北朝鮮核実験:金総書記「再核実験しない」とは言ったが…中国・唐氏の説得は失敗(毎日新聞 2006年10月24日 東京朝刊)

 ◇北朝鮮、前提条件崩さず−−受け止め方、中韓と日米に差

 【北京・西岡省二】北朝鮮の金正日(キムジョンイル)総書記が、19日に訪朝した唐家〓中国国務委員(前外相)に語った内容は、北朝鮮の従来の主張とほぼ同じで、中国訪朝団の説得は失敗したようだ。ただ、北朝鮮は米国の金融制裁解除という前提条件より、「再び核実験をしない」という文言に重点を置いて伝えることで、中国側のメンツを立てた可能性が高い。また、金総書記発言を「一定の成果」と受け止める中韓と、「状況に変化なし」とする日米で温度差が生じており、北朝鮮の外交戦術に乗せられたと指摘する声も出ている。

 複数の外交筋の話を総合すると、唐国務委員は19日に金総書記と会談した際、「これ以上情勢を悪化させず、6カ国協議に早期復帰するよう求める」などとする胡錦濤中国国家主席の口頭メッセージを伝達。唐氏は「核実験に国際社会は憂慮し、中国も国連安保理の制裁決議の履行義務がある」と表明した。

 ●「米に原因」

 これに対し、金総書記は「原因はあくまでも米国側にあり、米国が柔軟姿勢を見せない限り、我々は引き続き抑止力(核開発)を強化する」と米国に責任を転嫁した。

 さらに「米国がわが方に対する敵視政策をやめず圧力を加え続けるなら、我々も対応せざるを得ない」と再実験を連想させる発言をした。

 だが、その後で「米国が圧迫しなければ、追加の核実験をする必要は生じない」と表明し、これが「現段階では再実験の意思なし」という中国側の受け止めにつながった。

 こうした脈絡は北朝鮮独特のもので、核疑惑が発覚して以来、「核放棄」には必ず前提条件を付けている。

 ●「制裁解除を」

 さらに6カ国協議についても「協議に復帰しても良いが、協議再開直後に制裁を解除することが条件」と「前提条件」を押さえている。

 金総書記の発言について、中韓は「訪朝は無駄ではなかった」(20日・唐氏)、「金総書記が2度目の核実験はしないと言及した」(同・尹光雄(ユングァンウン)韓国国防相)と評価。発言から4日たった23日も中国の武大偉外務次官は「北朝鮮側から若干の柔軟性が示された」と強調した。

 だが、日本や米国は、ライス米国務長官が唐氏との会談直後に「特に驚くべきことはなかった」と語るなど慎重姿勢を崩していない。

 「北朝鮮は米国の対応いかんではまた核実験をやることを否定しない」(23日・谷内正太郎外務事務次官)との分析が一般的で、金総書記と唐氏の会談は事態打開に結びつきそうにはない。

 金総書記の発言について、北京の北朝鮮研究者は「北朝鮮は、それぞれの国の立場によって、どうにでも解釈できるような言い回しで関係各国を翻弄(ほんろう)している」と指摘。「これまでと同様、責任を他国になすりつけ、危機を高めて譲歩を迫っているだけだ」と分析した。

金総書記「米の譲歩前提」 再実験保留・6者会議復帰(朝日新聞 2006年10月24日)

 北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記が19日に平壌で中国の唐国務委員と会談した際の発言が、日中韓の外交関係者の話で明らかになった。金総書記は、2回目の核実験の留保、6者協議への復帰、米国との平和共存実現後の核放棄の可能性に言及したものの、それぞれに米国の譲歩を求める前提条件を付けた。中国側は前向きに受け止めたが、日米は従来と比べて変化がないと判断している。

 中国の武大偉(ウー・ターウェイ)外務次官が関係国に行った説明では、金総書記は2回目の核実験について「現時点で実施する計画はない。ただし、米国が圧力をかけ続けるなら我々としても対応せざるをえない」と語った。

 6者協議については、「協議の枠組みに反対しているわけではなく、復帰する意思もある」「金融制裁を完璧(かんぺき)に解決しなければ出ていかないという立場ではなく、制裁に関連して一定の保証が必要で、それがあれば出ていく」などと述べ、米国が制裁の解除や緩和に向けた何らかの姿勢を示せば、制裁が解除されなくても協議復帰があり得るとの考えを示唆した。ただ「金融制裁が協議復帰の最大の障害になっている。今はまだ環境が整っていない」と述べ、無条件復帰には応じない姿勢も示した。

 将来の核放棄については、「朝鮮半島の非核化は故金日成主席の遺訓であり、私の目指すところだ。我々は米国との平和共存を望んでいる。朝米両国の平和共存が実現すれば、我々に核兵器は必要なくなる」と述べた。

 金総書記は対米不信もあらわにし、「米国は昨年9月の6者協議の共同声明に賛成しながら、金融制裁を発動した。声明を順守するつもりがあるのか疑わざるを得ない」と指摘したという。

 これに対し、唐委員は「北朝鮮はいま、厳しい状況にある。国連安全保障理事会も制裁決議を採択した。国連加盟国は履行義務があり、中国も履行しなければいけない」と述べた。また訪朝に先立つ訪米の内容を説明。米国は条約上の義務に基づいて日韓の安全保障を約束する立場だ、と伝えたという。

金総書記、若干の柔軟性示す 武次官、逢沢氏に説明(朝日新聞 2006年10月24日)

