朝鮮半島 米、非核化の文書案 「6者」での署名打診(朝日新聞2003年10月15日夕刊)

【ワシントン= 坂尻信義】北朝鮮が核問題に関連して求めている不可侵の保証について、米政府は朝鮮半島の非核化を主題とした文書に6者協議の参加国が署名する案を関係国に打診する方針を固めた。

「北朝鮮を攻撃しない」といった直接的な表現は避ける一方、加盟国への「武力行使の抑制」を明記した国連憲章や、南北朝鮮の非核化共同宣言[などからの引用を検討している。ブッシュ大統領は17日からのアジア歴訪で、関係国の首脳とこの問題について意見を交わす構え だ。

 北朝鮮が核を放棄した場合に米国は@北朝鮮を威嚇しない、攻撃しない、体制転覆を図らな い、という「三つのノー」を口頭で約束するA ただし文書での文言は 「朝鮮半島の非核化を追求する」といったものにとどめるB加盟国に対す る「武力の威嚇、行使の抑制」をうたった国連憲章のほか、核再処理施設やウラン濃縮施設を保有 しないと南北朝鮮が約束した92年発効の朝鮮半島の非核化に関する共同宣言なども引用するーとの案を米政府としてまとめた。

 今回のアジア歴訪について、ライス大統領補佐官は14日に記者会見し、昨年のメキシコ・ロスカボスAPECと同様、バンコクAPECでも北朝鮮に核の放棄を求める共同宣言が採択される可能 性を示した。


ニュース見出し