北朝鮮メディア核開発巡り論調変化 「捏造」など強い表現使用(朝日新聞 2002年12月5日)


  【北京=植村隆】ラヂオプレスによると、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の核開発問題に関して同国の公式メディアは最近、「ありもしない」という表現や「捏造」などの言葉を使い始め、あいまいさから強い表現へと、論調に変化が見られるようになつた。

 先月28日の朝鮮中央放送の論評では、「米国はありもしないわが方の『核問題』を持ち出して引き続き騒動を繰り広げている」との表現が登場。

 同30日付の労働新聞論評は「わが方の『核問題』とは米帝がわが共和国を孤立させ圧殺するためにつくり出した完全な捏造品である」としている。
 

 それまでは「核兵器はもちろん、それ以上のものも持つようになっている」とする10月25日付の外務省スポークスマン談話などのように、核開発を認めるのかわからないあいまいな表現だつた。


ニュース見出し