北朝鮮:プルトニウム本物の可能性 米訪朝団の専門家が証言(毎日新聞2004年1月22日)

 【ワシントン中島哲夫】北朝鮮の核施設が集中する寧辺(ニョンビョン)を今月上旬に視察した米訪朝団のうち、核専門家であるヘッカー元ロスアラモス研究所長が21日、米上院外交委員会の公聴会で証言し、北朝鮮側からプルトニウムらしいものを見せられ、本物の可能性が高いが断定はできなかったと述べた。また稼働中だった5000キロワット実験用原子炉は、燃料棒中に年間6キロのプルトニウムが蓄積され、抽出も可能だが、核兵器の製造能力があるかどうかは確認できなかったと語った。

 北朝鮮の核活動が米国の核専門家の現地調査で公に評価されるのは初めて。

 ヘッカー氏は、北朝鮮側からプルトニウムだと主張する黒っぽい金属の塊と緑色の粉末を見せられ、放射能を検出するガイガーカウンターが反応するのも見せられたが、その場でプルトニウムだと断定するには至らなかったと説明した。

 プルトニウムとされる金属の塊は、円すいを切断したような形状で上部の直径が約2.5センチ、下部の直径が約5センチ、高さ4センチ弱。北朝鮮側は03年1月から6月にかけて約8000本の使用済み燃料棒を再処理し、プルトニウムを抽出する過程で部分的に取り出したものだと説明したという。金属の塊はプルトニウム合金だと説明され、重さは約200グラム、粉末は150グラムあった。

 金属の塊と粉末は、別々のガラス瓶に入れられ、放射線を浴びずに外から扱える特殊な箱に置いてあった。ヘッカー氏は北朝鮮側に金属の比重を尋ねたり、自らガラス瓶を持ち上げたりした結果、プルトニウムらしいとの心証を得たが、機材を携行していなかったため確認はできなかった。

 また、“プルトニウム”は比較的新しく見えたものの、北朝鮮は92年に国際原子力機関(IAEA)の査察が始まる前にもプルトニウムを抽出したとされており、「新たに抽出した」との北朝鮮の主張の真偽は確認できないと述べた。

 ヘッカー氏はさらに金桂寛(キム ゲグアン)北朝鮮外務次官が核兵器用の高濃縮ウラン開発計画の存在を全面否定したことを確認。94年の米朝枠組み合意により建設が中断された5万キロワットの原子炉は、建設工事再開の動きがなく、完成は容易ではないとの見方を示した。また、8000本の使用済み燃料棒からは最大25〜30キロのプルトニウムを抽出できるとみられ、北朝鮮には抽出能力があるが、実際に何を行ったかは不透明だと結論づけた。

核兵器4〜8個分のプルトニウム貯蔵 英国研究所(毎日新聞2003年1月22日)

 【ロンドン山科武司】英国のシンクタンク「国際戦略研究所」(IISS)は21日、「北朝鮮の軍事開発計画」と題する報告書を公表し、北朝鮮が来年までに核兵器4〜8個分のプルトニウムを蓄える可能性があると指摘した。

 同研究所のチップマン所長は会見で、92年までに北朝鮮が使用済み核燃料から核兵器1、2個分のプルトニウムを回収したと推測。さらに貯蔵中の使用済み燃料から2〜5個分、昨年運転を再開したといわれる原子炉から年に1個分のプルトニウムが抽出されると考えられるため、「来年までに4〜8個分が貯蔵される可能性がある」と指摘した。

 そのうえで「もし製造施設が完成して完全に稼働した場合、最悪のケースで数年後には年に8〜13個の核兵器が製造可能」と結論付けた。

 同所長は「北朝鮮が核兵器を保有している確たる証拠はないが、ないと断言する根拠もない」と述べた。核兵器開発に必要な技術を既に持っているかどうかは「確認が困難」とした。


ニュース見出し