米が微量の放射能検出、詳細分析なお必要 北朝鮮核実験(朝日新聞 2006年10月14日夕刊)

 CNNテレビなどの米メディアは13日、米政府高官の話として、北朝鮮の核実験発表後に、実験があったとみられる地域周辺の上空を飛んだ米軍機が採取した大気標本から、微量の放射性物質が初めて見つかったと一斉に報じた。暫定的な結果でさらに分析が必要だとしている。日本政府と韓国政府にも、この情報が米政府から伝えられたことが14日、明らかになった。

 ニューヨーク・タイムズ紙(電子版)は、ネグロポンテ米国家情報長官が米議会あてに「北朝鮮が核実験を行った場合に考えられるのと同様の放射能が検出された」との文書を出したと伝えた。

 CNNによると、米政府高官は、放射能検出を米軍・情報機関の分析による暫定結果だとし、「これは一つの証拠だが、まだ証明とは言えない」と述べ、公式に発表するためには、より詳細な分析が必要だとの見方を示した。AP通信は、放射能が検知されたのは多数の分析試験のうちの1回だと伝えた。

 米政府はこれまで慎重に断定を避けてきたが、最終的に放射能が確認されれば、実際に核実験を試みていたことが証明されることになり、北朝鮮に対する国際的な非難に拍車がかかるのは必至とみられる。

 北朝鮮が9日に発表した核実験は、地震波から推定される爆発規模が極めて小さかった。同日付の米紙ワシントン・タイムズは、爆発規模はTNT火薬換算で約200トンと報じている。長崎に落とされた原爆と同じような、プルトニウムを材料に使った初期型の核爆弾の爆発規模は5〜20キロトンと、今回の推定値をはるかに上回る。

 このため、(1)プルトニウムを材料とした爆弾で核実験を試みたが、核分裂を連続して起こす起爆のかなめとなる技術「爆縮」がうまく行かず、いわゆる未熟核爆発に終わったため、実際に意図した破壊力が出せなかった(2)固い岩盤で囲まれた地下洞穴の中で実験したため、実際の爆発規模よりも地震波がずっと小さくしか伝わらなかった(3)大量の通常火薬を使って核実験のように偽装した、といういずれかの可能性が考えられていた。放射能検出が確認されれば、(3)の核実験偽装の可能性は否定されることになる。

 AP通信が引用した米当局者は「北朝鮮が核実験を偽装しようとしたとは思われない。『不発』に終わった試みとみられる」と語った。


ニュース見出し