無能力化、日米に溝 履行徹底か年内優先か 6者協議(朝日新聞 2007年9月29日)

 北朝鮮の核問題をめぐる6者協議は28日、北朝鮮の核施設を使えなくする無能力化などについて話し合った。無能力化の年内履行を優先する米国や中国に対し、日本などは履行時期より中身を重視すべきだと主張。議長国の中国が合意文書の草案を示すには至らなかった。6者協議で日米の立場の違いが明確になるのは異例だ。

 日本側によると、外務省の佐々江賢一郎アジア大洋州局長は28日午前の首席代表会合で「年内かそれを越えるかにかかわらず、(無能力化などの措置を北朝鮮に求めた)2月の合意を履行していくことが重要だ」と述べた。

 米朝はジュネーブでの作業部会で、無能力化と核計画の申告を年内に行うことで合意していた。だが、無能力化や申告の範囲を限定して「核カード」を温存したい北朝鮮に対し、日本などは完全な非核化につながらなければ意味がないと主張。協議筋によると、28日の協議では、無能力化の定義をめぐり、米朝間にもかなりの隔たりがあることが露呈したという。

 ロシアのロシュコフ外務次官は協議後、記者団に「年末までに無能力化のプロセスを終わらせるのは非常に難しい」との悲観的な見方を示した。

 一方、ヒル米国務次官補は、28日の北朝鮮との二国間協議で、北朝鮮のテロ支援国家指定の解除の時期について話したことを明らかにした。

中国、合意文書草案を提示へ 6者協議(朝日新聞 2007年9月28日)

 北朝鮮の核問題をめぐる6者協議は28日午前、北京の釣魚台迎賓館で2日目の協議が始まった。北朝鮮の核施設の無能力化や核計画の申告などについて本格的な議論が行われる。議長国の中国は「年末までの取り組み」(ヒル米国務次官補)を盛り込んだ合意文書の草案を示す見通しだ。

2日目の協議を前に、報道陣の質問に答えるヒル米国務次官補=28日午前8時35分、北京市内のホテルで、代表撮影

2日目の協議を前に記者団の質問に答える外務省の佐々江アジア大洋州局長=28日午前8時40分、中国・北京市内で、代表撮影

 ヒル氏は同日朝、「専門家が訪朝した際、無能力化のいくつかの方法の実現可能性について(北朝鮮側と)合意した」と指摘。「それが適当な方法かどうか、さらに追加的な方法をとるのか6者協議で議論する」と語った。

 2日目はまず首席代表会合の形で始まった。先に訪朝した米中ロの核専門家の報告を踏まえ、無能力化の具体的な手順や核施設を使用不可能にする期間、核計画の申告の範囲などについて話し合うとみられる。

 ただ、北朝鮮は無能力化の期間をできるだけ短くし、申告する核計画も核兵器を含まない限定的なものにしたい構え。濃縮ウラン問題も残されており、今回の協議で6カ国が納得のいく合意点を見いだせるかどうかは予断を許さない。

 外務省の佐々江賢一郎アジア大洋州局長は同日朝、「完全な申告と無能力化について意味ある中身の合意」の必要性を強調。「我々が相当レベルが進化したと評価できるものでなければ困る」とクギを刺した。


ニュース見出し