北朝鮮の核実験で「死の灰」 IAEA事務局長が懸念(朝日新聞2005年5月9日夕刊)

 国際原子力機関(IAEA)のエルバラダイ事務局長は8日、もし北朝鮮が核実験をすれば日韓両国など東アジア地域に大量の「死の灰」が降り、深刻な放射能汚染を引き起こすとの懸念を表明した。また、同国が核兵器5、6個分のプルトニウムをすでに保有し、それを兵器化する技術があるとの見方もあわせて示した。そのうえで「核実験は誰の利益にもならない」と北朝鮮に自制するよう呼びかけた。

 エルバラダイ事務局長は米CNNテレビの討論番組に出演し、北朝鮮が核実験をすれば、「実験後に何が起きるかわからない。死の灰を降らせないようにするために、北朝鮮がどれだけの核技術を持っているかもわからない」と率直に述べた。しかし、「多くの死の灰が出ることは明らかだ」と明言した。

 そのうえで、北朝鮮が実験を強行した場合は、IAEAの調査団が現地入りして環境面などへの影響を調査する用意があるとも表明した。

 また、番組の司会者が北朝鮮は「核兵器6個前後をすでに保有している」との見方があることについて尋ねたのに対し、同事務局長は「私たちの推計に近いと思う」と語った。そして、北朝鮮が「核兵器5、6個を製造できるプルトニウムを保有し、それを兵器化できる工業的基盤があったことも私たちは知っている」と述べ、米政府の情報部門と同様、IAEAも北朝鮮が一定個数の核兵器を保有していると見ていることを認めた。

 エルバラダイ事務局長は「だから私は、北朝鮮が核実験で国際社会を挑発する以外に何か得られるとは思えない」「核実験はパンドラの箱を開けるようなものだ。その結果、何が起きるかわからない」などと述べ、北朝鮮に「無謀な行動」を控えるよう訴えた。

北朝鮮「核燃料棒取り出し終了」 外務省報道官が表明(朝日新聞2005年5月12日)

 北朝鮮外務省報道官は11日、4月に稼働停止が確認された寧辺(ヨンビョン)の黒鉛減速炉(5000キロワット)から「8000本の使用済み核燃料棒を取り出す作業を終えた」と明らかにした。事実なら、核兵器に転用可能なプルトニウムの取り出しが可能になる。また94年の米朝枠組み合意によって凍結していた、より大規模な核施設建設を再開する方針も、改めて示した。6者協議再開などの核交渉を有利に進める狙いと見られるが、米国などから強い反発が予想される。

 朝鮮中央通信が伝えたところによると、報道官は「最近、我々の当該部門は(寧辺の)原子力発電所で8000本の使用済み燃料棒を取り出す作業を最短期間内に成功裏に終えた」と表明。さらに、米朝枠組み合意によって凍結していた5万キロワット、20万キロワットの大規模原子炉の建設再開も改めて示した。「核兵器庫を増やすのに必要な措置を引き続き講じている」として、核兵器増産の意思も強調した。

 北朝鮮は02年10月、新たに浮上したウラン濃縮問題をめぐって米国と対立。翌03年1月、核不拡散条約(NPT)からの脱退を表明し、米朝枠組み合意で凍結していた黒鉛減速炉を再稼働させた。同炉からは凍結以前に別の8000本の使用済み核燃料棒が取り出され、北朝鮮は03年10月に再処理を終了させたと表明した。

 再稼働した同炉は偵察衛星などによる米国の監視の結果、今年4月になって稼働停止が確認され、新たに8000本の使用済み燃料棒が取り出し可能な状態になっていた。核兵器への利用につなげるには、燃料棒取り出し後に数カ月間の冷却期間をおいたうえ、さらに数カ月をかけて再処理し、プルトニウムを抽出する必要がある。

 北朝鮮は2月に核兵器保有を公式に宣言。同時に「自衛的核抑止力」を増強させる方針を打ち出した。今回の表明も、原子炉稼働停止に続く危機の演出によって、米国を相手に「体制の保証」確保などを求める交渉を有利に進めようとする「瀬戸際戦術」の一環と見られる。

 核問題打開のため03年に始まった6者協議は、北朝鮮の拒否により昨年6月を最後に1年近く中断した状態。日米中韓ロは「6者協議を通じた外交的解決」を探る方針を維持しているが、最近になって、北朝鮮が近く核実験を実施するのではないか、との観測が流れており、米国などでは制裁論議を含めた強硬論が高まりつつある。

    ◇

 〈使用済み核燃料棒〉 北朝鮮の原発の燃料は天然ウランを含む長さ約50センチの棒状で、重さは1本6キロほどとされる。これを原発で燃やすと、燃料中のウラン238がプルトニウムに変わる。ストックホルム国際平和研究所などのデータでは、使用済み核燃料棒8000本(約50トン)には、約14キロのプルトニウムが含まれる。燃料棒を硝酸で溶かすなど化学処理し、プルトニウムを抽出する作業が「再処理」。燃料棒8000本を再処理するのにかかる期間は、再処理施設の規模などにもよるが、常識的には数カ月とみられる。理論上はプルトニウム8キロで原爆1個を造れるという。


ニュース見出し