北朝鮮、核保有を表明 「再処理」完了とも主張(朝日新聞2003年4月25日夕刊)

 米政府高官は24日、北京で23日から開かれていた米朝中の3者協議で、北朝鮮側が核兵器の保有を表明した際、使用済み核燃料の再処理も完了したと米側に伝えたことを明らかにした。米主要メディアが一斉に報じた。日本政府も米代表団からの連絡で核保有発言を確認した。米政府は以前から北朝鮮の核保有は指摘してきたが、再処理作業の着手については裏付ける事実を確認しておらず、発言の内容や事実関係などを慎重に分析している。

 北朝鮮政府代表が核兵器保有や再処理の実施を対外的に表明したのは初めて。米国務省のバウチャー報道官は24日の記者会見で、「北朝鮮の核保有について米政府はかねて指摘しており、発言があったとしても驚かない」と表明。一方で「協議の場での相手側の発言については具体的に確認しない」と述べ、正式の確認は避けた。

 使用済み燃料の再処理について国務省当局者は朝日新聞記者に対し「熱検知による分析などから見る限り、再処理は実施されていない」と述べ、北朝鮮の発言は「虚勢」の可能性もあるとの見方を示した。しかし、こうした発言が米国の対北朝鮮強硬派を刺激するのは確実で、米朝間の一層の緊迫は避けられない見通しだ。

 米CNNなどによると、3者協議の初日の23日、北朝鮮代表の李根(リ・グン)・外務省米州副局長が、米代表のケリー国務次官補(東アジア・太平洋担当)に対し、「我が国は核兵器を複数保有している。廃棄することはできない」と表明。そのうえで「(核の保有を)物理的に立証するか、それら(核兵器や核技術)を国外に持ち出すかは米国次第だ」と述べ、あいまいな表現で核実験の実施や外国への輸出を示唆したという。

 ワシントン・ポスト紙(電子版)によると、核保有について李根氏は3者協議の公式会合の中ではなく、協議の合間に釣魚台国賓館の廊下でケリー米国務次官補に語ったという。寧辺(ヨンビョン)にある約8千本の使用済み核燃料棒の再処理については、協議の中で「ほぼ完了した」と述べ、兵器用プルトニウムを抽出したことを示唆した。

 北朝鮮の核保有について米政府はこれまでも「90年代半ばまでに北朝鮮が核兵器1、2個分のプルトニウム抽出に成功、核兵器を製造した」との見方を示してきた。北朝鮮側の発言は、この「1、2個」を指す可能性が高い。

北朝鮮核保有発言:真偽の検証難しく 極限の「瀬戸際外交」か(毎日新聞 2003年4月25日夕刊)

 【ワシントン中島哲夫】北京での米朝中3カ国協議で北朝鮮の李根(リグン)米州局副局長がケリー米国務次官補に「核兵器保有」や「使用済み核燃料棒の再処理ほぼ完了」などを明らかにしたとされる問題は、不透明な部分が極めて大きく、真偽を即断できない。しかし、こうした発言をしたとすれば、内容が事実かどうかは別にして「瀬戸際外交」の極限に近い作戦と言える。

 北朝鮮の核問題の最大の難点は、国際原子力機関(IAEA)の査察官が北朝鮮におらず、米国の偵察衛星による情報にも限界がある中で、北朝鮮が何を言っても真偽の検証が極めて困難だという点だ。

 しかも米メディアによれば、李副局長はケリー次官補を代表団席から引き離したうえで「核を持っている」「物理的に立証するか移転するかは米国次第だ」などと伝えた。その言い方は「素早く、断定的で、明らかに(発言原稿が)用意されていた」(米当局者)という。

 米政府高官によると、この発言は議事録には残されていない。二人が席から離れたためだ。「席から引き離して話す」という戦術は、94年の米朝枠組み合意に至る交渉過程で姜錫柱(カンソクチュ)第1外務次官が当時のガルーチ米代表に用いたことがある。北朝鮮は「紙に書いて示す」という手法を取ることもある。いずれも「そんなことは言っていない」と主張できる。

