北朝鮮が第2の核再処理施設建設か NYタイムズ報道(朝日新聞2003年7月21日)

 20日付の米紙ニューヨーク・タイムズは、北朝鮮が兵器級プルトニウムを抽出できる、使用済み核燃料の再処理施設をすでに存在が知られている寧辺(ヨンビヨン)とは別の場所に極秘に建設したことを示す「有力な証拠」を米情報当局がつかんだと報じた。ロイター通信も同紙の報道が複数の米政府当局者によって確認されたと伝えた。「第2の再処理施設」の可能性は以前から取りざたされていたが、「証拠」が報道されたのはこれが初めてだ。北朝鮮に対する経済封鎖など、実力行使を含めた包囲網強化を目指すブッシュ米政権内の強硬派が、さらに勢いづく公算が大きい。

 同紙が米国やアジアの政府当局者の話として伝えた。それによると、米情報当局が「北朝鮮との国境付近」に設置した探知装置が、再処理の着手を裏づける放射性ガス・クリプトン85を検出。このデータを解析したところ、ガスの発生源は寧辺の核開発施設ではないことが判明したという。解析結果は、北朝鮮の山間部の地下に別の再処理施設があることを強く示唆しているという。

 米情報当局は、北朝鮮が1万1000〜1万5000カ所の地下軍事施設を持っていると推計している。同国では、戦車の製造工場や司令通信基地などの重要拠点は、複数個所に分散して建設される傾向があるとしたうえで、米政府当局者は同紙に「第2の再処理施設を見つけたとしたら、さらに多くの再処理施設がある可能性がある」と語った。

 また、別の米政府高官は「深く懸念される事態だが、結論が下されたわけではない」とも指摘。この情報を米政府から報告されたアジアの政府当局者は、「難しい問題だ。所在不明の計画の放棄をどうやって検証できるだろうか」と述べたという。

 この報道について、ロイター通信はワシントンの複数の米政府当局者が認めたと報じた。

 一方、ブッシュ大統領が週末を過ごしているテキサス州で、マクレラン大統領報道官は同行記者団に対し「機密情報に関する報道については答えを控える」と述べた。日韓中などの関係諸国と「緊密な連携を続ける」と強調し、「プルトニウムを抽出する再処理は、北朝鮮が核の能力を拡大しようとしている兆候だ」との見方も示した。

 北朝鮮国連代表部の朴吉淵(パク・キルヨン)大使は8日、米国のプリチャード朝鮮半島和平協議担当特使との非公式接触で、使用済み核燃料棒8000本すべての再処理を完了し、ただちに核兵器の製造に取りかかる方針を通告した。これに対し、米政府は朴大使の発言が事実かどうか「確認できない」としている。

米政府、北朝鮮の核再処理開始に確証 NBCが報道 (朝日新聞2003年7月12日夕刊)

 米NBCテレビは11日、北朝鮮がプルトニウムを抽出するための使用済み核燃料棒の再処理をすでに始めているとの確証を、米政府が得たと報じた。再処理に伴って発生する放射性ガスのクリプトン85の痕跡が大気中から検出されたとしている。在米外交筋は米情報当局から同様の情報を得ていることを確認。国防総省当局者は「個別の情報には言及しないが、北朝鮮当局が少なくとも核燃料棒の再処理に着手しているというのが私たちの認識だ」と語った。

 クリプトンの検出は、北朝鮮が核兵器の製造につながるプルトニウム生産に踏み出したことを意味する。ただし、北朝鮮が再処理に踏み出すことは米国にとって織り込み済みともいえる。このため米国はまず、国際社会が要求している多国間協議に北朝鮮が応じるかどうかを見極め、北朝鮮が拒否すれば、今後さらに国際包囲網を強化するよう日韓など関係各国に働きかけを強めるものとみられる。

 同テレビが米政府当局者の話として伝えたところでは、今週に入って核関連施設のある北朝鮮・寧辺周辺で大気サンプルを採取、その中からクリプトンの痕跡を検出し、10日にはホワイトハウスに報告されたという。同テレビは「再処理開始を示す最初の物的証拠だ」としている。

 北朝鮮による核燃料棒の再処理をめぐっては、韓国の国家情報院が9日に国会の委員会で「寧辺の再処理施設で、ごく一部について再処理を行ったと推定している」と報告していた。

 北朝鮮は寧辺の核施設内に約8000本の使用済み核燃料を保持しているが、94年の米朝枠組み合意に基づき、すべての燃料棒はアルミ缶に密閉されたうえで貯蔵庫に保管されていた。貯蔵庫の建物は封印され、国際原子力機関(IAEA)の査察官が現地で24時間態勢の監視を続けてきた。

 しかし、昨年10月に北朝鮮が新たな核開発計画を認めたことから、朝鮮半島エネルギー開発機構(KEDO)が昨年11月に北朝鮮への重油の供給を停止。これに反発した北朝鮮が査察官の追放と封印の撤去に踏み切り、今年4月には北京での米朝中3者協議で「再処理を完了した」と宣言していた。

 約8000本の核燃料棒をすべて再処理すると、核爆弾6〜8個分のプルトニウムが抽出されるといわれている。

 米政府筋によると、北朝鮮が再処理を宣言した4月の時点では再処理を裏づける物証はなかったが、その後、米政府は監視活動を強化。大気中の微粒子を収集できる偵察機WC135Wなどによって日本海上空で、北朝鮮から流れてくる大気を採取していた。

 米軍機による偵察活動を嫌って、北朝鮮の戦闘機4機が3月、日本海上空で偵察活動中の米軍機に接近し、飛行を妨害したうえ攻撃用のレーダー照射をする事件も起きている。


ニュース見出し