北朝鮮、IAEA査察官追放を発表(朝日新聞2002年12月28日)

  朝朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)は27日、同国の寧辺(ヨンビョン)地区に常駐している国際原子力機関(IAEA)の査察官を退去させることを決定した、と発表した。また、短期間でのプルトニウム抽出につながる核燃料の再処理施設の再稼働についても「準備がただちに完了する」と表明した。査察官の退去期日には触れていないが、実行されれば、90年代前半から北朝鮮の核施設を監視していた現場査察官が追放され、緊張がさらに高まる。

 朝鮮通信(東京)が朝鮮中央通信の報道として伝えた。報道によると、北朝鮮の李済善(リ・ジェソン)原子力総局長が27日付で、IAEAのエルバラダイ事務局長あてに、査察官の退去決定についての書簡を送ったという。

 書簡はさらに、「中断した原子力発電所の建設を完成させ、(使用済み)燃料棒を安全に保管する準備の一環として、放射化学研究所(再処理施設)も稼働させる」と表明した。

 北朝鮮には、94年の米朝枠組み合意で凍結した使用済み燃料棒があり、再処理施設を稼働させればプルトニウム抽出が短期間でできるとされる。


IAEA、北朝鮮に再考求める返書 査察官追放(朝日新聞2002年12月28日)

 国際原子力機関(IAEA)は27日、査察官の退去を求める北朝鮮の書簡を受け取ったことを確認した。エルバラダイ事務局長は同日、「核危機をあおるさらなる一歩であり、核活動の監視を不可能にするものだ」と強い懸念を表明、北朝鮮に再考を求める返書を送付した。

 査察官が実際に追放されれば、北朝鮮で92年以来続いてきたIAEAの査察活動は完全な機能停止に追い込まれる。国際機関としての「中立の目」が失われ、今後は米国の偵察衛星や諜報(ちょうほう)機関による情報に頼らざるを得なくなると見られる。

 AP通信は、北朝鮮が寧辺の核施設にある黒鉛型実験炉で、原子炉付近へ移動された燃料棒は2000本に達したと報じた。

「追放」決定の要旨
 

 27日、朝鮮中央通信が伝えたIAEAの査察官退去に関する決定の主な内容は次の通り。
 

 朝鮮民主主義人民共和国政府は核施設の凍結解除に関連し、常駐のIAEAの査察官の使命が終了したために退去させることを決定した。
 李済善・原子力総局長は書簡で、核施設の凍結解除作業の終了と後続措置に関し、次のように指摘した。
 朝鮮政府は、米国が我々を「悪の枢軸」と呼び、核先制攻撃の対象にしただけでなく、重油提供の中断で朝米枠組み合意を破つた対応措置として、核施設凍結を解除し、電力生産に必要な施設の稼働と建設を即時再開させることを決定した。
 我々は原子力発電所を完成させ、燃料棒を保管する準備として、放射化学研究所(再処理施設)を稼働させることになる。その準備もただちに完了させる。
 核施設監視のために寧辺に常駐する査察官の使命は終った。枠組み合意によると、朝鮮は黒鉛減速炉と関連施設に対する凍結期間にIAEAの監視を許可し、同機関に協力するとある。査察官常駐はこの合意に反するため、朝鮮政府は査察官の退去を決定した。

 プルトニウム抽出。短ければ「Iカ月」
 

 北朝鮮が兵器用プルトニウムを新たに抽出するのにどれだけの期間がかかるのか。北朝鮮は寧辺の黒鉛型実験炉を「1ヶ月以内に再稼働させる」とIAEAに通告した。しかし、同実験炉で新たに核燃料を燃やして、プルトニウムを抽出する場合、「核兵器に必要な量を確保するまで1年はかかる」というのが、大方の専門家の見方だ。
 しかし、北朝鮮がすでに保有している使用済み核燃料を持ち出せば、筋書きは違つてくる。
 再処理の専門家によると、再処理工場でのプルドニウム抽出に必要な期間は施設の規模や性能で異なるが、「短ければ1ヶ月ほど」。

  ストックホルム国際平和研究所の推計では、北朝鮮は枠組み合意が成立した94年10月の時点ですぞに25〜40キロのプルトニウムを保有しているとされる。持ち続けていれば、技術力次第で核兵器完成までの期間が決まる。

「電力支援なら再稼働停止も」口シア通信社
 

 【モスクワ=喜田尚】平壌発のイタル・タス通信は27日、北朝鮮の外務省に近い情報筋の話として、「電力危機解決に向けた国際社会からの現実的な提案」を条件に「北朝鮮は原子炉再稼働に備えた準備を停止する用意がある」と伝えた。この情報筋は、現実的な提案の一例として(米朝枠組み合意による)一時的重油提供の再開」をあげた。
  

 情報筋は「北朝鮮は今回の危機の当初から電力問題解決と引き換えに枠組み合意に戻るとの姿勢を堅持しているが、西側は気づこうとしない」と批判した。

 北朝鮮核問題中ロ外相協議 中国の通信社報道

【北京=栗原健太郎】中国の華僑向け通信社、中国新聞社(インターネツト版)によると、中国の唐家セン外相とロシアのイワノフ外相が27日、電話で協議した。「北朝鮮の核問題などで意見を交換した」とされ、同国がIAEA査察官の退去を決めた問題についても対応を協議したとみられる。


ニュース見出し