米元政府高官や核専門家ら、訪朝へ 寧辺の核施設を視察(朝日新聞2004年1月5日)

 米国の元政府高官や議会関係者、核の専門家らが6日から北朝鮮を訪れ、1年前に国際原子力機関(IAEA)査察官が追放された寧辺(ヨンビョン)の核施設に入る。米政府は「反対しないが、手も貸さない」(エアリー国務省副報道官)と静観する構えだが、核兵器開発の一端が明るみに出れば、6者協議開催に向けた調整が難航しているなか、米政府に内外からの圧力が強まるのは必至とあって、北朝鮮の揺さぶりに警戒感も漂っている。

 米朝関係筋などによると、訪朝するのは米国の核兵器開発の中核を担うロスアラモス国立研究所のヘッカー元所長をはじめとする専門家グループと、上院の外交委員会スタッフの議会グループ。

 専門家グループの対北朝鮮窓口になっているルイス名誉教授は、北朝鮮外務省の李根・米州副局長と親交がある。このグループに属する人たちは核問題の深刻化を懸念し、02年12月末に北朝鮮がIAEAの査察官を追放して以来、独自ルートを使って訪朝の道を探ってきた。

 一方、上院の委員会スタッフは2人で、ルーガー委員長(共和党)とバイデン前委員長(民主党)をそれぞれ補佐している。同委は米政府の外交政策に強い影響力を持つが、そのなかでもルーガー、バイデン両議員は筆頭格の重鎮だ。北朝鮮の核問題をめぐっては対話を重視し、ブッシュ政権の強硬路線と一線を画している。

 最近、北朝鮮政府から両グループに「一緒に受け入れるので、北京で合流を」と連絡があったという。一行は6日から10日まで北朝鮮に滞在。北朝鮮政府高官との会談も予定している。

 専門家グループに加わることになったプリチャード氏は昨年8月、特使を辞任してからブッシュ政権への批判を繰り返してきた。同氏はルーガー議員らと同様、チェイニー副大統領やラムズフェルド国防長官らの強硬路線に批判的なうえ、「より高いレベルの米朝対話が必要」(プリチャード氏)と訴える。

 今回の訪朝にあたっては「北朝鮮との付き合いが長い人たちばかりだから、ブッシュ政権の鼻をあかしてやろうという思いがあるはずだ」(外交筋)との指摘もある。たとえば北朝鮮から、無条件で6者協議に参加するとの確約を取りつけることができれば、大きな成果だ。米政府のメンツをつぶすことにもなる。これに対し、米政府は「6者協議再開の見通しを複雑にする努力は役に立たない」(同副報道官)と突き放している。

 寧辺では、北朝鮮の核兵器開発が予想を超えて進んでいることが判明する懸念があると同時に、その過激な言葉遣いとは裏腹に北朝鮮が核施設を自主的に凍結しているとの期待感もある。

 90年代後半に延べ6カ月間、寧辺に滞在した経験を持つ元国務省北朝鮮担当官のキノネス・インターナショナルセンター朝鮮半島担当部長は、北朝鮮が5メガワットの実験炉や使用済み核燃料棒の貯蔵施設を公開するとみている。しかし、約5キロ離れたところにあるとされる再処理施設への立ち入りには懐疑的だ。

 「実験炉がきちんと稼働することを証明し、8千本の燃料棒は封印を解いて運び出したことを誇示すれば、核爆弾の製造が着実に進んでいることを連想させ、危機を演出できる。再処理施設は立ち入らせずに神秘性を保つのではないか」

 ただし、寧辺の核施設は昨年8月の6者協議後に活動を休止しているともいわれる。「その場合は、2回目の6者協議を早期に実現するため北朝鮮の現実路線に応えて米国も何らかの譲歩が必要ではないか、との声が高まるだろう」とキノネス氏は指摘する。


ニュース見出し