北朝鮮が核稼動を停止 「無能力化」が次の焦点(朝日新聞 2007年7月16日)

 北朝鮮外務省報道官は15日、寧辺の核施設の稼働を14日に停止したと発表した。朝鮮中央通信が伝えた。5000キロワット級黒鉛減速炉などの活動が止まるのは約4年半ぶり。18日から北京で開かれる6者協議の首席代表会合で、既存のすべての核施設を使えなくする無能力化などが盛り込まれた「次の段階の措置」に進むかどうかが焦点となる。

 外務省報道官は、稼働停止は2月の6者協議合意に盛られた重油5万トン提供の第1便が14日に到着したことを受けた措置で、「国際原子力機関(IAEA)要員に監視を認めた」と表明した。米国務省のマコーマック報道官も14日(日本時間15日未明)、北朝鮮から稼働停止の連絡を受けたと発表した。

 6者協議の米首席代表、ヒル国務次官補によると、停止は14日午後で、米朝のニューヨークチャンネルを通じて伝えられたという。

 稼働停止したのは寧辺の5000キロワット級実験用黒鉛減速炉のほか、放射化学研究所(使用済み核燃料再処理施設)、核燃料棒の加工(製造)施設、建設が中断している5万キロワット級と泰川にある20万キロワット級の両原子炉の計5カ所とみられる。これらの施設はすべて、米国のクリントン前政権が北朝鮮と結んだ94年の米朝枠組み合意でいったん凍結された。だが、強硬姿勢をとるブッシュ政権に対し、北朝鮮は02年12月、核施設の再稼働を表明し、IAEA要員を追放していた。

 5千キロワット級黒鉛減速炉は1年で核兵器1個相当のプルトニウムを製造、再処理施設は同20個分のプルトニウムを抽出する能力があるとされてきた。今回の停止により、北朝鮮がプルトニウムを新たに増産することはできなくなったが、すでに保有している兵器用プルトニウムは「50キロ程度」(ヒル氏)で、核兵器数発分とみられている。

 今後は「次の段階の措置」の実行が非核化のカギを握る。次の段階で北朝鮮は、全核施設の無能力化のほか、すべての核計画の完全な申告をすることになっている。米韓両国は「次の段階」の無能力化を年内に達成したい考え。しかし、北朝鮮が存在を否定する高濃縮ウラン(HEU)計画の処理なども絡み、今後の6者協議の行方は予断を許さない。

 また、北朝鮮が米国のテロ支援国家指定の解除を改めて要求してくることは必至で、柔軟姿勢を続けるブッシュ米政権の対応が注目される。

 北朝鮮外務省報道官は、重油の一部が入った時点で稼働停止に踏み切ったことについて「約束を早めに履行した。合意履行に対する我々の信義を示した」と強調。2月の6者協議合意について「特に米国と日本が敵対視政策を解消する実際的措置をどう講じるかにかかっている」と日米を牽制(けんせい)した。また「寧辺でのIAEAの活動は査察ではなく検証・監視に限られる」とくぎを刺した。

 14日から訪朝しているIAEAの監視・検証チームが今後、2週間ほどかけて監視カメラ設置や封印などの作業をする。監視態勢が整った後は、要員2人が交代制で現地に常駐する見込み。

北朝鮮が寧辺の核施設停止 通報を受けたと米国務省発表(朝日新聞 2007年7月16日)

 米国務省のマコーマック報道官は14日、北朝鮮から寧辺(ヨンビョン)の核施設を停止したと通報を受けたと発表した。核関連施設が集中する寧辺の5千キロワット級黒鉛減速炉などの活動が止まるのは約4年半ぶり。18日からは北京で6者協議の首席代表会合が開催される予定で、朝鮮半島の非核化に向けて既存の全核施設の無能力化などが盛り込まれた「次の段階の措置」に進むかどうかが焦点となる。

 マコーマック報道官は「この進展を歓迎し、北朝鮮に到着した国際原子力機関(IAEA)のチームによる停止の検証と監視を期待する」と述べた。

 2月の6者協議で合意した「初期段階の措置」に基づき、北朝鮮の核施設の稼働停止・封印の見返りとして韓国から提供される重油5万トンの一部が14日、北朝鮮に到着。また、IAEAの監視要員(査察官)らが同日、北京から北朝鮮入りしていた。原子炉の停止は、IAEA要員の立ち会いのもとで実施された可能性がある。

IAEA要員、北朝鮮・平壌に到着 新華社通信が伝える(朝日新聞 2007年7月15日)

 中国の国営新華社通信によると、北朝鮮の寧辺(ヨンビョン)の核施設の稼働停止・封印に対する監視・検証活動を行う国際原子力機関(IAEA)の訪朝チームが14日、平壌に到着した。北朝鮮高官は同通信に、訪朝チームが到着後すぐに寧辺に向かい、2〜3週間滞在する予定であることを明らかにした。

 関係者によると、訪朝チームは、核施設停止作業の立ち会いを求めている。稼働停止・封印の対象である5施設で監視カメラ15台を設置し、500カ所以上を封印する。監視体制が整った後は2人が交代制で現地に常駐し、活動を続ける。

寧辺原子炉「16日に稼働停止」 北朝鮮、中国に通知(朝日新聞 2007年7月14日)

 北朝鮮が寧辺で稼働中の原子炉を16日に停止すると中国政府側に伝えてきたことがわかった。北朝鮮の核問題をめぐる6者協議の関係筋が明らかにした。14日から訪朝する国際原子力機関(IAEA)の監視要員(査察官)らを現場に招き、停止作業に立ち会わせることで、非核化に向けた積極的な姿勢をみせる考えとみられる。

 IAEAの監視・検証チームのアデル・トルバ団長は13日、経由地の北京に到着し、空港で記者団に「ここ数週間の北朝鮮側の協力のおかげで、我々の任務は成功するだろう」と期待感をにじませた。

 IAEA関係者によると、トルバ団長ら10人のチームは核施設の稼働停止・封印に立ち会いたいとの要望を北朝鮮側に伝えている。

 監視要員は、10日間から2週間かけて、稼働停止・封印の対象となっている5施設で、監視カメラ設置などにあたる。監視体制が整った後は、2人が交代制で現地に常駐し活動を続ける。

 北朝鮮核施設の監視・検証にあたるIAEAの要員が北朝鮮入りするのは、02年末に追放されて以来、約4年半ぶり。


ニュース見出し