北朝鮮の核開発問題6者協議「核凍結、具体化急ぐ」 議長声明まとめ閉会(朝日新聞2004年6月26日)

  

 北朝鮮の核開発問題をめぐる第3回6者協議は26日午前、核凍結を朝鮮半島の非核化へ向けた「第1段階」と位置づけた議長声明をまとめて、閉会した。声明には、次回協議を9月末までに北京で開くことで原則合意し、それまでに実務レベルの作業部会で、凍結の範囲や期間、検証(査察)方法、その見返りの措置を早期に具体化することなどが盛り込まれた。また今回の協議を「建設的、実際的かつ実質的な議論」と評価した一方で、各国間に相違が残ったことも認めた。

 声明では、6カ国が朝鮮半島の非核化という目標を改めて確認し、核凍結を意味する「第1段階の措置」を早期に行う必要性を強調した。また、平和解決へ向けて「言葉対言葉」と「行動対行動」という段階的プロセスをとることが必要▽6カ国すべてが提案を行ったことを歓迎▽早期に作業部会を開いて「第1段階の措置」の範囲、期間、検証、見返りを意味する対応措置を定める――などが盛り込まれた。

 米政府筋によると、次回の作業部会は7月と8月にそれぞれ開かれる見通し。今回協議で、作業部会の進め方や役割などを記した「概念文書」が採択された。米朝両国を含む各国が示した提案について、具体的に議論を進めることになった。

 ただ、提案内容については依然対立点も多く、議長声明でも「6者の間で相違が残っている」と記された。議長を務めた中国の王毅(ワン・イー)外務次官は閉会後の記者会見で、「核問題は複雑で、少なくない意見の対立があり、討論の中で新たな困難も生じた」と認めた。

 6カ国の合意点を各国政府が正式に承認する共同声明にすることは、米国が反対し、見送られた。米政府内で合意をとりつける時間がなかったためとみられる。このため前回協議と同様に、議長が自らの責任でまとめる議長声明とすることになった。

    ◇

 〈6者協議・議長声明の骨子〉

 ・各国は建設的、実務的、実質的な議論を行った。各国は朝鮮半島の非核化という目標に向けたコミットメントを再確認し、その目標に向けた第1段階の措置を可能な限り早急にとる必要性を強調した。

 ・各国は「言葉対言葉」「行動対行動」という段階的プロセスの必要性を強調した。

 ・各国は04年9月までに第4回協議を北京で開くことで原則的に合意。

 ・作業部会を出来るだけ早く開き、非核化の第1段階の措置の範囲、期間、検証、第1段階の対応措置を定め、適当な場合には第4回協議に提言する。


ニュース見出し