北朝鮮の核 米の強気、背景に中国 (朝日新聞2003年6月11日)

北朝鮮の核兵器開発をめぐり日米韓など関係国による一連の首脳会談が終わった。際立つのは米国の強硬な姿勢だ。米政府高官ら米側関係者へのインタビューを重ね、そうした姿勢を生み出す二つの理由が見えてきた。

 問題解決に向け中国が積極姿勢に転じたという確信。そして北朝鮮の「核兵器保有」発言に対する懐疑である。 (編集委員。佐々木芳降)

機中で江氏「非核」言及 国際公約

 米政権は昨年前半から、北朝鮮が寧辺の核施設を手入れし始めたことを察知し、挑発的な言動に出てくる可能性を読み込んでいた。 案の定、北朝鮮は昨年10月上旬、平壌を訪れたケリー国務次官補に、ウラン濃縮による核兵器計画の存在を認めた。

 ブッシュ政権は中国首脳に対し、北朝鮮の核開発断念説得に動くよう働きかけることにし、その舞台を10月25日の大統領農場(テキサス州クロフオード)での米中音脳会談に定めた。

 米政府が、中国の協力方針を確信したのは、首脳会談の直前。米政府高官によると、江沢民国家主席(当時、現中央軍事 委主席、は10月22日に専用機でシカゴ入り。テキサスに移動する機中で、 案内役として乗り込んだラント駐中国米大使らを自室に招き、大筋こんな 考えを伝えたという。

 ・北朝鮮の濃縮ウラン 核兵器開発計画は知らなかつた。 ・どんな形でも朝鮮半 における核兵器の存在を認めない。 ・北朝鮮が米国との軍事衝突を招く言動に走るなら支持しない。 ・平和的解決に向け積極的に取り組む。 江氏は北朝鮮とのかかわりも説明した。90年、 搶ャ平氏とともに中国共産党総書記として訪朝。 94年には当時の金日成主席が訪中、搦≠竝]氏と会談し、経済や軍事の援助増額を要請した。搦≠ヘ協力を約束し、改革、開放による経済発展こそ重要だと説いた。 中国指導部が北朝鮮の平和的発展をかねて望んできた、と強調するためのエピソードだ。

 25日の首脳会談後の共同記者会見で両首脳はこう語り、中国の方針は国際公約ともなった。

 国家主席「引き続き緊 密に協議し、平和的解決 のため米中ともに働こうと合意した」

 大統領「朝鮮半島の非核を守るため米中が緊密に協力するチャンスだ」

●動き表面化

 今年に入り、中国側の動きが表面化した。l月に北朝鮮が核不拡散条約(NPT)脱退を表明すると、江主席は間髪を入れず、ブッシュ大統領との電話協議で「賛成しない」と言明。2月には中国東北部から北朝鮮につながる重油供給パイブラインがとまった、 と報道された。

 3月初め、銭棋探中国副首相(当時)は金正日総書記が出張していた北朝鮮の地方都市に飛び、 多国問協議ヘの参加を直接説いた。 中国はこれまで、影響力行使を頼まれるたびに 「強引な注文は逆効果」 という決まり文句で応じた。それが方針転換したのはなぜか。

 米政府高官は「イラク戦争のようになっては困るからではないか。 それに北朝鮮が核武装 すると日本や台湾まで核武装に走る誘因になりかねない。中国にとってそれは悪夢だ」と分析 する。

 ハーバード大学の中国通、エズラ・ボーゲル教授は二つの要因を指摘する。 「中国は米国とうまくやる方向にカジ取りしている。経済発底のためにも台湾の独立を防ぐにも有効だと考えているからだ。第二に、江氏は中米関係の要に位置できれば今後の地位の維持に有利になる。ブッシュ大統領はそれを読み、北朝鮮問題での協力を事実上の条件に江氏を招待したのだと思う」

●3カ国協議

 4月下旬、北京で米朝中3国による協議が開かれ、中国代表は公式協議場で「朝鮮半島は非核であるべきだ」と言い切った。北朝鮮代表は使用済み燃料棒の「再処理完了」を口にした。  さらに北朝鮮外務省の李根・米州副局長は、協議場外でケリー米代表に言った。「わが国は核兵器を保有している。再処理能力があるので核兵器をもっと作れるし、物理的な証明や移転もできる。主権国家としその権利がある」

 米高官はその場面をこう振り返る。原稿を読んだ。金正日氏が指導した文案に違い ない。核実験や核物質輸出を思わせる、あいまいな表現は、聞く方の解釈にまかせ、あとで否定す る余地を残す意図的な交渉術だろう。場外にしたのは中国代表に直接聞かれたくないし、制止されるのを恐れたからではないか」

●最後の一線

 しかし、米政府は北朝鮮発言を額面通りには受け取っておらず、兵器級濃縮ウラン製造にはなお 数年を要すると見ている。 プルトニウム原爆は 「l、2個持つている」 (テネット米中央情報局長官の議会証言)との見解も確かにある。だが、米高官は「確度が高いのは1、2個分 の兵器級プルトニウム保有。完成品は1、2個持 っているかもしれないというレベル。(北京協議を受けた情報の見直し後も)それが米情報関係者の共通認識だ」と説明する。

 プルトニウム原爆が実戦段階かどうかは、起爆実験の成否にかかる。日本政府高官によると「米情報では北朝鮮は起爆実験を何十回もやっている」という。

 筆者が事実確認を求めると、米高官は「起爆実験には成功していないとロシア人専門家は信じている」とだけ答え、こう付け加えた。 「核兵器11,2個の保有でも深刻だが、それだ けでは北朝鮮の戦略的な選択肢は限られる。 もし北朝鮮がそれを使えば直ちに反撃による壊滅を覚悟しなければならない。彼らは軍事攻撃を抑止できるように10個も20個も持ちたいのだ ろう。だから再処理施設の稼働再開はレッドライ ン(武力行使が具体的選択肢となる一線)を越えるのだ」 こうした認識と評価が、ブッシュ政権の強い姿勢の膏格をなしているのは間違いない。


ニュース見出し