北朝鮮核問題 米朝の口約束 結局争点 核試料採取の文書化失敗 (朝日新聞2009年1月8日)

北朝鮮の核問題を巡る6者協議は、核計画の検証手続きの文書化に失敗し、「勢い」を失つたままオバマ米次期政権に引き継がれる。検証方法で基本合意したは ずの昨年10月の米朝協議から、北朝鮮が文書化を拒んだ12月の首席代表会合までに何があったのか。 (ワシントン=鵜飼啓、ソウル=牧野愛博)

3項目了解

 話はヒル米国務次官補による10月の訪朝にさかのぼる。検証合意をまとめて北朝鮮ヘのテロ支援国家指定解除に道を開き、プルトニウム生産を食い止 めることが狙いだったが、北朝鮮は、文書化は「稼働記録などの文書提出、施設立ち入り、関係者への聞き取り」だけとかたくなだった。

 そこで浮上したのが米側が望む検証内容を口頭で約束する妥協案。@高濃縮ウラン (HEU)による核開発と核拡散活動の検証を受け入れる A申告21施設の検証を無条件で認め、双方の合意で未申告施設への立ち入りも可能B核関連物質のサンプル(試料) 採取との表現を認める、の 3項目。後に争点となる試料採取は「科学的措置」との表現で文書化するとした。

 米政府筋は「北朝鮮も当時は試料採取を認めていた」と話す。

北朝鮮硬化

 合意を受けて米政府はテロ支援国家指定を解除した。だが、口頭了解という「あいまいさ」ヘの批判が噴出。米政府は補完文書を模索し始める。

11月の米朝協議では北朝鮮の李根外務省米州局長が「試料採取で合意したとは我々としてはいえない。科学的措置の意味として試料採取を挙げるのはどうか」 と応じた。米側は手応えを感じたが、北朝鮮は、李氏の帰国前に「試料採取は認めない」とする外務省報道官談話を公表して提案を否定。北朝鮮のちぐはぐな対 応に、関係者は戸惑った。

  変化の背景には、指定解除の際に米側が内密のはずの口頭了解まで公にしたため「北朝鮮に不信が芽生えた」(協議筋)との見方がある。

 それでも合意をまとめたいヒル氏は12月4日、北朝鮮の金桂寛外務次官とシンガボールで協議。腹案は「非公開の付属文書による解決」だったが、金 氏は「平壌での合意通り進めるべきだ」の一点張り。金氏は科学的措置を「検証に必要なすべての措置」とする案も示したが、「試料採取を除くすべて」との断 りつき。米側は「完全なジョークだ」(当局者)と落胆した。

6者も不発

 同8日、北京で6者協議首席代表会合が始まった。「ヒル氏はほとんどやる気がなかった」(協議筋)が、2日目の朝、中国が配った検証方法を巡る文 書草案は踏み込んだ内容だった。@北朝鮮が認めた三つの措置を開始A非核化第2段階の完了が近づいたタイミングで国際的基準を満たす科学的措置を開始B第 3段階で未申告施設の検証などに着手C核廃棄が進んだ段階で北朝鮮は核不拡散条約(NPT)に復帰し国際原子力機関 (1AEA)の特別査察も受け入れる、とされたからだ。

 韓国政府筋は「間違いなく試料採取と理解できる文言だった」と話す。HEUによる核開発や核拡散活動、核兵器も検証の対象に入っていた。

 だが北朝鮮は興味すら示さなかった。金氏は10日、「我々の核能力が明らかになってしまう。国防、安保の面から受け入れられない」と拒んだ。

 11日、中国が出した議長声明は一転、試料採取をにおわす文言は消え北朝鮮ヘの経済・エネルギー支援完了を目指す内容に変わっていた。「中国は協 議を壊さないため北朝鮮寄りにカジを切った」(協議筋)。ヒル氏は協議終了を待たず、帰国の途についた。


ニュース見出し