6者協議、北朝鮮核問題では抽象的項目盛った文案検討か、6者協議閉会へ(朝日新聞2004年2月28日夕刊)

 北朝鮮の核開発問題をめぐる6者協議は28日午前中から、共同発表文をめぐる各国の最終調整が行われた。協議の枠組みを維持することなどでは大筋の合意ができ、焦点の核問題をめぐっては、凍結・放棄と見返り供与を段階的に進めることをうたう抽象的な項目を盛った文案が検討されているとみられる。しかし、最終盤で北朝鮮が何らかの修正を要求したため、調整作業が長引いている。当初、午前11時(日本時間正午)から行われる予定だった閉会式は、午後にずれ込んだ。

 米朝を含めた各国は協議を継続して6カ国の枠組みを維持することで一致しており、実務協議を行う次席代表級の作業部会の設置では合意する方向だ。今回の協議後、早い時期に開けるよう調整している。

 しかし、共同発表文の文案をめぐるとりまとめ作業は土壇場で、停滞している。参加国関係者によると、北朝鮮が文案の文言の一部修正を求めているといい、午後0時10分(日本時間同1時10分)現在も、途中休憩を挟んだのちに各国代表による協議が続いている。

 文書は、各国の署名はせず、拘束力を持たない共同発表文の形式となるよう準備された。韓国代表団筋によると、文案には(1)朝鮮半島の非核化(2)作業部会の設置(3)「調整されたステップ」に従った北朝鮮の核開発問題の解決(4)6者協議の有用性の確認(5)次回協議の早期開催――などが盛り込まれたという。

 「調整されたステップ」は、北朝鮮が求める同時行動原則に対抗して日米韓が主張したもの。あくまで核の完全放棄が前提としつつも、「北朝鮮がすべてを終えなければ、何も与えないということではない」(米高官)として、日米韓は核の放棄・解体の進み具合に応じて「安全の保証」やエネルギー支援などを検討、実行する用意を表明している。共同発表文の文案は、少なくともそうした核放棄と見返り供与は段階的に進める考え方だけをうたった形だ。

 また、日本代表団筋によると、拉致問題については「関連する各国の諸懸案に対処する」との表現で間接的に言及することになっている。

 28日の閉会式では、議長国・中国に続き、各国があいさつする。閉会後にロシア、中国、日本、韓国は個別に記者会見を開く予定だ。

    ◇

 6者協議の共同発表文案の骨子は次の通り。

 ●作業部会の設置

 ●「調整されたステップ」に従った北朝鮮の核開発問題の解決

 ●朝鮮半島の非核化

 ●6者協議の有用性の確認

 ●次回協議の早期開催

 ●関連する各国の諸懸案に対処

6者協議、北朝鮮核放棄の対象で結論出ず 28日閉幕へ(朝日新聞2004年2月28日)

 北朝鮮の核開発問題をめぐる6者協議は27日午前、北京の釣魚台国賓館で3日目の協議を行った。北朝鮮が実施する核凍結・放棄の対象や、共同文書のとりまとめなどをめぐり調整が行われたとみられるが、同日午前の全体会合では結論は出なかったようだ。韓国代表団によると、協議は28日も続けられ、同日中に閉幕する見通しになったという。

 27日は全体会合が午前10時(日本時間同11時)すぎに始まり、同11時半にいったん終わった。正午すぎから、各国の首席代表だけが改めて協議に入ったという。関係者によると、この日は作業部会の形式や文書のとりまとめについて意見交換することになっていた。

 前日に、北朝鮮が核兵器開発計画に限って凍結・放棄する方針を表明したことから、それに反対する日米韓との間で、調整が進められているとみられる。何らかの形で打開のめどが立てば、協議の継続・定例化を前提にした実務レベルの作業部会の設置を決めるほか、合意点を盛り込んだ共同文書の作成作業に入る運びだ。

 ただ、対立点の先送りも含めて協議継続で合意する場合を想定し、6者協議の定例化もふまえた作業部会設置の準備も進んでいる。中国外務省の劉建超(リウ・チエンチャオ)副報道局長は26日夜の記者会見で「一部の問題は専門性が非常に強い。作業部会を設け、討議を続けることが必要だ」と述べた。

 議長国の中国は、今回の協議の成果として共同文書のとりまとめに強い意欲を示している。ただ、文書ができたとしても、焦点の北朝鮮の核放棄をめぐって、日米韓が求める「完全で検証可能な後戻りできない廃棄」という表現をそのまま盛り込むのは難しいとの見方も出ている。

高濃縮ウラン、北朝鮮が保有示唆 2国間協議で処分打診(朝日新聞2004年2月28日)

