ヒル次官補、北朝鮮訪問 核の無能力化など協議か(朝日新聞 2007年6月21日夕刊)

 外務省は21日午前、北朝鮮の核問題をめぐる6者協議の米国代表、ヒル国務次官補が同日中に北朝鮮の平壌を訪問するとライス米国務長官から連絡を受けたことを発表した。中国国営新華社通信によると、ヒル氏は21日昼、平壌に到着した。ヒル氏は22日まで滞在し、2月の6者協議で合意した「すべての既存の核施設の無能力化」や米朝国交正常化に向けた作業の進め方などを話し合う。米政府高官の北朝鮮訪問は、02年10月のケリー国務次官補(当時)以来になる。

 ヒル氏は21日午前、宿泊先の東京都内のホテルを出発し、六本木の米軍施設からヘリコプターで米軍横田基地に行き、米軍機で韓国に向かった。当初は20日に帰国予定だったが、ニューヨークでの米朝接触の結果を受けて急きょ北朝鮮に向かったと見られる。

 韓国の聯合ニュースによると、その後、韓国中部の烏山基地を午前11時20分ごろ出発した。韓国外交消息筋によるとヒル氏は訪朝後、22日に韓国に戻って韓国政府に訪朝結果を説明した後、日本に向かう。訪朝には米国務省のキム朝鮮部長らが同行した。

 ヒル氏は平壌で、寧辺の核関連施設の稼働停止・封印を盛り込んだ「初期段階の措置」の早期履行を促すとともに、「すべての既存の核施設の無能力化」などを含む「次の段階の措置」についても話し合うとみられる。一方、北朝鮮側は、米国のテロ支援国家指定リストから北朝鮮をはずすことなどを改めて求める可能性が高い。

 米朝関係正常化を強く求める北朝鮮はこれまでもヒル氏の訪朝を求めてきた。関係筋によれば、金桂寛(キム・ゲグァン)外務次官は3月に訪米した際、「連絡事務所よりも大使館の開設を希望する」と言及。ヒル氏やライス国務長官らの訪朝を求めたという。

 ブッシュ米政権は「6者協議の枠内での対話」という方針を採ってきた。核施設の停止・封印が終了しない段階での今回の訪朝は「次の段階の措置」を年内に終わらせたいとするヒル氏の強い意欲の表れとも言える。

 ただ、交渉を急いだ場合、「次の段階の措置」が北朝鮮側に求めている「無能力化」や「すべての核計画の完全な申告」が十分に実施されなくなる可能性がある。すでに韓国政府からは「対象は象徴的な施設だけで十分ではないか」(関係者)との声も出始めている。

 ライス米国務長官は21日午前、麻生外相との電話協議で、ヒル氏の訪朝について説明した。外務省幹部によると、北朝鮮・寧辺の核施設の稼働停止・封鎖などの初期措置の次の段階の進め方などを話し合うという。

 麻生氏はライス長官に(1)日朝平壌宣言にのっとって日朝関係の正常化を実現する用意がある(2)拉致問題を含む日朝関係に正面から取り組むことを期待している、との考えをヒル氏を通じて北朝鮮側に伝えるよう求めた。

 これに対し、ライス長官は「ヒル氏は間違いなく日朝関係について提起する」と応じた。北朝鮮との協議結果についてヒル氏は日本に立ち寄って説明する予定という。

 安倍首相は21日昼、ヒル氏の訪朝について「北朝鮮との交渉においては、残念ながら圧力抜きでは進みません。対話と圧力の姿勢の中において、今回のヒル国務次官補の訪朝となった。今後もこの方針を貫いていきます」と首相官邸で記者団に語った。

北朝鮮、原子炉「速やかに停止」 訪朝のヒル氏に表明(朝日新聞 2007年6月23日)

 6者協議の米首席代表、ヒル国務次官補は22日、初訪朝を終え、韓国外交通商省で記者会見した。ヒル氏によると、北朝鮮は寧辺の原子炉を速やかに停止すると表明、既存の全核施設の「無能力化」も履行の用意があると明らかにした。