 中国の武大偉(ウー・ターウェイ)外務次官は23日、訪中している逢沢一郎・衆院議院運営委員長に対し、唐家●(●は王へんに旋、タン・チアシュワン)国務委員(副首相級)と北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記との会談内容について説明した。記者会見した逢沢氏が武次官の話として紹介したところによると、金総書記から核実験に対する謝罪めいた発言はなかったが、核問題の解決に向けた「若干の柔軟性」が示されたという。これを受け、中国は6者協議の再開を目指して米国にも歩み寄りを働きかけている。

 逢沢氏によると、金総書記は唐委員に「従来の北朝鮮の立場と比較して、若干の柔軟性」を示したという。この発言を踏まえ、中国は米国にも「ある程度の柔軟性」を示すよう働きかけている。

 また、唐委員は金総書記に対し「北朝鮮は横暴にも核実験を行った。これに断固反対する」という中国の立場を直接伝えたという。金総書記からは反論も謝罪の言葉もなかったという。

 武次官による具体的な説明の中身について、逢沢氏は「機微に触れる問題」として説明を避けた。北京の外交筋などによると、金総書記は「米国の出方次第」との条件をつけて、当面は核実験をしないことを示唆しつつ、米国による事実上の金融制裁についても言及し、米国の譲歩を求めたとされる。

 しかし、ライス米国務長官は訪中した際、金融制裁問題をめぐって6者協議の枠組みで北朝鮮と話し合う用意があるとしつつ、米国側に譲歩の余地はないとの立場を強調している。

唐氏ら中国高官が訪朝 核実験阻止へ説得(朝日新聞 2006年10月19日)

 中国の外交を統括する唐家シュワン(タン・チアシュワン、「シュワン」は「王」へんに「旋」)国務委員(副首相級)ら複数の中国政府高官が18日、平壌に向けて北京を出発した。北朝鮮が再び核実験を強行するとの観測が流れる中、ライス米国務長官の訪中を20日に控えて、直接、北朝鮮の説得にあたるとみられる。ただ、金正日(キム・ジョンイル)総書記との会談が実現するかどうかは明らかでない。一方、麻生外相は18日、来日したライス長官と会談し、国連安全保障理事会で採択された対北朝鮮制裁決議の実効性を確保していくことで一致した。

   ◇

 中朝関係筋によると、訪朝団には金総書記の信頼が厚いとされる戴秉国(タイ・ピンクオ)・筆頭外務次官、6者協議の議長を務める武大偉(ウー・ターウェイ)外務次官、アジア担当の崔天凱(ツイ・ティエンカイ)・外務次官補らが参加しているとみられる。北朝鮮の核問題に携わる中国の高官がほぼ顔をそろえた異例の陣容といえる。韓国政府関係者も18日、唐委員らが平壌へ向かった情報を入手したことを認めた。ただ、中国当局は確認を避けている。韓国政府関係者はまた、ロシアの外交当局者も20日ごろに平壌を訪問する計画があると明らかにした。

 唐委員は、9日の北朝鮮の核実験発表後、胡錦涛(フー・チンタオ)国家主席の特使として米ロ両国を歴訪。両国外相と会談したほか、ブッシュ大統領やプーチン大統領とも顔を合わせ、国連安全保障理事会での対北朝鮮制裁決議や今後の6者協議のあり方などをめぐり意見を交わした。

 唐委員は米国などの意向を踏まえて、北朝鮮に対し、再度の核実験を行わず、6者協議に直ちに復帰するよう働きかけるとみられる。中国は北朝鮮の最大の支援国だが、安保理の制裁決議に賛成したことで、北朝鮮は不信感を募らせていると見られる。

 金総書記との会見が実現するのか、また、どういった発言を引き出すのかが焦点となる。韓国政府関係者は「未定」というが、「会えるという感触を得ていなければ訪朝には踏み切れない」と北京の外交筋は指摘する。北朝鮮が7月に弾道ミサイルを発射した際は、中国から回良玉副首相を代表とする代表団が訪朝したが、金総書記は姿を見せなかった。

 日韓中ロを歴訪中のライス長官は、20日に北京入りし、李肇星(リー・チャオシン)外相らと会談する予定。再実験が行われれば安保理などで追加制裁の議論が出てくるのは確実で、危機感を強める中国側としては、ライス長官の北京入りの前に、北朝鮮側から何らかの譲歩や交渉の条件などを引き出したい考えと見られる。

 一方、中国国内では中国銀行が北朝鮮への送金業務の受け付けを停止したのに続き、中国南方航空が北京―平壌便の運航を28日から見合わせる方針であることがわかった。中国の北朝鮮に対する経済政策の見直しの一環との見方もある。

 中朝間の定期航空便は、北京―平壌線と瀋陽―平壌線があり、南方航空は北京―平壌線に運航している。両線で運航している北朝鮮の高麗航空によると、同航空の運航に変化はないという。

北朝鮮核実験:唐・中国国務委員が訪朝、追加実験の自制を説得(毎日新聞 2006年10月19日 東京朝刊)

 【北京・西岡省二】中国の唐家〓国務委員(前外相)が北朝鮮に追加核実験の実施を踏みとどまるよう説得するため平壌入りしていることが18日分かった。中国外交筋が明らかにした。北朝鮮の金正日(キムジョンイル)総書記との会談が実現するかどうかは不明。核問題解決を目指す6カ国協議で議長を務める中国の武大偉外務次官も同行している。

 唐氏は先週、胡錦濤国家主席の特使として米露を訪れ、ブッシュ、プーチン両国大統領と会談した。唐氏は胡主席のメッセージとして北朝鮮に国際社会の批判を説明し、6カ国協議への早期復帰を促している。ライス米国務長官は20日に訪中の予定で、中国側は北朝鮮との協議結果を踏まえ、情勢悪化の防止策を長官と話し合うとみられる。


ニュース見出し