北朝鮮の核めぐり6者協議 日本、拉致問題を提起(朝日新聞2003年8月27日)

 北朝鮮の核開発問題をめぐる初の6者協議が27日午前、北京の釣魚台国賓館で始まった。この日はまず、各国代表がそれぞれの基本的立場を述べ合っている模様だが、米朝両国の主張には依然、大きな隔たりがあり、どのようにして打開の糸口をみつけるかが焦点だ。日本は拉致問題を6者協議で提起したうえで、29日までの協議期間中に北朝鮮との2国間協議の開催も求める構えだ。

 北朝鮮の核問題をめぐる多国間協議は、北京で4月下旬に開かれた米朝中の3者協議以来。6者協議は現地時間午前9時(日本時間同10時)に始まった。各国の首席代表があいさつをしたあと、冒頭発言をする。

 最初のあいさつで議長国・中国代表の王毅(ワン・イー)外務次官は「4月の3カ国協議は(北)朝鮮核問題の平和解決プロセスを進めた。今回の6カ国協議はそれを継続、拡大する新たな開始を意味し、重要な一歩だ」と表明。さらに「北朝鮮は協議の実現にあたって重要な決断をした。米国などその他の国も積極的に努力した」と各国に謝辞を述べた。

 米国をはじめ日韓中ロも北朝鮮に核開発の放棄を求めているのに対し、北朝鮮は米国に敵視政策の放棄を要求。協議は難航する可能性があり、参加国の間では「次回協議への継続が当面の目標」との見方が強い。

 米国代表のケリー国務次官補(東アジア・太平洋担当)は冒頭発言で、「北朝鮮を侵略する意図はない」とのブッシュ大統領の言葉を繰り返すことで、「敵視政策」はとっていないとの立場を示すにとどめる見通しだ。

 北朝鮮代表の金永日(キム・ヨンイル)外務次官は、米国との(1)不可侵条約の締結(2)外交関係の樹立(3)北朝鮮と他国の経済協力を妨害しない確約――の三つの要求を取り上げるとみられる。

 日本は冒頭発言で拉致問題を提起した。薮中三十二外務省アジア大洋州局長は27日朝、「はっきりと日本の主張を言っていきたい」と報道陣に語った。北朝鮮は日朝協議の開催に応じるかどうか態度を明らかにしていないが、日本側は日程に余裕のある28日に開けるのではないかとみて北朝鮮側に働きかける。

 韓国は李秀赫(イ・スヒョク)外交通商次官補、ロシアはロシュコフ外務次官が首席代表として参加。中朝両国は3者協議に比べ、代表を格上げした。27日夜には、中国の李肇星(リー・チャオシン)外相が各国代表を招いて釣魚台国賓館で夕食会を開く。


ニュース見出し