北朝鮮へ核開発計画廃棄求める 中ロ首脳会談(朝日新聞 2002年12月3日)

ロシアのプーチン大統領は2日、北京の人民大会堂で江沢民・中国国家主席と会談し、共同宣言に署名した。両首脳は宣言の中で朝鮮半島の非核化を掲げ、友好関係にある朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)に対して核開発計画の廃棄を求める姿勢を鮮明にした。

また、イラク問題では「国連安保理決議にもとづく政治・外交的解決」を主張し、単独攻撃も辞さないとする米国の姿勢に警鐘を鳴らした。  会談は同日午前、約3時間にわたって行われた。来年春に予定される中国指導部の交代を前に、国際問題での両国の立場を確認。共同宣言で2国の「戦略的パートナーシップ」をうたった。

 朝鮮半島情勢をめぐって「北東アジアの安保にとって大量破壊兵器不拡散が重要」と指摘、そのために「米朝関係の正常化」に向けての対話を両国に促す姿勢を示した。  朝鮮半島の非核化について両首脳は10月の米中首脳会談、先月22日の米ロ首脳会談で表明した。今回は共同宣言の形で明確化。一方で米朝枠組み合意の維持を求めた。

 また、南北朝鮮と日朝対話の進展を「近年における緊張緩和の動き」として評価。中ロは南北両国との友好関係を発展させるとした。  宣言は両国が抱える分離独立問題にもふれた。中国はロシアのチェチェン問題をテロとの戦いとして支持を確認。一方のロシアは台湾とチベットを中国の不可分の領土と認めて「台湾とは公式な関係、接触を持たない」と誓った。


ニュース見出し