北朝鮮、核問題で6カ国協議を支持 ロシアに伝達(朝日新聞2003年8月1日)

 ロシア外務省は31日、北朝鮮が核開発問題でロシアを含む6カ国による多国間協議を支持すると伝達してきた、との声明を発表した。北朝鮮の朴義春(パク・ウィチュン)駐ロ大使がフェドートフ外務次官と会談した際、本国指導部の決定としてロシア側に伝えたという。

 声明によると、「北朝鮮指導部はロシアを含む6カ国で朝鮮半島の困難な現状を協議することを支持し、その実現に向けて積極的な努力をしている」としている。ロシアは「北朝鮮の建設的な決定を歓迎」した。

 米国との2国間協議を強く求めていた北朝鮮に対し、韓国と日本も加えるべきだとする米国の主張を、中国が仲介する形で多国間協議の可能性が模索されていた。

 北朝鮮と深いつながりのあるロシアは、自国を加えた6カ国による多国間協議の開催を主張。ロシュコフ外務次官は先週、北朝鮮が米中との3カ国協議に引き続いて韓日ロ3カ国が加わる2段階方式の多国間協議に基本的に同意した、と明らかにしていた。9月前半に北京で開催されると語った。今回、北朝鮮が「支持」を表明したことで、6者協議が実現する見通しが強まったといえる。

 しかし、声明では、6カ国協議が2段階で行われるのか、韓日ロがどういう形で協議に加わるのかなど、開催の前提条件に関する詳しいことは言及されていない。 


ニュース見出し