 また逆に、相手方が内容を誇張したり、変更することも可能だ。米政府の特に強硬派は、北朝鮮の濃縮ウラン計画問題の発端になった昨年10月の米朝対話についても、少々強引な解釈をした疑いがあり、今回の経緯についても韓国などで疑念が浮上する可能性がある。

 ともあれ北朝鮮が「瀬戸際外交」特有の強烈な攻勢に出たとすれば、その狙いは相手の混乱を誘い、利益を引き出すことにある。

 米政府内でタカ派が激しく反発するのは確実だが、米国が3カ国協議の枠組みを壊すのは難しい。中国が北朝鮮を説得して実現した経緯があるからだ。この枠組みが維持される限り、北朝鮮への軍事攻撃はない。

 タカ派が声を高め、仮に武力対応論が強まっても、「戦争絶対不可」を譲れない日韓などとの亀裂が深まるだけだ。ここに北朝鮮が付け入るスキができる。

 ただ、3カ国協議そのものが白紙化され、米国が直接対話拒否を貫くとすれば、現在の緊張局面は危機局面に変わりかねない。至上命題である金正日(キムジョンイル)総書記体制の固守のために、あえて危機局面に突入するという奇策を選んだとすれば、周辺国にとっては危険極まりない。

北朝鮮核保有発言:「脅しのゲームだ」米大統領(毎日新聞 2003年4月25日夕刊)

 【ワシントン中島哲夫】ブッシュ米大統領は24日、米朝中3カ国協議の北朝鮮代表が「核兵器保有」や「使用済み核燃料再処理」を米国代表に告げたとされる状況を受けて、「彼らは古くさい脅しのゲームに戻っている」「我々は脅されはしないということを、北朝鮮と世界に向けて言う機会になるだろう」と述べた。米NBCテレビとのインタビューで語った。

 ブッシュ大統領は、北朝鮮の核問題に周辺国とともに共同対処する方針を再確認し、特に「中国の見解を聞きたい」と述べた。また、ミサイル防衛の能力があれば米国も「日本や他の友好国」も核の脅威を受けにくいと指摘し、北朝鮮の脅威をミサイル防衛推進の理由にする姿勢を示した。

北朝鮮が解決策提示 体制保証など条件に核放棄を提案か(朝日新聞2003年4月26日)

 北朝鮮外務省は25日、核問題など米朝間の懸念の解消へ向けて「新しく寛大な解決方法」を北京での3者協議の中で提案したと発表した。内容は明らかにしなかった。米メディアによると、北朝鮮は核保有などの強硬発言をした一方で、金正日(キム・ジョンイル)体制存続の保証とエネルギー支援などを条件に核開発の放棄に応じる用意を示すなど幅広い提案をしたとされる。

 北朝鮮の外務省報道官は25日、3者協議の中で同国が「朝米双方の憂慮を同時に解消できる新しく寛大な解決方法を打ち出した」と述べた。朝鮮中央通信記者の質問に答える形の談話で、朝鮮通信(東京)が伝えた。

 報道官は核保有などの表明や新提案の内容には言及していないが、25日付の米ワシントン・ポスト紙は、米政府当局者の話として、北朝鮮が「危機終結のための広範な提案」を示したと報じた。

 同紙によると、北朝鮮側は、核放棄の見返りに米朝関係正常化への道筋や軽水炉提供などを盛った94年の「米朝枠組み合意」を再構築することを提案したという。体制存続の保証やエネルギーの安定的支援を求め、米国が行動を果たした段階で核放棄に応じる内容との見方が出ている。

 パウエル米国務長官は24日、3者協議の中で「いくつかの提案」があったことを認めていた。長官は、3国代表が自国に戻って対応を検討するとしたが、北朝鮮の報道官は米国の対応を批判。「米国は何ら新しい方法も示さず、従来の『核放棄優先』の主張だけを繰り返した」と述べる一方、「今後、米国の態度を見守る」とも表明した。

 一方、フライシャー米大統領報道官は25日、北朝鮮の核発言について「北朝鮮とかかわる際、脅しは常に彼らの言語の一部だ」と言明。使用済み核燃料の再処理などは、事実関係を伴わない可能性が高いとの見方を示唆した。