 21日に訪朝したヒル氏は金桂寛(キム・ゲグァン)・外務次官と2日間で計4時間45分にわたって協議したという。

 ヒル氏によると、米朝は2月の6者協議の合意を完全に履行する意思を確認。会見に同席した韓国首席代表の千英宇(チョン・ヨンウ)氏は、7月初めに首席代表会合、その後に6者外相会議を開く構想に北朝鮮が前向きな反応を示したと述べた。

 ヒル氏は拉致問題についても「北朝鮮が対応するよう促した」と言い、23日に来日して日本政府に訪朝結果を説明する。

北朝鮮:核施設閉鎖、「無能力化」も準備 ヒル次官補会見(毎日新聞 2007年6月23日)

 【ソウル中島哲夫】21日からの北朝鮮訪問を終えた6カ国協議の米首席代表、ヒル国務次官補は22日午後、ソウルの韓国外交通商省で記者会見し、北朝鮮の金桂冠(キムゲグァン)外務次官らとの会談で、2月の6カ国協議で合意した核廃棄の手続きを履行する双方の意思を確認したと強調した。北朝鮮側は同国北西部・寧辺(ニョンビョン)の核施設を直ちに閉鎖する意思を示し、さらに「無能力化」へと進む準備もできていると表明したと述べた。

 ヒル次官補は6カ国協議の韓国首席代表である千英宇(チョンヨンウ)朝鮮半島平和交渉本部長と会談後、共同記者会見した。訪朝では金次官のほか、5月に就任した朴宜春(パクウィチュン)外相とも会談したという。

 ヒル次官補は会見で「完全な非核化という目標を達成できる」との感触を示すとともに、「多くの時間と努力が必要だという負担」も感じたと語り、北朝鮮側の反応に必ずしも楽観できない側面があったことを示唆。同日夜の米CNNテレビのインタビューでは、来週予定される国際原子力機関(IAEA)実務代表団の訪朝後、約2週間以内に寧辺核施設の稼働停止・封印が実施され得るとの見通しを示した。

 ヒル次官補は会見で、停止・封印に続く核施設の「無能力化」についても北朝鮮側と論議したものの、具体的な手順については「今後、詳細な協議が必要だ」と述べた。北朝鮮が認めていない高濃縮ウランの開発問題に関しては、話し合ったことを示唆しただけで具体的言及を避けた。

 6カ国協議の進め方については、全体協議より小規模な首席代表会合を早期に開催する案を北朝鮮側と論議し、肯定的な反応を得たと説明、6カ国外相会議開催での協力も話し合ったと述べた。これらの開催日時や場所は中国が関係国と調整して決めるという。千本部長は首席代表会合の「7月上旬」開催案に北朝鮮が肯定的だと語った。

 ヒル次官補は北朝鮮側との協議で日本人拉致問題も提起したと表明。千本部長は、6カ国協議の合意履行が進んだ場合の北朝鮮に対する重油提供に日本も参加することを「信じている」と期待を示した。ヒル次官補は23日、米国への帰路、日本に立ち寄り、訪朝結果を伝達する。

IAEA代表団、平壌に到着 寧辺も視察の意向(朝日新聞 2007年6月27日)

 国際原子力機関(IAEA)の査察責任者であるハイノネン事務次長ら代表団が26日、平壌に到着した。朝鮮中央通信が伝えた。北朝鮮は2月の6者協議で合意された核放棄に向けた措置の履行意思を表明しているが、代表団との協議が順調に進み、寧辺(ヨン・ビョン)の核施設の稼働停止・封印が早期に実現するかどうかが非核化に向けた第一歩となる。

 IAEA査察官は02年12月に追放されて以来、北朝鮮に常駐していない。代表団は今回、30日まで滞在する予定。ハイノネン氏は平壌で記者団に、北朝鮮側と「稼働停止と封印の検証のための手続きについて協議する」と語った。核関連施設が集中する寧辺も視察したい意向だ。

 一方でハイノネン氏は出発前の北京で「あくまで封印作業をするのは北朝鮮だ」とも語った。封印作業は通常、IAEA側が行うとされるだけに査察官が北朝鮮に復帰してもどこまで十分な活動が保証されるのか懸念される。米国のヒル国務次官補は「問題は(核兵器の原料となる)プルトニウムを生産する原子炉と再処理施設を閉じることだ」と述べ、この2カ所の停止・封印を最重視する考えを強調している。


ニュース見出し