「北朝鮮に核弾頭化能力」 米情報局長が見解(朝日新聞2005年4月30日)

 米国防情報局(DIA)のジャコビー局長は28日、上院軍事委員会の公聴会で証言し、北朝鮮が米本土に到達可能な長距離弾道ミサイルの弾頭に核兵器を搭載する能力があるとの見方を明らかにした。また、ブッシュ大統領も同日、記者会見で「(核兵器をミサイルに搭載して運ぶ)能力があると想定するのが最善の策だ」と述べ、同局長の見解に同意した。

 北朝鮮が核兵器を「弾頭化」する能力を持つとの見方を米政府高官が明言したのは初めて。ブッシュ大統領はこの日の記者会見で、北朝鮮の核問題について引き続き6者協議での解決を目指すとしながら、今年1月の2期目就任後では初めて北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記を「暴君」と呼んだ。一連の発言は、核施設にある原子炉の稼働を停止し、使用済み核燃料棒を抜き出す構えを見せるなど挑発的な行動をとる北朝鮮に対し、米国が今後厳しい姿勢で臨むことを示唆するものだ。

 DIAは国防総省の情報部門。ジャコビー局長が、クリントン上院議員(民主党)の質問に答える形で、北朝鮮が核兵器をミサイルに搭載する能力について「彼らはそうする能力があるというのが(DIAの)評価だ」と答えた。

 また、同局長は北朝鮮の多段式の弾道ミサイルについて、2段ではアラスカとハワイ、3段では米本土の大半が射程に入ると指摘。「北朝鮮が核弾頭を搭載したミサイルを米国の領土に撃ち込む能力があるか」との質問にも「あるというのが情報部門の評価だ」と明言した。

 ブッシュ大統領は同日夜、再選後初めて臨んだプライムタイムの記者会見で「金正日は危険な人物だ」と述べ、ジャコビー局長の証言について、確証はないものの核兵器の弾頭化に成功していることを前提に対応すべきだとの考えを示した。

 さらに「だからこそミサイル防衛システムを持つことが重要だ」と述べ、北朝鮮の核やミサイルの脅威に対応するためにもミサイル防衛の実戦配備を急ぐべきだとの考えを強調した。

 ブッシュ大統領は一方で、北朝鮮に対する国連安保理での制裁論議について「6者協議のいくつかの当事国は安保理決議への拒否権を持っている」として、現時点では中国などの反対で難しいとの見方を示唆した。      


ニュース見出し