケリー米国務次官補が訪朝した際、核開発計画の存在を認め、核危機が再燃。米国が94年の「米朝枠組み合意」に基づく重油の提供を昨年12月から停止すると、寧辺(ヨンビョン)の核施設の凍結解除、IAEA査察官の追放、NPT脱退宣言と対応をエスカレートさせてきた。

 <国連安保理への付託> IAEAの憲章は、加盟国に保障措置(核査察)協定違反の事実があった場合、理事会は、違反の事実を国連安保理に報告すると定めている。報告後の対応は安保理に委ねられるが、IAEAは実務面で引き続き北朝鮮との交渉を続ける。

 北朝鮮の核問題の付託は今回が3回目。最初は前回の核危機で北朝鮮がNPT脱退を宣言した後の93年4月。その後、北朝鮮はいったん査察団を受け入れたが、再び査察を拒否、94年3月に2度目の付託が行われた。経済制裁も検討されたが、実際には制裁決議に至らぬまま、米朝交渉の結果、94年10月の米朝枠組み合意が結ばれた。

IAEA決議(要旨)
 

【ウィーン支局】 国際原子力機関(IAEA)緊急理事会が12日に採択した決議の要旨は次の通り。
 一、北朝鮮がIAEAに協力をせず、問題解決のために必要な手段をとっていないことに深刻な懸念を表明
 一、IAEAが核物質の核兵器などへの不転用を検証できないことにも深刻な懸念を表明
 一、北朝鮮はIAEAとの保障措置(核査察)協定に対してさらなる違反状態にあることを宣言する
 一、北朝鮮に対し、即時に、IAEAが必要と見なすすべての手段をとり、保障措置協定の不履行を改めることを呼びかける
 一、北朝鮮の保障措置協定の不履行と、IAEAが核物質の不転用を検証できていないことを、国連安全保障理事会などに報告することを決め、同時に北朝鮮の核問題の平和的解決への要望と、そのための外交的な手段による解決を支持するこ
 とを強調する
 一、保障措置協定の履行のための努力を続け、事態の重要な進展に関して報告を続けることを、IAEA事務局長に求める

北朝鮮の核兵器保有、盧氏特使が可能性を示唆

 韓国の盧武鉉(ノ・ムヒョン)次期大統領に近い与党、新千年民主党の鄭大哲(チョン・デチョル)最高委員は11日、韓国軍や情報当局の中では北朝鮮が「1、2個、あるいは3個程度の核兵器保有」の可能性があるとみている、と語った。KBSラジオで鄭氏が語った内容を韓国の聯合ニュースが伝えた。

 鄭氏は盧・次期大統領の特使として日米両国を訪問し、9日に帰国したばかり。鄭氏の発言について与党内では、確固たる証拠に基づくものではなく、米国国内の北朝鮮に対する厳しい空気を伝える狙いがあったのではないかとの見方が出ている。

 韓国政府高官らはこれまでの日米韓の協議などで、北朝鮮の核問題について「米国を交渉に引き出すための戦術だ」と表明しているが、李俊(イ・ジュン)国防相は昨年末の国会国防委員会で「核兵器を実際に開発する可能性がないわけではない」などと答弁している。

北朝鮮の核兵器 「生産は未確認」 韓国首相


  【ソウル=箱田哲也】 韓国の金碩洙首相は12日の国会で、北朝鮮の核兵器保有疑惑について「(情報機関の)国家情報院によると、北が過去の核活動を通じて核兵器1、2個をつくることができる量のプルトニウムを抽出したが、核兵器を生産したかどうかは確認されていない」と語った。


ニュース見出し