核施設封印「7月後半」 北朝鮮外交筋が見通し(朝日新聞 2007年6月19日)

 北京発のロシア・インタファクス通信は18日、北朝鮮外交筋の話として、寧辺(ヨンビョン)の核施設の稼働停止・封印を7月後半に実現するとの見通しを伝えた。一方、国際原子力機関(IAEA)は18日、査察責任者のハイノネン事務次長ら代表団を北朝鮮に来週派遣することを決め、北朝鮮の李済善(リ・ジェソン)原子力総局長あてに書簡を送った。

 核施設の稼働停止・封印は2月の6者協議で合意された「初期段階の措置」に盛り込まれている。北朝鮮側はこれまでもマカオの銀行バンコ・デルタ・アジア(BDA)の凍結資金受け取りを確認後、「30日以内に核施設を停止する」としていた。18日、北京経由でソウル入りしたヒル米国務次官補は、停止までに「長くても2、3週間しか必要ではない」と述べ、早期実施を促した。

 IAEA代表団は北朝鮮に数日間滞在し、停止・封印の具体的手順や検証方法を話し合う。ただインタファクス通信に北朝鮮外交筋は、IAEAの代表団を、停止に向けた最初の作業に立ち会わせた上で「完全に封印する際に再度招く計画だ」としており、本来はIAEAがすべき封印を北朝鮮が独自に行う可能性を示唆した。

 北朝鮮外交筋はまた、北朝鮮の核問題をめぐる6者協議の再開時期について「核施設の封印後が適切」とする一方で、他の参加国の求めがあれば早期再開に応ずる用意があると表明した。「(大統領選を控えた)米国が事を急いでいる」とも指摘した。

 一方、北朝鮮の金英在(キム・ヨンジェ)駐ロ大使は18日、イタル・タス通信に対して、BDAの北朝鮮資金がロシア中央銀行に届いていることを明らかにした。

IAEA、北朝鮮の書簡受け取りを確認(朝日新聞 2007年6月18日)

 IAEAの報道官は17日、IAEA実務代表団を招請するとの北朝鮮の書簡を受け取ったことを確認した。専門家チームの派遣など今後の対応は18日に決めたいとしている。代表団は査察責任者のハイノネン事務次長が率いる予定で、平壌への航空便の日程などから、北朝鮮入りは21日以降になる見通しだ。


ニュース見出し