北朝鮮、核停止の検証手続き合意 対象5施設の見通し(朝日新聞 2007年6月30日)

 訪朝している国際原子力機関(IAEA)の実務代表団が29日、寧辺(ヨンビョン)核施設の視察を終え、平壌で当局者と協議した。AP通信によると、ハイノネン事務次長は北朝鮮側と核施設の稼働停止の検証手続きで合意したと述べた。また、停止・封印の対象施設が5カ所になるとの見通しを示した。

 ハイノネン氏は平壌で記者団に「我々が計画したすべての場所を視察した。北朝鮮側の協力は素晴らしかった」と説明。5000キロワットの実験用黒鉛減速炉や放射化学実験施設(プルトニウム再処理施設)、建設中の5万キロワット黒鉛減速炉、核燃料棒製造施設の4カ所を訪れたことを明らかにした。これらに、泰川に建設中の20万キロワット黒鉛減速炉や使用済み燃料棒の貯蔵施設などのうちの1カ所を加えた計5施設が停止・封印の対象になるとみられる。

 6者協議関係国の間では、北朝鮮が5000キロワット原子炉と再処理施設の2カ所しか封印に応じないのではないか、との見方もあった。北朝鮮の積極的な対応で、7月中旬とみられる6者協議の再開に大きく前進したと言えそうだ。

 IAEA代表団は30日に北京に戻り、中国政府と意見交換する。7月初旬には、合意内容や予算措置などを承認するIAEA特別理事会が開かれる見通しだ。

IAEA代表団、平壌に到着 寧辺も視察の意向(朝日新聞 2007年6月27日)

 国際原子力機関(IAEA)の査察責任者であるハイノネン事務次長ら代表団が26日、平壌に到着した。朝鮮中央通信が伝えた。北朝鮮は2月の6者協議で合意された核放棄に向けた措置の履行意思を表明しているが、代表団との協議が順調に進み、寧辺(ヨン・ビョン)の核施設の稼働停止・封印が早期に実現するかどうかが非核化に向けた第一歩となる。

 IAEA査察官は02年12月に追放されて以来、北朝鮮に常駐していない。代表団は今回、30日まで滞在する予定。ハイノネン氏は平壌で記者団に、北朝鮮側と「稼働停止と封印の検証のための手続きについて協議する」と語った。核関連施設が集中する寧辺も視察したい意向だ。

 一方でハイノネン氏は出発前の北京で「あくまで封印作業をするのは北朝鮮だ」とも語った。封印作業は通常、IAEA側が行うとされるだけに査察官が北朝鮮に復帰してもどこまで十分な活動が保証されるのか懸念される。米国のヒル国務次官補は「問題は(核兵器の原料となる)プルトニウムを生産する原子炉と再処理施設を閉じることだ」と述べ、この2カ所の停止・封印を最重視する考えを強調している。


ニュース見出し