「北朝鮮が核爆弾1〜2個保有」 CIAが報告(朝日新聞 2002年11月22日夕刊)

 朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)が核爆弾1、2個を保有しているほか、さらに数個を製造できるプルトニウムも確保している、と米中央情報局(CIA)が推定していることが21日、わかった。報告書が機密指定を解除され、米議会関係者らに配られた。「核爆弾1、2個分のプルトニウムを保有」などという従来の見方より踏み込んでいる。議会などでの対北朝鮮強硬論を高める可能性もある。

 AP通信などの報道によると、報告書は北朝鮮が「核爆弾を1個、場合によっては2個」をすでに製造していると指摘している。また、いまは国際原子力機関(IAEA)の監視下にある寧辺の核施設では、再処理すると複数個の核爆弾が製造できるだけのプルトニウムを抽出可能な使用済み燃料が貯蔵されている、としている。

 さらに、10月の米朝高官協議で北朝鮮が米国に認めたとされるウラン濃縮計画について、約2年前に始まり、現段階では年間2個以上の核爆弾が製造可能な量の高濃縮ウランを製造できるだけの設備が整っている、と推定している。

 また、94年の米朝枠組み合意が無効となれば、寧辺の核施設で黒鉛減速炉が再稼働することで年間6キロのプルトニウムの抽出が予想されるほか、別の複数の原子炉も合わせれば年間275キロのプルトニウムが抽出可能となる、との見方を示している。

 これまでは米政府高官らがCIAの調査をもとに、94年の米朝枠組み合意より前に北朝鮮は核爆弾1、2個を製造できるだけのプルトニウムを抽出、保有しているとの見方を示していた。

米、核認めた発言公表せず 北朝鮮の核疑惑不鮮明(朝日新聞 2002年11月21日)

【ワシントン自坂尻信義】朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)を10月に訪れたケリー米国務次官補は19日の記者会見で、北朝鮮が核開発を認めたとする発言の内容は「公表できない」と語った。核問題について北朝鮮側は最近、「捏造」(17日付の労働新聞)との主張を強めている。しかし米側はそうした反論には取り合わず、国際的に証拠は明示しないまま強硬姿勢を強める立場を鮮明にしている。

 「姜錫柱・第一外務次官はウラン濃縮計画を明確に認めた」

 19日、訪朝後に初めて記者会見に臨んだケリー次官補は語気を強めた。だが、「姜氏が語った具体的な言葉は?」と聞かれると、少し困ったような顔で「あるけれど、発表はしない」と答えた。

 北朝鮮のウラン濃縮計画の真相をめぐっては、あいまいな点が多い。10 月のケリー訪朝時に米側がウラン濃縮計画の存在を示す証拠をぶつけ、北朝鮮側がそれを認めたというのが当時の米国務省の声明内容だ。次官補によると、北朝鮮側は 「ウラン濃縮計画」の言葉を「8回使った」という。

 しかし、北朝鮮側の説明は食い違う。在米・北朝鮮当局者の一人は、姜発言について、「ウラン計画を進める権利がある」とした上で、「より強力な武器を持つ可能性もある」と表明したのだと主張。「平壌は、ウラン計画を認めも、否定もしない」と強調する。

 北朝鮮当局が使う複雑な言い回しについては、米CNNや英BBCなど欧米メデイアも17日に「誤報」ともみられるニュースを流した。平壌放送が流した労働新聞の論評で、「核兵器を持つ権利がある」との部分を「核兵器を持つだろう」と翻訳。「北朝鮮が核兵器の保有を認めた」と報じ、のちに修正した。

 核問題をめぐる米政府高官の言葉遣いにも、かなりの幅がある。ラムズフェルド国防長官は「複数の核兵器を保有していると理解している」。パウエル国務長官は「ウラン濃縮を実現する技術を調達しているとの情報を入手した」。

 実際に北朝鮮がどこまで核開発に手を染めているのかは米情報当局もつかみ切れていないのが真相のようだが、米政府は 94年の米朝枠組み合意に対する明確な違反だと強調。北朝鮮への重油供給は11月分を最後に凍結された。


ニュース見出し