カーン博士「北朝鮮に核装置」 米紙報道、5年前目撃(朝日新聞2004年4月14日)

 北朝鮮やリビアなどに核技術を流出させたことを認めたパキスタンのカーン博士が、5年前に北朝鮮の地下核施設で三つの核爆発装置とされるものを見せられたとパキスタン当局に供述した、と13日付の米紙ニューヨーク・タイムズが報じた。北朝鮮に対するウラン濃縮技術の供与は、80年代後半に始めたとも証言した。

 北朝鮮は昨年来、「核抑止力」「核兵器」などの表現で何度か核兵器の保有を表明。米中央情報局(CIA)も、寧辺(ヨンビョン)の黒鉛減速炉の使用済み核燃料棒から抽出したプルトニウムを使った「1、2個の核兵器」の保有を推定している。

 しかし、1月に訪朝して「プルトニウム」と称する物質を見せられた米国の元政府高官や専門家も、核兵器そのものは確認できなかった。博士の供述が事実なら、北朝鮮の核兵器を見た初めての外国人となる。

 同紙は、パキスタン政府から報告を受けた米国やアジアの政府当局者から得た情報として報じた。それによると、博士はパキスタンの捜査当局に対し、方角は不明だが、平壌から約1時間の地下核施設で核爆発装置を見たと話した。ただ、冶金(やきん)学者の博士に本物の核兵器かどうかを確認するための時間や知識、手段があったかどうかについて、米情報当局者は慎重な見方をしている。

 また、ウラン濃縮計画について博士は遠心分離器の設計図、いくつかの遠心分離器、本格的なウラン濃縮計画に必要な関連品目リストを提供したという。一方、ブッシュ米政権はウラン濃縮計画の存在も、生産段階に達しているかどうかも確認できていない、と同紙は指摘している。


ニュース見出し