 報道官は3者協議について「有益だった」と評価。中国が協議の中で朝鮮半島の核武装に反対したことを指摘し、「北朝鮮の発言は中国の立場に反対するものだった。特筆されるべきことだ」と述べ、中国の役割に謝意を示した。

中国取りもちに腐心(朝日新聞2003年4月26日)

「核兵様を持つている」ーIきわめて挑発的 とみられる北朝鮮の爆弾発言にもかかわらず、 米朝中3者協議は、対話の継続を目指すことには合意して幕を閉じた。北朝鮮の発言は協議後 の非公式の場で生まれた「米朝直接」の機会に飛び出したものだった。これが米メディア によつて表に出たのは、米国の強硬派による意図的リークではないかとの見方もある。

  23日。初日の協議が終 わり、会議場の釣魚台国賓館から北京市内の別の場所に移り、中国の正毅外務次官が主催して開かれた歓迎の宴会でのことだった。米政府当局者によると、北朝鮮の李根・外務省米州副局長がケリー米国務次官補を立ち話に誘うと、こう言った。「米国はわかっているのか。我々は核兵器を持っている。その点ははっきりさせておきたい」

李氏が公式協議の場でなく、歓迎宴で「爆弾発言」を持ち出したのは、ようやくケリー氏と二人きりになれたからだ。 この日の公式協議は、3者の顔合わせの後、中国と北朝鮮、それが済むと中国と米国、といった「2者協議」が続いていた。北朝鮮が望んできた米国との直接対話は成立しないままだった。

こうした進行ぶりは、対話形式をめぐって溝の埋まらなかった米側を、ともかくテーブルにつかせようとした中国の差配 によるものだ。

「重大な問題での意見の隔たりは不思議ではない。カギは実質の内容で、形式にこだわる必要はない」。新華社通信によると、中国の李肇星外相は25日午前、ケリー、李両氏と個別に向かい合い、こう語った。「北朝鮮の核問題は非常に複雑で敏感だが、成否はこれに取り組む人次第だ」

 北朝鮮の「核保有」発言には「本当だったら抑えつけるしかない」(中国の対朝間係筋)と不快感は隠さない。だが、仲介役を任じる中国は「対話が続くことだけでも成功」(同)と、両国の出方に気を使う。発言が大きく報じられる中、外交 ルートを通じ今後も接触を保つとの合意にはこぎつけた。

「この『北京会談』は よいスタートになつた」と李外相は協議終了時のあいさつで自賛。ケリー 氏ら米朝中の代表が握手をし、対話の継続ヘのポ ーズだけは示した。

(アメリカ総局・坂尻信義、中国総局・栗原健太郎)

米強硬派 意向反映へリーク(朝日新聞2003年4月26日)

「明らかに意図的にリーlクしている。北朝鮮と何らかの協定を結ぶなど不可能だという印象を与えようとしている」

 ブッシュ政権内の対話派の高宮は24日、米メデ イアに流れた核保有」「再処理」「実験と輸出」などの情報について、政権内の強硬派ヘの疑心暗鬼をむき出しにした。

今回の協議は、昨年10月のケリー国務次官補の訪朝以来、途絶えてきた対話路線を半年ぶりに探るための入り口だった。

  関係者によると、協議が実現したのは、バウエル国務長官の外交成果だった。2月に訪中した際、江沢民国家主席(当時)に北朝鮮への働きかけを頼んだ。江主席は、銭其シン副首相(同)を3月初旬に北朝鮮に極秘に送り、「最後の機会」として出席を促した。

だが、その成果を前に立ちはだかったのが、ラムズフエルド米国防長官ら強硬派だ。イラク戦争に勝利するなか、北朝鮮にも厳しい姿勢をとるべきだとの意向をあからさまに示し始めた。会談には当初、ケリー氏にかわって、強硬派のボルトン国務次官を出すとの意向すら取りざたされた。

パウエル長官が拒み、 結局ケリー氏が北京に入ったものの、対話派にす れば、会談前の雑音は北朝鮮を刺激しかねない。協議の直後に内容が漏れれば、日本や韓国との同盟関係にも亀裂が生じかねない。

