北朝鮮核燃料棒の搬出確認、実験炉稼動も 訪朝の元米特使語る(朝日新聞2004年1月16日)

 北朝鮮・寧辺(ヨンビョン)の核施設を視察した米訪朝団のメンバーの一人、プリチャード元朝鮮半島和平協議担当特使は15日、ワシントンで講演し、使用済みの核燃料棒が貯蔵庫から搬出されていたことを確認した。5千キロワットの実験用黒鉛減速炉も実際に稼働していたことを明らかにした。02年末に国際原子力機関(IAEA)の査察官が追放されて以来、核開発活動の再開が外国人に初めて確認された。

 米訪朝団が兵器級プルトニウムの抽出につながる核燃料棒の搬出を現場で確認したことから、米政府では強硬派が北朝鮮への警戒感を強めるのは確実だ。関係諸国が早期開催を目指している6者協議の行方にも影響を与えそうだ。

 講演でプリチャード氏は、アルミ管に密封された核燃料棒を貯蔵していたプールは「空っぽだった」と語った。北朝鮮当局者は同氏に対し「継続的な再処理のため再処理施設に運んだ」と述べ、再処理作業を昨年1月に始め、6月に完了したと説明したという。

 再処理施設もプリチャード氏ら訪朝団は訪れたが、訪問時に同施設は稼働していなかったという。同氏は、北朝鮮が実際にプルトニウムを公開したかどうかには触れなかった。

 また、訪朝団に対応した北朝鮮外務省の金桂寛(キム・ゲグァン)次官は、ウラン濃縮計画の存在を明確に否定しつつ、「時間がたてば、核抑止力は質的にも量的にも増す」と警告したという。

 プリチャード氏は、ともに訪朝したロスアラモス国立研究所のヘッカー元所長が20日に米上院外交委員会の公聴会で証言するとしたうえで、「技術的な部分の詳細はヘッカー博士が議会に説明する」と語った。

 核燃料棒の搬出については昨年来、米国の偵察衛星が核施設の周辺でトラックの活発な動きを探知しており、核燃料棒は移されたとの見方が強まっていた。

 一方、再処理については北朝鮮が昨年7月、94年の「米朝枠組み合意」に基づいて密封・保管されていた核燃料棒8千本すべての再処理を完了したと米国に通告していたが、物証に乏しいことから、威嚇や陽動作戦ではないかとの見方も根強かった。


ニュース見出し