 北京で開かれている6者協議に出席している北朝鮮代表団が、高濃縮ウラン(HEU)をどう廃棄するかについて、一部の協議参加国に協議をもちかけ、その事実が米国にも伝わっていたことが26日、明らかになった。米政府当局者が朝日新聞に明らかにした。

 それによると、北朝鮮は北京で26日に行った、米国以外のある協議参加国との2国間協議で、突然「HEUの取り扱いについて協議したい」と持ちかけたという。高濃縮ウランを保有していることを前提に、具体的にどのような処分をしたら良いかについて、見解を求める趣旨だったという。

 こうした発言があったことはその日のうちに、米国に伝えられた。パウエル米国務長官は同日、米上院外交委員会で過去2日間の協議について「(北朝鮮側に)前向きの態度が見えた」と証言、そうした対応を評価するメッセージを送った。

 6者協議の全体会合で北朝鮮は、HEUの存在を否定する構えを崩さず、核放棄をめぐる合意づくりの最大の障害になった。米国は、北朝鮮が他国との2国間協議の場とはいえ、HEUの存在を事実上認めたことは注目すべき前進と受け止めているが、それが北朝鮮の態度の根本的な転換を意味するのかどうかは、なお今後の推移を見守りつつ慎重に判断する考えだ。

北朝鮮「柔軟性発揮し協力」と表明 第2回6者協議開会(朝日新聞2004年2月25日夕刊)

 北朝鮮の核開発問題をめぐる第2回の6者協議は、25日午前9時(日本時間同10時)から北京の釣魚台国賓館で始まった。開会式で各国代表が順次、冒頭発言を行い、北朝鮮代表は「我が政府は一貫した立場に従い、原則を堅持しながらも柔軟性を発揮して協力する点を申し上げる」と述べ、協議に前向きに臨む姿勢を示した。米国代表は、北朝鮮が高濃縮ウラン生産計画を含め核計画を完全廃棄するよう要求。日本代表は「日朝間の諸問題の速やかな解決」を訴え、間接的な表現で拉致問題解決を求めた。日本側は日朝2国間協議を同日午後にも実現することをめざし、調整を続けている。

 冒頭発言では、各国代表が2分間ずつ基本的な姿勢を表明した。まず議長国・中国の王毅(ワン・イー)外務次官が、約半年ぶりに6者協議が開かれる意義を強調。「今回の協議は核問題を解決する第1段階の措置を検討する。会談のプロセスを続ける方式を研究する」と述べた。

 北朝鮮の金桂寛(キム・ゲグァン)外務次官は「核問題の平和的解決への共通意思は、朝米の立場の差を縮め、膠着(こうちゃく)状態を打開する基礎になる」と語り、米国との交渉への意欲を見せた。

 日本代表の薮中三十二・外務省アジア大洋州局長は「日朝平壌宣言に基づき諸問題を速やかに解決し、国交正常化を図るとの考え方に何ら変更はない」と述べた。

 韓国代表の李秀赫(イ・スヒョク)外交通商次官補は「各国の目標と現実の間に違いはあるが、真剣な話し合いと包容的な態度があれば、共通点を大きくすることができる」と表明。ロシアのロシュコフ外務次官は「作業部会を設け、話し合いを続けたい。共通認識を広げ、具体的な合意を築き、次の作業へ進めるよう望んでいる」と述べ、協議の定例化を提案した。

 米国代表のケリー国務次官補は「米国が求めるのは完全で検証可能かつ後戻りできない核放棄であり、その中にはプルトニウムとウランを含む。ブッシュ大統領は、米国が北朝鮮に『安全の保証』をする用意があり、侵略したり、侵攻したりする意図はないことを明確に表明した」と述べた。

 開幕式の模様は、中国国営の中央テレビが生中継した。続いて会議は非公開となり、各国の基調演説に入った。日本は北朝鮮に核放棄の必要性を訴え、拉致問題とともにミサイル・核問題を包括的に解決するという日本の立場を強調する。

 米国も、北朝鮮が全面的な核廃棄を進める確約を求める。日本人拉致問題を含めた「人権問題」にも言及する方針だ。

 韓国は、北朝鮮が全面的な核廃棄への意思を明確にすることを条件に、関係国が3段階に分けて「安全の保証」の意思を示し、韓中ロがエネルギー支援を始めるなどの提案を行う。

 25日午後は2国間協議が予定されている。米朝協議や韓国と北朝鮮の協議などが行われる。日本の薮中代表は、北朝鮮の金代表が24日に政府間交渉の継続合意を確認したことを受け、拉致問題をめぐる日朝協議を25日午後にも行うよう北朝鮮側に働きかける。


ニュース見出し