ケリー氏が韓国入りした25日、米メディアの大々的な報道が先行していた。韓国政府によると、同氏とともに伊永覚・外交通商相に面会したハバード駐韓米大使は、米国の報道について遺憾の意を伝えたという。

対話派が「意図的」なリークだと見るのは、「実際に起きたことの主文脈からばずれてい る」(同高官)と映っているからだ。

レッドゾーン(越えてはいけない一線)とされる「再処理」言及していながら、決裂したとの情報はない。対話派にすれば、核保有は織り込み済みで、再処理は交渉に向けた「虚勢」の可能性が高い。協議には前向きの要素もあったはずだ。

リークによる過熱気味の報造が続けば、「次の方策を決める前に協議の内容を注意深く検討する」 (バウチャー国務省報道官)という対話派の冷静な判断とは別に、強硬派の意向ばかりが強まる可能性もある。 (ワシントン=石合力)

北朝鮮核問題:対話の再開一点緊迫 内外の強硬論警戒(毎日新聞 2003年4月26日)

 核問題解決への重要な一歩と期待された北京での米朝中3カ国協議(23〜25日)で、北朝鮮は核兵器保有を自ら認めたと伝えられ、朝鮮半島の緊張は逆に高まった。北朝鮮側の「核保有発言」が飛び出した状況には不明な点が多いが、米国や日本、韓国はこの危機をどのように乗り切ろうとしているのか。北朝鮮は「核保有」の公言によって、何を狙っているのか。関係国の思惑を探った。

 北朝鮮の李根(リグン)米州局副局長が「核兵器保有」や「使用済み核燃料の再処理(プルトニウム抽出)」を認めたとされる発言内容を、米政府は公式には発表していない。「北朝鮮は北京で非常に多くのことを話した。慎重な分析が必要」(バウチャー国務省報道官)というのが表向きの理由だ。

 しかし、正確な内容が知らされていない「李根発言」について、ブッシュ大統領は「脅しのゲームだ」と批判し、米メディアは北朝鮮脅威論を報じている。米政府は自らの主張に沿った情報しか開示しない傾向もあり、今後も全容を明らかにするとは限らない。

 「李根発言」をめぐる米国の反応は分かりにくい形で始まった。24日午前、パウエル国務長官が講演後の質疑で、唐突に「(北京の北朝鮮代表団は)好戦的な言明、脅迫、行動によって米国とパートナー(日韓など)がおじけづくと思うべきでない」と警告したのが最初だった。何を指しているのか、察しがついたのは2時間近く後で、CNNテレビが「李根氏がケリー米国務次官補に核兵器保有と核実験の意思を伝えた」と報道した時からだった。

 この報道や断片的な米政府当局者の発言の確認を求めて、バウチャー報道官の定例会見に内外記者団が詰めかけた。だが報道官は「我々は長年、北朝鮮が核兵器を持っていると述べてきた。北朝鮮が認めたとしても驚くには当たらない」などと述べただけで、確認を避けた。

 また、ある高官は匿名を条件に、CNNの報道について「北朝鮮が言ったことと一部が違う。不確実な内容から結論に飛び付くべきでない」と述べた。発言の筆記録がない理由については「他の伝達方法をとったから」と語り、非公式な場での発言だったことを示唆した。

 こうした不透明な状況を最も説得力ある形で説明したのはワシントン・ポスト紙(電子版)だった。李副局長は23日、ケリー次官補を協議会場の代表団席から「引き離した」うえで「核兵器を持っている」「我々が物理的に立証するか、移転するかは米国次第だ」と告げたという。

 CNNはこの後、「核実験」の部分を「(核保有の)証明」に変更した。AP通信は「立証」や「移転」という言葉について、「核兵器の実験、輸出、使用などの可能性」を示唆した発言だと報じた。CNNやAPはポスト紙の報道に歩み寄ったように見える。

 ポスト紙自身も、ケリー次官補を代表団席から「引き離した」後の李氏の発言場所を、当局者が集まっていた「廊下」だったと修正した。「協議後の社交的な場」だったというAP通信などの報道と、おおむね符合する。議事録に残さず、あとで「そんなことは言っていない」と主張できる余地を残そうという北朝鮮の意図がうかがえる。

