朝鮮半島の非核化を支持 ARF議長声明 (朝日新聞2003年6月19日)

 プノンペンで開かれていた東南アジア諸国連合(ASEAN)地域フォーラム(ARF)は18日、北朝鮮の核開発問題について、「朝鮮半島の非核化を支持。北朝鮮に国際原子力機関(IAEA)との協力再開と、核不拡散条約(NPT)からの脱退撤回を求める」と、北朝鮮に対して強い姿勢を示す議長声明を出した。ASEANは地域の安全保障問題に積極的に関与する姿勢を鮮明にし、米国、日本が主導する北朝鮮包囲網に加わる形になった。

 またミャンマー(ビルマ)のアウン・サン・スー・チー国民民主連盟(NLD)書記長の拘束問題については、軍事政権側の「拘束は一時的なもの」とする対応を「歓迎」し、「早期解放を期待する」とした。

 ASEAN加盟国に対する国際的非難を受け、「内政不干渉」の原則から事実上、一歩踏み出した。

 北朝鮮問題で、声明は「未解決の人道上の問題」という間接的表現で、拉致問題に初めて言及した。議長国カンボジアのホー・ナムホン外相は同日の会見で、「人道上の問題」は、「(日本人)拉致問題を意味する」と述べた。

 フォーラムの主要テーマとなった核問題についての議論では、(1)非核化が必要(2)平和的に解決すべきだ(3)多国間で協議すべきだ――などの点を大多数が指摘。米国務省高官によると、パウエル米国務長官は「北朝鮮は枠組み合意をしたにもかかわらず、新しいウラン濃縮に着手した」と指摘したうえで、「米国が脅しているとの誤った主張をもとに、米国や同盟国を挑発することは許さない」と核開発放棄を北朝鮮側に迫った。

 これに対し、北朝鮮の許鍾無任所大使は「核兵器の先制攻撃の危険が大きな脅威となっている。ブッシュ大統領は北朝鮮を悪の枢軸と分類し、北朝鮮に対する攻撃を行うような発言を繰り返している」と米国を非難。そのうえで「まず米国と話し、攻撃しない保証があって、そこから多国間で実のある話ができるかもしれない」と語った。

 ARF議長声明の骨子は次の通り。

 一、朝鮮半島の非核化を支持

 一、北朝鮮は核不拡散条約(NPT)脱退撤回を

 一、対話を深め、未解決の人道上の問題の協議を

 一、ミャンマーのアウン・サン・スー・チー氏の早期解放を期待

 一、テロとの戦いで国家間の協力強化


ニュース見出し