「北朝鮮核実験、平和、安定危うくする」 安保理議長声明全文(朝日新聞 2006年10月7日夕刊)

国連安全保障理事会は6日午後(日本時間7日未明)、北朝鮮の核実験声明に「深刻な懸念」を表明し、非難する議長声明を全会一致で採択した。

 全文は次の通り。

(1)安保理は、北朝鮮が今後、核実験を行うとした06年10月3日の同国外務省声明に深刻な懸念を表明する

(2)大量破壊兵器とその運搬手段の拡散が国際の平和と安全の脅威になることを再確認する。北朝鮮の核不拡散条約(NPT)脱退宣言と、NPTと国際原子力機関(IAEA)の保障措置に基づく諸義務にもかかわらず、北朝鮮が核兵器を求めていることに遺憾の意を表明する。北朝鮮が核実験を実行すれば、(北東アジア)地域とそれを超えた平和、安定、安全を危うくするとみなす

(3)実験が国際社会の広範な非難を招き、北朝鮮の懸念の解消、とりわけ安全保障の強化につながらないと強調する。北朝鮮に対して、実験を行わないよう、また緊張を高める恐れがあるいかなる行動もとらないよう強く求める。

 不拡散問題の解決に取り組み、政治的、外交的な努力を通じた平和的で包括的な解決を促進するように求める。北朝鮮が(7月のミサイル発射後に採択された)安保理決議1695の全条項に完全に従う必要があることを強調する

(4)平和的な方法で朝鮮半島の検証可能な非核化を達成し、朝鮮半島と北東アジアの平和と安定を維持するために、6者協議を支持し、その早期再開を要請する

(5)北朝鮮に対して6者協議に無条件に即時復帰し、(北朝鮮が核計画放棄を約束した)05年9月19日の6者協議共同声明の迅速な履行、とりわけあらゆる核兵器と既存の核計画の放棄に努めることを強く求める

(6)安保理は事態を今後も監視していく。もし、北朝鮮が核実験を実施すれば、国際の平和と安全に対する明確な脅威となる。国際社会の呼びかけを無視すれば、国連憲章の下での責任に基づいて行動する


ニュース見出し