 いずれにせよ、発言の真相は未確認のままだ。

 【ソウル堀信一郎】北朝鮮がいずれ「核保有宣言」をすると予想していた韓国政府も、まさか半年ぶりの米国との協議の場を利用するとは思ってもいなかった。韓国外交通商省幹部は「ケリー国務次官補に直接、聞くしかない。それ以上のことは言えない」とため息混じりに話し、政府公式反応も「正確な事実関係を確認中」と混乱ぶりをうかがわせている。

 なぜ、北朝鮮は半年ぶりの対話の場で核保有を宣言したのか。

 「北朝鮮が核を持っていると言っても、第三者が確認できない。そこに大きな意味がある」。東国大の高有煥(コユファン)教授はこう語った。

 02年12月発表の米中央情報局(CIA)の分析リポートは、「プルトニウムを利用してすでに核兵器を1〜2発保有している可能性がある」と指摘している。韓国の多くの専門家も核兵器を持っているとみている。

 だが、裏付けをとるのは不可能だ。北朝鮮の核保有宣言は確認できないことを利用して、協議を長引かせ、「金正日(キムジョンイル)体制の保障」「経済援助」という2大目標を達成しようという狙いだろう。

 高教授は「米国相手に交渉を有利に進めたいという方針に変わりはないはずだ。核カードは衝撃が大きいだけに有効だ」と述べながら、「ただ、米国は全然、驚いていない。これは北朝鮮の読み違いだろう」と語った。

 一方、韓国政府は、仲介役を務める中国のメンツが傷ついたことを懸念している。韓国の専門家は、協議に中国が加わっているため、北朝鮮は強硬姿勢をとらないとみていた。また、核問題に関しての南北対話は困難な時期だけに、中国の役割への期待も大きかった。

 しかし、北朝鮮は公式な交渉テーブルから離れた所で、米国だけに核保有を宣言する奇策に出た。中国が蚊帳の外に置かれたことで、北朝鮮をめぐる多国間協議の枠組みは一層不透明になったと言える。

 北朝鮮の核兵器保有発言について、日本政府は26日に帰国の途上来日するケリー米国務次官補からの報告を踏まえ、今後の対応を決める。政府の当面の基本方針は、北朝鮮の挑発に乗らずに核問題のエスカレートを回避することであり、北朝鮮の今回発言を受け米国や日本国内で強硬論が台頭することを強く警戒、平和的解決への努力を粘り強く米朝双方に説く構えだ。しかし、北朝鮮の核保有宣言は、小泉政権が成果を強調してきた日朝平壌宣言の空文化を意味するだけに、日本の対北朝鮮外交は、手詰まり感と焦燥感を強めている。

 「核兵器保有や使用済み核燃料再処理は、いずれも『やっているぞ』と言いながら確認をさせず譲歩を引き出すいつもの『瀬戸際』戦術だ」

 外務省幹部は25日、こんな見方を示した。確認情報がない現状では「脅しの可能性もある」(同幹部)と見ている。

 日本政府は、北朝鮮に検証可能な形で核を廃棄させる新たな枠組みを多国間協議で構築する――ということを基本戦略にしている。核保有発言があっても、こうした考え方に「変化はない」(外務省幹部)という。

 外務省の懸念はむしろブッシュ政権の北朝鮮への対応が変わることだ。小泉純一郎首相は25日、記者団に「協議を継続していくことが大事だ」と強調。外務省幹部は「米朝が相手の意図を読み誤り、軍事的危機まで上り詰める危険性は排除できない」と話し、米政権内で強硬派が主導権を握ることのないよう、できるだけのことをしたいとの考えを示した。

 一方、核問題で緊張感が高まったことで、拉致問題解決や日朝国交正常化交渉再開についてまったく見通しが立たなくなったことも事実。日本が交渉再開のテコとしたい日朝平壌宣言も空文化が一段と明確となり、実効性を失いつつある。

 政府は早期に核をめぐる協議に加わりたい考えだが、今後も当面は、米朝中3国の対話が基本となる見込みで、参加の展望は描けていない。

  【高安厚至】


ニュース見出し