北朝鮮が原子炉停止、核再処理可能に 米当局「確認」(朝日新聞2005年4月18日)

 北朝鮮が寧辺(ヨンビョン)の核施設にある5000キロワットの原子炉の稼働を停止し、使用済み核燃料棒を取り出せる状態にしていたことが15日、わかった。北朝鮮は米朝枠組み合意で停止した原子炉を約2年前に再稼働。凍結していた使用済み核燃料棒8000本の再処理の完了や核兵器の保有を宣言した。新たな使用済み核燃料棒を再処理すれば、北朝鮮の保有するプルトニウムは倍増する。米政府はヒル国務次官補を近く日韓中3カ国に派遣し、対策を協議する方針だ。

 米政府当局者を含めた複数の関係者が明らかにした。米政府は偵察衛星で寧辺の核施設や周辺の動きを上空から監視しているが、画像のほか原子炉施設のコンクリート壁の温度やボイラーの水蒸気の発生状況などから、原子炉の稼働が4月に入って停止したことが確認されたという。

 6者協議の当事国を刺激するのは必至だ。米国は暗礁に乗り上げている6者協議の「ほかの選択肢」(ライス国務長官)として、国連安全保障理事会での制裁論議を検討。中国は難色を示しているが、今回の動きで安保理への付託に向けた動きが加速する可能性もある。

 国務省は、韓国大使から12日に着任したばかりのヒル次官補を4月下旬に日韓中に派遣する方向で調整に入っている。原子炉の停止という「ショッキングなニュース」(米政府当局者)を受け、関係各国と対応策を練る構えだ。

 北朝鮮はウラン濃縮計画の発覚で核問題が深刻化した02年12月、寧辺の核施設から国際原子力機関(IAEA)査察官を追放。翌年2月には94年の米朝枠組み合意に基づいて凍結していた原子炉を再稼働させた。原子炉は約8000本の核燃料棒を収容でき、大半の使用済み核燃料棒はプルトニウムが抽出できる状態になっているとの見方が有力だ。

 すでに北朝鮮は、米朝枠組み合意前に保有していた使用済み核燃料棒8000本を貯蔵施設から運び出して再処理したと高官らが明言し、今年2月には外務省声明で核兵器の保有も正式に宣言した。使用済み核燃料棒8000本を再処理すると、核兵器5個前後に相当するプルトニウムが抽出できるとされるが、実際に核兵器を保有しているかどうかは確認されていない。

 4月上旬に訪朝した米国人専門家、ハリソン国際政策センター・アジア計画部長によると、北朝鮮側は米国側が金正日体制の転覆を目指さないと約束すれば、原子炉内の使用済み核燃料棒を含めた「核」を凍結するが、米国が応じなければ4月下旬に原子炉から使用済み核燃料棒を取り出し、再処理する可能性を示唆したという。

 米政府筋は「この事態に直面することを恐れていた。原子炉が稼働中は使用済み核燃料棒を取り出してプルトニウムを抽出する心配がないという一種の安心感があった。2年前の原子炉の再稼働より、さらに深刻な事態だ」と話した。


ニュース見出し